2003年釣行記録

仙台湾で釣ったお魚図鑑(’99.4〜)  Click ! Click !

メバル ソイ クロダイ セイゴ イサキ
フグ トラギス ワタリガニ ハモ アイナメ
オオガイ アジ イナダ カレイ ドンコ
コチ メジナ カンパチ イシガキダイ 石鯛ちゃん
ホシガレイ 平アジ      

釣り場:沖防波堤 新北防波堤etc.

海はいいよねー

日時 12月27日(土)pm2:30〜pm5:30  (中潮)  曇り時々雪 強風
KaSさん

Euro・・?から
帰国凱旋釣行で
これだからなー



Kenichiさんは
男鹿では
不発
だったらしいが
場所 sorry! T2
イソメ、
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
2号チヌ針、 ウキ下2ヒロ、リチューム電気浮き
釣果 無し
Kenichi:35cm、KaS:38cm
メモ 久々に竿を出した。というより、今日は竿納め釣行となる。 かな・・
寒い一日の釣行となった。
20日も行っていないと仕掛け調整などで戸惑ったが、それよりも寒さで手
の感触がいつもとは違っていた。したがって海況をつかむまで時間が掛か
ってしまった。そんなとき、遠くのKaS氏の竿がおもいっきり円弧を描いて
いた。右目は羨望鏡と化した。続いてKenichi氏の竿も円弧を描き、取り
込んだ上げたタモにはしっかり尺を越している型物が取り込まれており、
Vピースサインで私を激励していた。
私にもいずれ海のお恵みがあるものと高を括っていたが、アタリは木っ端
メジナだけで、本命らしきアタリはいっこうに感じ取れなかった。
サラシの雰囲気は良いのだがなー
 横から吹き付ける風雪がしだいに激しくなり、アタリすら取れなくなった。
そんな中でもしばらく釣りをしていない
飢えた釣り師達は、今年最後の釣り
を楽しんでいた。とはいえ、夕方になると強い風が体温奪いさらに気温が
低下し末端部はジンジン凍みてきた。「おれはもいっかなーーー」なんて
思い始めてたら、KaS師が私のところへ避難してきた。あとはもう一人が
止めよっかーなんて言ったら「速速速竿たたむよーー」
なんて思っているとアタリが来るのが世の常、グンと餌を持っていったが
載らなかった。何度か攻めたがいまいち食わせられなかった。
 まあ来年に取っておこう! 今年も充分楽しませていただいた。
海の恵みに感謝して釣り場を後にした。
このHPをご覧のみなさま、いつもいろいろな情報あるいはご指摘をいただ
きありがとうございます。また
同じ海で来年も一緒に釣りを楽しみましょう!
来年も輝かしい佳き年になりますように!
同行者 Kenichi,KaS,
日時 11月7日(金)pm8:00〜pm11:00  (大潮)  曇り
久々に
ストレスの無い
釣りを
楽しんだ
SIBUさん
場所 T1  sorry!
イソメ、
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
2号チヌ針、 ウキ下2ヒロ、リチューム電気浮き
釣果 ×1枚 カイズ君4枚、
SIBU:33cm、他カイズ君6枚
メモ 野球のオリンピック予選(韓国戦)を観たかったが、昨日の台湾戦で勝ち
出場権をほぼ手中にしたので、今夜は残り少ない釣行を優先した。
はじめはまったくアタリが無く、そろそろ今年の釣りも終わりかと諦めの感
を竿に呈していたが、@@なんか遠く暗闇でSIBUさんの竿がしなってる!
(今日は満月に近いからかなり明るい)あらら?まだ居たんだーーと、再度
竿先に集中し直したが、いっこうにお魚さんの生物反応らしき物が感じられ
なかった。そんな中携帯が鳴る「35位のを釣ったよ、こっちに来る?」
「うん!行くイクー」 場所換えし、ポイントを譲ってもらったらたちまち一枚釣
れた。それからの一時間は小天国モードだった。
 
伊豆離島へ久々の遠征が決まったぞー詳しくは後ほど
同行者 Gajin,SIBU,
日時 10月31日(金)pm8:00〜pm11:30  (小潮)  晴れ  
左手で
持った
竿が
グイグイ
引き
込まれた
場所 T2  sorry!
イソメ、
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
2号チヌ針、 ウキ下2.5ヒロ、リチューム電気浮き
釣果 32×2枚 カイズ君3枚、
Gajin:2枚 SIBU:1枚?
メモ 出発が遅れ釣り場に着いたら友人がすでに釣り始めていた。空いてる釣り
座を探し仕掛けを落としたとたんアタリが コツーんときた。餌を見たらイソメ
が半分無くなっていた。2投目を投入するとすぐ前アタリを感じたので、今
度は少し餌を送り出してたら、ぐーんと乗かった感じのアタリがでた。竿先
をあげたらグイグイ竿を引き込むので、右手に持ち替え(右手が復活!)
竿を海面から120度ぐらいに構え黒様の引きを十分堪能した。
  この瞬間は小さくても嬉しい! 
その後もポツポツと釣れ、黒様と濃密な3時間を過ごすことができた。
同行者 Gajin,SIBU,Satosi,hakozaki, Hirosi,Inadaさんらが先に来ていた。
日時 10月18日(土)pm1:00〜pm6:30  (小潮)  快晴
メジナ君
ちょっと
メジナに
似てるよね
場所 T1  sorry!
イソメ、食わせオキアミハード
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
2号チヌ針、 ウキ下2.5ヒロ、リチューム電気浮き
釣果 カイズ君7枚、 メジナ君 2 残念!30には1.5cm位足りなかった
Kenichi:カイズ4枚 メジナ君
メモ JGSDFのヘリに試乗してきた。25分間、七ヶ浜、松島、仙台上空を飛んだ
興味はもちろん七ヶ浜、松島上空だった。自分が釣りしている場所を上空
から視察できるとは夢にも思っていなかったので最高の経験をさせていた
だいた。
写真参照
 ちょうど釣りの準備をしていったので(必然的かな)午後から軽い気持ち
で竿を出した。はじめは仕掛け調整にとまどったが、次第に潮に馴染みだ
しアタリが取れるようになった。しかし、針掛かりが良くなく餌ばっかり取ら
れ手返しをなんども行った。なんだかんだで、やっとの事で釣り上げたの
が30はあろうかと思うメジナだった。
      が、これは後の計測で寸足らずだった。
がっかり
でもまあーなんとか28cm位のカイズ君と遊べたので今日は良しとしよう。
同行者 Kenichi さん
日時 10月10日(金)pm8:00〜pm11:00  (大潮)  曇り
久々〜
熊さん。
この時期に
落とし込み

ゲット!

さすがでR。
場所 七ヶ浜
イソメ
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌ針、特大リチューム電気浮き、ウキ下1.5ヒロ
釣果 無し  でかメバル多数
Gajin:4枚  他   SIBU:ソイ 他、TuRu:1枚 熊:2枚(32cm)
メモ 出遅れた時間を取り戻そうと急いで釣り場へ向かったら、残念、すでに先
客が竿を出していた。仕方ないからSIBUさんらのところへ行こうかと思って
踵をかえしたが、「まあ〜挨拶でもして今夜の釣果ぐらいは聞いてから・・」
と近づいて行ったら  「あっ!と驚く〜熊ゴロウ〜?」??
  このギャグ分かるかなーわかんないだろうなー分かる人は自分と同じ歳ですなーかわいそうに・・
なんと熊さんだった。秋の荒食いで夜出没している噂は聞いてはいたが、
まさかこの時期に出会うとは思っても見なかった。すでにイワイソの落とし
込みで2枚も釣っていて、暗くなってからはメバルちゃんらと戯れていた。
私もすぐ竿を出してホッとした束の間、海外にいるKaSさんから激励メール
が入った。竿を置いて交信していたら、置き竿がググーと動き、大きめの
電気浮きがしっかり消し込んでいた。あら?もしかしたら〜と期待を込めて
竿をあげたらデカメバルだった。前打ち竿の熊さんはメバルの入れ食い
状態、が、私は黒様を・・・ん・・やはりメバルにすっかな?んー迷う
そんなとき大ちゃんが登場した。大ちゃんも早々メバルに・・それも入れ食
い。んーどうすっかなーーー離れた場所の友人に情報を聞いたら、今日は
まったくだめとのこと、
やはりメバルにすっかなー型良いからなー
 
小さい声で言うが実は釣れる感じがした。高波が打ち寄せテトラ周りが
ザワザワしていた。こんな緊張した雰囲気がたまらなかった。
同行者 Gajin、SIBU、TuRu、熊、Satosi兄、Satosiさんら思い思いの場所にいた。
大ちゃん遅れて登場
日時 10月3日(金)pm7:00〜pm11:00  (小潮)  曇り
KaSさん
海外遠征?
前に
納得の一枚
かな?
どうせ向こうで
トラウトでも
釣る
んだろうなー
場所 七ヶ浜
イソメ
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌ針、特大リチューム電気浮き、ウキ下1.5ヒロ
釣果 無し
Gajin:1枚  他   SIBU:4枚、フッコ4  KaS:30cm 1枚 他
メモ これから気合半分と言ってもいざ竿を持つと浮きに一点集中する自分がい
る。今週菖蒲田浜で40オーバーがあがったと聞くとなおさらでR。
はじめに、様子伺いで前使っていた生イキ君の残りを投入してみた。
しかし、ずーっとえびの姿がきれいに残っているので、イソメに餌換えし、今
度はメバルでも探ってみようかと思ったら、これもまた静かなり。あまり暇な
ので、電気浮きを見ながら哲学していた・・・
「我在竿在故我在」・・・・
 SIBUさんに電話したら釣れてるとのこと、我慢できず釣れてる所へ移動し
Gajinさんの隣で竿を出させていただいた。が、どうも私の竿にはまったく
あたりが無かった。こんな日もあるんだなーこれがーーーもうー!
 KaS氏の壮行釣り鯛会だったが、ご本人は型を見たので満足して出発さ
れることと思う。そんなわけでまあ今日は良しとしようかな。
ドーバー海峡あるいは北海あたりで竿を出す(
寂しいからって短竿ズーム
使いすぎないようにネー)であろうKaS氏に、
みんなー!でっかいのを釣って見せつけてやろうじゃないか!
でも寒いなー!
同行者 Kenichi、Gajin、SIBU、KaS、さん
日時 9月26日(金)pm8:00〜pm11:30  (大潮)  曇り
Hakozaki君は
黒鯛デビュー
したのだが・・


Kenichiさん
綺麗な
黒様に
満足?
場所 七ヶ浜
イソメ
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌ針、特大リチューム電気浮き、ウキ下1.5ヒロ
釣果 カイズ君2枚
Kenichi:2枚
SIBU:2枚
メモ イソメを買って夜釣りに出かけた。
でっかいの掛かりタモ入れしたが、3回タモ入れに失敗し腕はくたくたとなり
左右の腕がへばったので、友人にタモ入れしていただいた。が、まさかの
ボラだった。超ショック〜夜釣りでそれもイソメに食ってくるか〜タモがくさくな
りリリースして海水で洗ったが、その臭いはなかなか取れなかった。FU-
 先に来ていたturu さんはかなりの天国モードを味わったらしい。
それから、今回海釣りデビューしたHakozaki君はメバルと戯れていた。
なんとか今年中に黒鯛といえるものを釣ってほしいねー
同行者 Kenichi、SIBU、KaS、Satosi、Hakozaki、さん
久々にTuruさんと遭遇。
日時 9月23日(火)am8:00〜pm5:00  (中潮)  晴れ 後強風
APT
集合〜
場所 七ヶ浜
カニさん (現地調達できなかったのでKENさんにいただいた) 
予備餌に生イキ君
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌ針、3B円錐浮き、ウキした2ヒロ
釣果 無し
メモ 台風15号の影響で4mの波が押し寄せていた。
普通なら金夜釣行なのだが、さすがに高波での夜釣りは危ないので、朝ゆ
っくりでかけた。
 釣り場は濁った高波が押し寄せ、いつもの場所とはまったく違う様相を呈
していた。釣れるはずだと・・ラストチャンスを確信して始まった。
ところが、餌のカニさんがまったく姿を現していなく、餌が無くては釣りがで
きないので、恥を忍んでKENさんからカニを分けていただいた。ありがとう
 午前、雰囲気は最高に良いのだが、まったくあたり無し、午後、猛烈な向
かい風が吹きとても釣りづらくなる。カニは数時間何の反応もないと飽きる
ので、オキアミで釣ってみることにした。それで、足下に仕掛けを沈め、3人
で話をしていたら、浮きに変化があったので竿をあげたら、ググーーポンー
針はずれ、そう大きい感じはなかったが、全く釣れないときはどんな大きさ
でも黒様の顔を見たくなるのが釣り人の
哀しいサガなので
 実は今年使ったカニ針(イガイ専用針を使っていた)は、材質、形状ともに
不満な物だった。分かってはいたが昨年の暮れにたくさん買い置きしてい
たから使ってしまいたかった。針先はすぐ丸まり、根掛かりで曲がり、
何回もバラシタのはそこに原因があったのではと反省している。
安物買いはいけないね。オキアミ針で気に入ったメーカーなのだが・・
 今年の黒鯛狙いは、今日で
ギアダウンし、後はのんびりカイズ様と遊ぶつ
もりだ。                      が・・
同行者 KENさん、 駐車場で大ちゃんと遭遇
Kenichi、KaSさんが後で合流 RIN海さんも午後に遭遇
日時 9月20日(土)pm2:00〜pm8:00  (小潮)  曇り時々雨そして強風
Kenichiさん
曰く
「これよりは
大きいからね」
場所 七ヶ浜
カニさん  前夜残ったイソメ
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌ針、3B円錐浮き、ウキした2ヒロ
釣果 30cm 一枚
Kenichi:30一枚
メモ 今日はKenichiさんの道具持ちで出かけた。 ・・?・・
朝釣りしたKENさん情報の通り、今日の場所そして雰囲気は、着いてすぐ
二人で「50釣れるかもねー」と感じるくらい良かった。
 しかし、釣りを邪魔する雨風が正面から吹き付けてきて、すぐ浮きを足下
まで運んできてしまう最悪の釣り日となった。

         KENさんから前半ベガルタ負け情報入る

 沖へ遠投してポイントを通過させることを何度も繰り返していたら、浮きが
スーと沈んだので合わせを入れた、が、残念、グイグイーポンーとはずれた。
やはり釣れると気合いを入れ、その辺を何度も探っていたら、程なく、同じ
あたりあり、今度はしっかり掛け、
浮かせないように、足下まで寄せタモを
用意してる間にまたまたバラシた。40ぐらいかな
・・まあちょとだけ、ここには書けない理由があったのだが・・・
      KaSさんからベガルタ引き分けたとの情報入る! がんばれよベガルタ!
それにしても潮は時々刻々と変化してる。あれほど波があったり、濁ってい
たものが、次第に並の波に、濁りが消えてきた。暗くなってきたこともあり、
気合いも薄れたので、場所替えし、夜釣りモードへ突入(昨晩のイソメ利用)
なんとかカイズ君をゲットした。
同行者 Kenichiさん、
日時 9月19日(金)pm8:00〜pm11:00  (長潮)  曇り
ポイント開拓者

sibuさん
粘りの
一枚
場所 sorryT1
太イソメ  それにしても、店によってイソメの太さが違いすぎる
      @@@のイソメは「太いの」といっても、細いのがかなりある。
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌ針、一号リチューム電気浮き、ウキ下1.5ヒロ
釣果 30×2、メジナ君(27cm)
SIBU:30cm
メモ 台風15号の影響で雨が降りそうだったが、恒例の金夜釣行を決行した。
久々に御大SIBU師と二人だけで釣りができた。なんか懐かしい感じがした
今日はガスってなま暖かい風が吹き、汗びっしょりの釣行となった。
 私は、濃霧の中、あるいは夜光虫が出現した中での釣りは、なんか特別
な期待感があり好きだ。
 着いて早々、仕掛けを垂らし「あ!手袋するの忘れた、」と、竿を左脇腹
に抱えて、手袋を装着していたら・・ん?なんか浮きが根が掛かりしてる?
そんな感じで竿をあげたらググーの引き込みだ、こんな釣りはたまらんネー
その気になったら、今度はあたりも素っ気も何も無し、重り調整やら、タナ
の調整、なによりも、お魚さんがいる場所を見つけるのに時間が掛かった
そうこうしているうちに、だんだん沈み根の様子がわかり、仕掛けが根に絡
まなくなり、潮に浮きを任せられるようになった。   それから程なく・・
こつーんと前あたり、気合いを入れてしっかり竿にのるのを感じて釣り上
げた。  んーマ@ダム ?(^^;)  この感触がたまらんねー・・
同行者 SIBUさん
日時 9月15日(月)pm1:00〜pm6:00  (中潮)  晴れ
逃した
魚は

でっかい
場所 七ヶ浜
カニ
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌ針、3B円錐浮き、ウキした2ヒロ
釣果 無し
Kenichi:超デカ黒ソイ
メモ 今日の釣りは予定になかったが、時間ができたので出かけてみた。
波は無く潮は澄んでいて釣れる感じがしなかった。さらに風が釣りを邪魔
し、風向きがコロコロ変わり、そのせいか潮の流れもいつもとは違いいろ
んな方向に流れた。とにかく釣りづらい一日だった。
 が、しかし、上げ8分にドラマは起こった。
遠くのテトラ沈み根の先で、潮がざわついていたところを何度も流していた
あんなところで掛かっても取り込みは難しいだろうと思いながら。
しかし、それが現実に来た!
浮きは沈んだテトラ際を流れていたが、軽く沈んだと思ったら、それが左へ
入り込んだのですかさず合わせを入れたら、グイーンぐんぐんと竿にのった。
そこで入り込まれたら一気に仕掛けが根で切られるので、そこはおもいっ
きり竿で持ち上げその根をかわした。でかい!よしやったーと油断したとた
ん、その次の根で一気にプッツーン。逃した魚はでかい!
これで今年は2回目?かな?の大物ばらしだが、根で切られるのは未熟だ
と、言う人がいるが、・・・・・・・・確かにそうかもしれない。
同行者 Kenichiさん、KENさんは朝からやっていたが我々と交代した。
日時 9月13日(土)pm2:00〜pm10:00  (大潮)  曇り
たった一枚
でも
嬉しい!
場所 七ヶ浜
カニ、イソメ 
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌ針、3B円錐浮き、ウキした2ヒロ
釣果 カイズ君、デカ黒ソイ
RIN海:50年無し
大:カイズ君
メモ 台風14号が日本海にそれたので、少し波が高くなってることを期待して、
台風一過の大物釣り?に出かけた。
釣り場へ到着したらRIN海さんが来ていた。霧が立ちこめ、潮がやや濁って
雰囲気が良く、コマセを撒きたい気分になった。でも今日はカニで勝負!
3人で横一列に竿を出していたら、はじめにRIN海さんのカニが壊された。
それからまもなくして、RIN海さんの竿が強烈に引き込まれた。
なんと〜この時に年無しが顔を出した。やはり台風一過は何が起こるか分
からない!その後気合いを入れ自分も・・・とやったが、カニは一回も壊さ
れなかった。夜に何とかカイズ君、デカソイと対面できたから良しとしよう。
同行者 Kenichi、 (遅れてKaSさん夜の部参加、差し入れありがとう!)
RiN海さんが先に来ていた。
大ちゃん、Aiharaさん後から参入。
日時 9月12日(金)pm8:00〜pm10:30  (大潮)  曇り
なんとかネ?
嬉しいよ
場所 七ヶ浜
イソメ 
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌ針、3B円錐浮き、ウキした2ヒロ
釣果 36,30×2  カイズ君
メモ 36は釣れたものの、仕掛けが2回に1回は根に絡んみ、さらに、いつも使
っているライト、そして、予備ライトが電池消耗していて、もう、大変釣りづら
い夜釣りだった。はじめにカイズ君がヒットして喜んでいたら、今度はそれ
とは違う引き込み、慎重に竿でためてお魚さんを弱らせ、根をさけて取り込
んだ。この時期にこんなのが釣れるなんて嬉しい。
同行者 SIBU、Satosi
日時 9月5日(金)pm8:00〜pm11:30  (小潮)  曇り
今日も
な〜し
ネ?
場所 七ヶ浜
イソメ 
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌ針、3B円錐浮き、ウキした2ヒロ
釣果 無し、  他メバル、フッコ 
メモ イソメでかるーく攻めようと思い出かけた。まあメバルでもいいやーぐらい思
って・・駐車場に着くと見慣れた車、むむーRIN海さんのだ!電話を入れた
らすでに一枚釣って、さらに一枚ばらしたとのこと、軽〜い気持ちが本気モ
ードへ突入!
しかしすでに時遅し、メバルフッコに遊んでいただいた。遅れてやってきた
大ちゃんが大声で大物ばらしを演じた。どれほどの大物かは自分がかけ
たのでないから何ともいえないが、この時期その感じを味わうだけでも
うらやまし! ひとり・・またひとり・・電話で「先帰〜る」連絡。
 予定のシンデレラタイムが近づいたので残ったRIN海さん、大さんに声を掛
け退散した。
また明日〜??
同行者 Kenichi、SIBU、KaS、Satosi、Hakozaki(ルアーマン初登場)
RIN海さんと遭遇、さらに遅れて大ちゃん登場! 
日時 8月29日(金)pm0:00〜pm6:30  (大潮)  晴れ
さーて
落ちの
黒様とは
遭遇できるかな
場所 七ヶ浜
磯ガニ 
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号貝専用チヌ針、3B円錐浮き、ウキした2ヒロ
釣果 無し 
メモ 夏の最後の釣り、と、かなり気合いを入れ出かけた。
しかし、最大干潮のためか?、ゴミがなかなか離れず、しばらくカニ取りで
時間を楽しんだ。というより、カニさんと鬼ごっこで、近づいては隠れ、遠ざ
かっては出てき、なかなか簡単には採取できなかった。3匹でスタート!
 先週のクライマックスを思い浮かべ、じーっと我慢の釣りをしていた。カニ
は、釣れる!と確信を持たないとなかなか待てないものでR。
 とは言えあまりに暇な時間が過ぎるので、ちょうどカニさんが食事を終え
て甲羅干しに出てきていたので、今度は落ち着いてしっかり餌を確保して
置いた。潮も上げに入りこれから勝負!       なんか遠くから・・
 釣り人が近づいて来た・・・・よーく見るとそれはRIN海さんだった。
休みは同じ、考える事は同じなんだとあらためてAPT度の高さを確信した
釣りの方はというと、今回は全くあたりなし、カニさんにも一回も歯形が残
されていなかった。それにしても、あとから来て隣で釣りをしていたおじさん
が、オキアミだけで釣れたのには驚いた。コマセを使わなくても釣れるもの
ですなーーいったい何なんだろう? そして、黒様はお腹パンパンだった。
 RIN海さんとの情報交換は今後の釣りに役立ったのは収穫だった。
次に狙うは白っぽいテトラですね。
gufu−あと2回分のコマセ残ってるからなv(^0^)
同行者 RIN海さんと遭遇
日時 8月25日(月)am11:00〜pm5:30  (中潮)  晴れからだー
これぐらいの
大きさだった
もう今年は
これ以上の
大きさ
釣れるの
だろうか
場所 七ヶ浜
磯ガニ 10匹ぐらい使った
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号貝専用チヌ針、3B円錐浮き、ウキした2ヒロ
釣果 32cm一枚  
メモ 遅い夏休みを取ったので、カニさんを使っての黒狙いの2回目に挑戦した
4:00ゴロまではまったく浮きに変化がなく、帰ることばかり考えながら
カニを付けた浮きを漂わせていた。ら、浮きが静かに水面下に入り込んで
いった。聞き合わせを入れたところ、 ゴツーンとしたあたり、それから
ぐいぐい引き込む黒をなんとか浮かせたが、今度は左の根に向かい
プッツーン さよーならーー と反転して、その体の大きさを見せびらかして
大海原に逃げ帰った。逃した魚はでっかい!
時合なのだろうか、それから合わせ損ないでちょうどカニをくわえたところ
で竿をあげたら、黒様が「これからいただこうか!」と噛み込んだ跡がしっ
かり付いていた。胸がどきどきしながらの次の一投も、浮きがしもり・・・
今度はなんとかタモ入れまで完遂できた。が 型がいまいち。
まだまだ行けると気合いを入れて・・・しかーし、遠くで雷鳴がなっていたの
は分かっていたが、なぜこの時間に、風雲急を告げるのだろうか?
雷鳴協奏曲はあちこちではじまり、ながーい雷鳴が雲を伝わっていく。
雨もポツポツから・・逃げるように帰ってきた。残念。こんなチャンスは
滅多にないのになー
同行者 無し
日時 8月22日(金)pm7:30〜(土)am6:30  (長潮)  晴れ

今の時期
このサイズの
引きは
とても
元気印
場所 七ヶ浜
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2 
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、3B円錐浮き、3b水中浮き、ウキした3ヒロ
一号自立電気浮き リール:METAROYAL VS1500LB
釣果 36cm 
大:32  Jyunnya:36   ほかアジアジアジ  
メモ 最近は夜釣りが多くなった。それは餌取対策からなのだが、今夜はアジの
猛攻で、餌一パックがあっという間に無くなった。
 と言うことも想定して、私はカニを捕り付け餌にしたが、ほとんどあたりが
なかった。隣のkenichiさんに「やっと餌が残るようになった」と教えられ、餌
を付け替えたら、電気浮きがすーと入っていった。この時期でも36が釣れ
たのは落ちの荒食い黒様なのだろうか?とにかく嬉しい〜
 大様は私のそばに来るやいなやの第一投で、ゲット!
Jyunnya殿は、朝の眠りから覚め、オキアミ一匹だけでモーニング鯛を
見事にゲット!「アジを釣りに来たはずじゃ!?」
アジも釣りたかったなー
KaS殿〜差し入れありがとうでござる。かなり潤いましたです。
 BsTnへは気をつけていてらっしゃーい
大様:Raoありがとう!これからは釣りの必需品、夜釣りの友となります。
同行者 Kenichi、KaS、大ちゃん、Jyunnya、Aihara
日時 8月21日(木)pm4:00〜(月)pm7:00  (小潮)  晴れ
次は逃がすな
場所 七ヶ浜
磯ガニ
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号貝専用チヌ針、3B円錐浮き、ウキした2ヒロ
釣果 無しーー  
メモ カニさんを使っての黒狙いだが、前打ちとちがって、浮きフカセでのそれは
かなり退屈な時間帯がある。そんなとき浮きがすーと入り込んでも、合わせ
のタイミングが遅れてしまう。今回も、合わせを入れたときにはもう根の方へ
走られ、プッツーン 次回は気合い入れて待つことにしよう。
同行者 無し
日時 8月12日(火)pm7:00〜(月)pm11:00  (中潮)  曇り
こんなサイズ
場所 七ヶ浜
生イキ君2L、
仕掛け 竿: Dワ 飛竜クロダイ マルチレングス
リール: Rヨービ Metaroyal Chinu 808 BAISOKU
3号ミチイト、1.7号ハリス、Oナー貝専用チヌ針3号 1ヒロ
目印は
ルミコを1ヒロ半に取り付け
釣果 カイズ君
メモ 松陵APTのご両人がお盆休み前の夜釣りへ出かけたので、差し入れを
もって行ったが、私の方が早く着き、落とし込みでカイズ君を一枚釣ってしま
った。それもオキアミでだ。
ホットコーヒーとカップ麺をごちそうし帰って来たが、その後はどうだったん
だろう?
同行者 Kenichi、KaS、大ちゃん
日時 8月10日(日)pm11:00〜(月)am6:00  (中潮)  曇り
さすが〜
最近は
どんな状況でも
一枚は
ゲット!
している
Kenichiさん
場所 七ヶ浜
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2 
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、一号自立電気浮き 
リール:METAROYAL VS1500LB
釣果 無しーー  ソイ、ソイ でかメバル
Kenichi:2枚、他ソイ、アイナメ、カンパチ君
メモ 涼しい風の夜釣りだったが、私らにとって釣果あるいはいろんなことで
もとても寒すぎるくらい結果となった。期待が大きすぎた。
どうも最近は潮があたって思うように電気浮きが漂わない。
風も向かい風なため、ごみが押し寄せたりして、どうも不満が残った。
って言うか〜最近は不調? なのだーと言うより、いったい黒様はいずこへ
 
@@ところで、釣り場クリーンアップ大作戦決行中です。まず自分から。
@ごみは持ち帰る(ペットボトル、空き缶、コマセ袋がなどが浮いている)
 他の人が棄てたごみを見つけたら、先ずは自分の周りごみを持ち帰る
@コマセのまき散らし後はよーく洗い流す、
  特に臭いのきついコマセを使用している方(^^; これ冗談よ。
@ハリスなどの仕掛け類はその辺に棄てずにごみと一緒に持ち帰る
  (カモメの口や足に絡んでいるのを見かける)

@海を 釣り場を 自分たちで守って行かなくては 少しづつ気を付けて
  心がけて行きましょう。先ずは自分から。
同行者 Kenichiさん
日時 8月10日(日)am4:00〜pm1:00  (中潮)  曇り
ちょっと
以前の写真を
拝借しちゃった
コレぐらいの
大きさ
だね
KaSさん
場所 七ヶ浜
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2 
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、3B円錐浮き、3b水中浮き、ウキした3ヒロ
一号自立電気浮き リール:METAROYAL VS1500LB
釣果 カンパチ君
KEN:33cmアイナメ、カンパチ君
Kenichi:カイズ2枚、
KaS:30?一枚、他
メモ 台風10号によって海が荒れているかと思ったが、普段より少しうねりが
強い程度で、他の状況は全くいつもと変わらなかった。
って言うか、前よりも活性が上がっていなかった。
帰省中のT様が差し入れを持って駆けつけてくれた。ご馳走さまでした。
KENさんは前打ちをやりたいってことで、かなりいろんな所を歩き回ってい
た。もちろんフカセの方もやっていたが・・
KaSさんは今回落とし込みに挑戦したようだが、その感想はどうだったか
確信の持てない釣りほど退屈な釣りはないからねー
せめて一回ぐらいのアタリはあったんだろうか?
しかし、始めにフカセでゲットしてからだから、余裕で遊んだようだね。
それにしても、海が荒れたら、少しは大物が掛かっても良さそうだが、
チンチンカイズではねー期待はずれの1日だった。
台風一過の海は漂流物が多すぎる。
同行者 KEN、Kenichi、KaSさん
日時 8月2日(金)pm11:00〜(土)am6:00  (大潮)  曇り
とっても、最高に
カワイイ!!



さすが44は
貫禄だねー

竿の代償
あ、
思い出させた
かな・・・
場所 七ヶ浜
イソメ 
仕掛け 今年初の落とし込み 前打ち  
タックル
     竿: Dワ 飛竜クロダイ マルチレングス
     リール: Rヨービ Metaroyal Chinu 808 BAISOKU
3号ミチイト、1.7号ハリス、Oナー貝専用チヌ針3号 半ヒロちょっと
目印は
ルミコを1ヒロ半に取り付け
釣果 カイズ君3枚 カンパチ君
Kenichi:44、34、他カイズ君
KaS:カイズ君5枚 カンパチ君
メモ 昨夜十分に釣りを楽しんだので、今回は落とし込みでもしてみようと思い
とりあえず餌のイソメを買って置いた。(岩イソメはちょっと高価過ぎる〜)
と言うのも、夜の落とし込みは一回ぐらいしか無く、その時はカニさんを
使ったが、どうも生物反応がまったく無かったので、今回はまあメバルでも
いいやーぐらいに思ってイソメを用意した。それでも、現地でカニを調達し
ようと思ったが、あまり見つけられなかった。
 釣り初めは、竿さばき、リールの持ち方、目印の位置、オモリの打ち方
いろんな事をやっていたので、あっという間に汗だくの一時間が経過した。
いろんな事をやっているうちに、仕掛けが安定して際を探れる用になった。
落とし込みで釣っていないから、確信の無いままの釣りは先行きが不安
・・そんなことを考えていたら・・グーと乗っかるようなアタリ、一応合わせを
入れて、グイグイ引くお魚の正体を楽しみに、左腕を上げて溜めた。
暗闇でも分かる銀鱗を確認したときには、思わずガッツポーズと歓声を
あげた(そばに誰も居なかったから、まあ釣れない寂しさも有ったかな)
小さくてもとてもカワイイ!でも、私にとってはフカセで47釣ったくらいに
嬉しかった。もう最高! それも3枚も釣れたのだから、
今夜は最高!
 満足した釣りが出来たので遠く離れた友だちの所へ報告に行ったら
みんなカイズ君を釣っていた。今度は前打ちで釣ってやろうと思ったが
そう簡単には釣らせてくれなかった。
朝マズメに入りかけたらKenichiさんの竿が突然弧を描いた!
側に駆けつけたら、大きそうな引き込みをしていて、膝まで使って、その
引き込みを楽しんでいた。もう顔は笑顔笑顔笑顔、なんたって今年初の
40オーバーだから、かれも今日の私と同じくらいの感動をしてたに違い
ない! ところでタモ入れだが、私は入れてくれ〜と言われたら手伝うが
そうで無いときは、自分でタモ入れして完結するものだと思っているので
手伝わない事にしている。
 夜が明けてからは、カンパチ君が弾丸のように泳ぎ回っているのが
みえ、それが浮きをグイーンと持っていく。それを見て、私もいつもの
竿をだして、KaSさんにオキアミを数匹もらって、カンパチ君を釣ってみた
グイグイと最高の引き味を味わった。30分ぐらい続いて、また静かな海
にもどった。
同行者 Kenichi KaS、        Ryouichi 君と遭遇 彼とは久々に合う
日時 8月1日(木)pm11:00〜(金)am7:00  (大潮)  曇り
真っ暗なのに
餌見えるのかな
(@@)?
場所 七ヶ浜
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2 
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、0.5号円錐浮き、3b水中浮き、ウキした3ヒロ
一号自立電気浮き リール:METAROYAL VS1500LB
釣果 37、30 ソイ:30          X日釣行参考記録33,30
メモ 最近の夜行性ATPは、真夜中の釣りに楽しさを見いだしている。
夜の釣りは家庭サービスができるから、一挙両得?(@@)?
 で、釣り場に着いたときは干潮で、まあ上げまで粘るか〜ぐらいに考え
気楽に竿を出したら、すぐに思っても見ない黒鯛のアタリ、30のカイズ君
が元気に竿を引き込む! それからしばらくはメバルの攻撃にあいその
場を退散して、夜食休憩タ〜イム
(娘が大漁と安全を願いながら作ってくれたおにぎりを口いっぱいに食べ
ながら、右手におにぎり、左手に麦茶をもち、周りのポイントを観察する)
やはり最初のポイントが潮の感じが良かったので、そこでもう一度竿を出
した。高波が落ち着いた後のフンワリした潮に乗せて浮きを流したら、
スーと静かに沈みながら止まっている。普通に竿を上げて、お魚が餌を
くわいていることを確認して合わせを入れた。37の見事な本命君だった。
同行者 Kenichi
日時 7月18日(土)pm10:00〜(日)am6:00  (中潮)  雨風強 .  



  .    .  .
       
. ..  . 
.  .
  . ..  . .
  . 
.    . ..
場所 七ヶ浜
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2 
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、0.5号円錐浮き、3b水中浮き、ウキした3ヒロ
一号自立電気浮き リール:METAROYAL VS1500LB
釣果 カイズ君:1枚  子カンパチ君 2匹 (リリース)
Kenichi:6枚  内2枚リリース
メモ 雨風が正面から吹き付けてきてとても釣りづらかった。
しかし、適当な波が押し寄せていて、雰囲気は悪くなく、始めてしばらくは
「もしかしたら・・ビッグヒット!」を思い狙って集中した楽しい時間を過ご
した。  内なる釣る気分と外の荒天は別なのだろう・・か・・・?
 で、結果は、5m離れたKenichiさんが続けざまにカイズ君をゲットして、
側の私はポイントを教えられてもほとんど食ってこなかった。
初めは釣れなかったがkenichiさんがガン玉一個を針上に打った途端に食
って来いだした。やや誘いを掛けたのが功を奏したのだろう。この時期の
カイズ君は食い方が変?だ。私は浮きが沈むのを待ったが、一回も沈ま
なかった。そうそう、子カンパチ君が2匹釣れたが、その時は沖目で感じよ
く浮きが入り、姿を見るまでは、??久しぶりに@@デッカイかな?って
感じを抱いた。しばらく引きを味わって、左手のレバー操作を練習した。
同行者 Kenichi
日時 7月12日(土)pm9:00〜(日)am7:00  (大潮)  曇り
今日の黒様も
ご機嫌斜め!
場所 七ヶ浜
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2 
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、0.5号円錐浮き、3b水中浮き、ウキした3ヒロ
一号自立電気浮き リール:METAROYAL VS1500LB
釣果 カイズ君:3枚 2枚リリース
Kenichi:1枚
KaS:3枚 
超大物リリース?それも・3回も 残念無念至極落胆自信喪失
メモ 松陵APT図が揃うとなぜこうも過酷で楽しい釣りになるのだろう?
餌取りが多いので夜釣りと決め込み勇んで出かけたが・・
確かに餌取りが全くいなく、どうも表層をグイグイ泳ぎ回る未確認遊泳物体
が小魚を避難させている感じだ。復子か鈴木君?だろう。
 さて、餌は残るわ波は無いわで閑な時間が過ぎていく中、遠くの暗闇の
中で声がしていた。「バラシター」。 駆けつけるとKaSさんがかなり悔しが
っていた。ちょうど我々と同じ時間帯でダレて、テトラに座って浮きを
ぼやーと眺めていたら、なんとなく根に絡んだような沈み方をしたので、
竿先を上げたら、根がグイグイ動いている感じで、慌てて立とうとしたところ
で、一気に走られ、竿を立てるまで行かずそのまま、「あなたまかせよー」
状態に陥り、「ブッチーン」・・まあ油断大敵てなところですね。
閑な我々も気合いを入れ直していると、やっと頭がなくなる黒鯛特有の
餌取りが始まった。普通は浮きがしもるが、今夜の黒様は、ちょっと食い
ツキガ悪く、糸を張ってやっと食わせることが出来た。いわゆる誘い釣り!
でも小さい。一枚目はリリース。3枚目は知らないおじさんが見ているところ
で釣れたので、これも「見栄っぱりリリース」した。
 Kenichiさんも朝マズメに一枚釣れて、APT図のボーズが無くなったので
納竿となった。
 私のタックルの重さは430gぐらいだが、それをなんども手返しを繰り返
したらやはり手に負担がくるのは当然だ。左手に持って初めて分かった。
今日は大好きなテニスも完全休養した。コレからの釣りのために・・
同行者 Kenichi、KaS
日時 7月11日(金)pm4:00〜pm11:00  (中潮)  曇りのち雨
今日の黒様は
ご機嫌斜め!
場所 七ヶ浜
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2 
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、0.5号円錐浮き、3b水中浮き、ウキした3ヒロ
一号自立電気浮き リール:METAROYAL VS1500LB
釣果 36cm
KaS:33cm
メモ 人間ドック休み?で夕方出かけた。
右腕を安静にさせるためにリールを右巻きにし、ロッドを左に持った。
慣れるまで時間がかかったが、本命が掛かったときにはやはり苦労した。
左手でタモ入れしていたのを右に変えると、タモにお魚を左で誘導しなくて
はいけないので慣れない操作でてこずり、KaSさんに手伝って頂いた。
 KaSさんは、私がいい加減飽きて休憩するとき場所を変わったその
ポイントで、第一投はメバル、次に本命君をゲット!ちょうど私が後ろで見
ていたときだったので、電気浮きがスーと入るところから目撃し、竿のさば
き、取り込みの
流麗なそのお姿を、納得のまなざしで祝福した。
夜釣りの取り込みでおもしろいのは、電気浮きが黒鯛の動きに合わせて
小刻みに動いているところである。大きくなるとさらにラインが鳴るから
これもまたたまらない。 
 ということで、私の右腕について散々ご心配おかけ致しましたが、
おかげさまで左手でなんとか復活致しました。ありがとうございました。
   おっとーまだバリュームが・・
同行者 KaS
日時 7月5日(土)am4:00〜am12:00  (中潮)  曇り、風強 うねり有り
電池消耗のため
画像が暗い
しか〜し、
KEN殿の心は
晴れ晴れ〜
沖防はちょっと
だけ
好調!
場所 沖防3番
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2 
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、0.5号円錐浮き、3b水中浮き、ウキした3ヒロ
リール:
METAROYAL VS1500LB登場! Mやんありがとう!
釣果 38、36cm
KEN:41cm、まさひろ:2枚
メモ うねりが強いのでとりあえず3番にあがってポイントを選んだ。
テトラに立つと、どこでも感じが良く、久々に最高のサラシがでていて、
コマセを練る手が、竿を用意する右腕が、焦った。
KaSさんに最高のポイントを薦め? 後に・・
      
私は何カ所か浮きを投入して様子をみた。結局、一番最初に立った、KaS
さんの右側に陣取った。 しかし、どう見ても潮がこちらだけ当たって、他が
払い出していた。たまに来る高波で雰囲気が良くなる事があったので
我慢してコマセを打った。まもなく右根に浮きが絡みそうなのでそっと上げ
たら、いきなりグイグイときた。が、針はずれ(ToT)
一応自分のポイントにそれらしき物がいることが分かったので気合いの
第一投目、際を流れていた浮きが根に絡むように沈み込んだ。!!!
グイグイ引き込む元気な沖防君!
次の一枚は、大きなサラシでゆっくりした払い出しをまって、浮きを
プカプカ乗せてやったら、今度は竿3本先の沖合で浮きが消しこんだ!
黒鯛の確信を感じながら合わせを入れ!その引きを味わう最高の
場面なのだが・・???実はテニス、ロッドエルボーが悪化し、右腕だけで
は引き寄せられなかった。辛い〜今年は治らないだろうナー(T。T)
 ポイントを薦めたKaSさんは、二枚潮なのか、仕掛けのロストが続き
餌取りの来襲などさんざんな事になっていた。「ポイントは無理に薦める
べきではない」と感じた1日だった。ゴメン
 一方我が伊達藩藩主KEN様
釣り場を何度か換え、厳しいポイントでの待望のビッグヒット!
しばらくやりとりを見ていたが、取り込めなさそうなので、まさひろさんと
祝福がてら駆け寄り、波にもまれテトラに入る危機一髪っってところで
まさひろさんが殿のタモ入れを完了した。フー
 一方まさひろさん
我々は強風のため一時間早めに退散する中、粘りに粘り2枚あげたと
報告が入った。それもブッコミもどきでらしい・・
強いうねりの時は有効なのかもしれない。
同行者 KEN、KaS、まさひろさん   
高橋さんと遭遇、
昨年の伊達カップ以来なのでお会い出来て良かったです。 今度また。 
日時 6月28日(土)am4:00〜am9:00  (大潮)  雨雨雨の大荒れ
雨で黒様の
写真を
撮れなかった。
詳しくは
2003
伊達カップを!
場所 沖防
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2 
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、0.5号円錐浮き、3b水中浮き、ウキした3ヒロ
釣果 41cm
メモ 第8回 伊達カップがあった。
朝から大雨、渡船は一番は波が堤防を越えるえるようだからと中止し
参加者のほとんどを3番の船着き場におろして頂いた。残りの5名は新北
に渡船した。初めから船が出せるようなら雨が降っても大会をする事に
していたが、これほど強く降るとは思ってもいなかった。
いろんな人が思い思いの場所へ立つのを確認してから、私は空いている
所で、幾分サラシが見える所に立った。この場所は他のポイントと比べ
思いの外に潮が出はらっており、みんなは潮がアタリごみが接岸して釣り
づらいと言っていることからしたら、結構良い雰囲気の所を選んだと、秘か
に思った。予想は的中し、結構早い時期に一枚釣れた。この鯛は、際を
右に走り、右の沈みねへ行こうとしたので、思いっきり竿で引き止めた。
しばらく竿先で攻防を繰り返した後、やっと浮かせることが出来た。
雨でフードをかぶったので、視界は自分の竿先から浮きしか見えず、周り
の様子を見る事は出来なかった。雨はカッパの性能の悪い人に対しては
衣服にしみこみ、容赦なく体温を奪い取っていた。本来なら12時あがりの
予定だったが、9時に帰船する人が多かった。そんな状況でも12時まで
釣りをした人がいたのには驚いた。気合いが違っていたかな。
優勝者は47cmを釣った青森から参加の安藤さんだった。
私はかろうじて3位入賞した。26人参加して荒天の中7枚はすごいと思う!
同行者 伊達カップ参加者26名
日時 6月27日(金)am4:00〜am11:30  (大潮)  曇り
今年初の
沖防君だ!
深場の黒鯛の
引きは
おもしろい!
場所 沖防
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2 
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、3B円錐浮き、3b水中浮き、ウキした3ヒロ
釣果 38、36cm  2枚 
メモ 禁断釣行結構!
明日伊達カップなので、ホストとしてはどんなところが釣れているか下調
べのため出かけた。沖防3番にあがりいろんな所を釣り歩いた。
しかし、潮は当たってゴミが接岸しているので大変釣りづらく、3から一番
まで釣り歩いた。 結果的に、2番の新しいテトラの角で潮が払い出しており
そこに腰を落ち着けて釣ることにした。
潮が右方向へ流れているのでそのまま潮の流れに載せて際を流していた
ら、幾分さらしが出ているところで浮きが沈んでいった。根がかりかと軽く
竿先を起こしたら、いきなり引き込んだ、間違いなく黒のアタリ、深場へ
誘導して思いいきり沈ませ、強い引きを楽しんだ。
2枚目も、大波がぶつかって来た後のフワーとしたサラシの中で、浮きが
消しこみ、合わせをビシッと入れ、引き味を楽しみながら取り込んだ。
明日はこの場所を案内しようと思った。
同行者 KaSさん
日時引きは 6月22日(日)am0:00〜am8:30  (小潮) 晴れ
黒鯛の持ち方は
こうかな
綺麗に
見えるでしょう!
ちいさくても


Gのサングラス

似合うKenichi
さん
フカセ一号
おめでとさん!
場所 七ヶ浜
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2 
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、一号自立電気浮き、ウキした2ヒロ、
3B円錐浮き、3b水中浮き、ウキした3ヒロ
釣果 33一枚 
Kenichi:35 一枚 
メモ 昨日沖防で52が釣れたようだが、今日はSノ社の鱗海カップがあり、
渡船しても釣り座が少ないだろうと、昨夜の夢をもう一度!と言うことで
名目は「Kenichiさんのお供」と言うことで神さん許しを得て出かけたv(^^)
私は昨日のバラシがあったところに立った。まもなく35の本命君が釣れ
一安心、今回は横に走る前に、竿で溜めないで、強引に引き上げた
次に狙いは昨日の奴。しかし、その後まったく黒様のいる気配が無くなっ
た。そんな中今年フカセで上げていないKenichiさんの焦燥感は手に取る
ように分かった。 私らも昨夜のオールナイトフィーバーの疲れが徐々

足下に出てきた。たまに意識が
スーと抜ける時もあり、そんな時は、堤防
に上がって、5分ぐらいの仮眠を取った。朝マズメに入り二度目の仮眠を
今度はKenichiさんらの後ろで取りに行ったときだ、スーと眠りに入りかけ
の頃、意識があるか無くなる頃、前の二人の話し声が大きくなった。
「来たー!!」それで起こされ近づいたら、澄んだ底から綺麗な銀鱗が
徐々に浮かび上がって来た。もちろん今年のフカセ第一号なので
「ガッツポーズ」の取り込みとなった。おめでとうございます。
これで伊達カップへの弾みとなることでしょう!
 それにしても
子どもの脳を持った大人の悲しい性には、ご両人の
カミさんは閉口しているんじゃ無いだろうか?
うちは大丈夫なのだが・・・・・・・・・いよいよ来週は
伊達カップ!
同行者 Kenichi、、KaSさん 
日時 6月21日(土)am0:00〜am8:30  (小潮) 晴れ  蒸し暑い1日
ちょっと男前に
撮れたかな?
でもまだ鯛の
持ち方が・・
上を見よ!
場所 七ヶ浜
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2  
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、一号自立電気浮き、ウキした2ヒロ、
3B円錐浮き、3B水中浮き、ウキした3ヒロ
釣果 無し 
KaS:35,33 2枚 
メモ 台風6号が日本海に抜け温帯低気圧になり、風は幾分強いものの、空は
晴れていて何とか釣り出来るのではないかと出かけた。
風は後ろから強く吹き付け、とても釣りづらかったが、久々の夜釣りを楽し
しんだ。2人並んで竿を出したが、KaSさんの浮きは結構落ち着いて浮遊
しているのに、私のはせわしなく潮の流れにのっていた。3投目くらいで
KaSさんのオキアミの頭が取られ、その次には、リチュウム電池独特の赤
い光がスーっと沈んでいく、今年の浮きフカセ第一号が暗闇の中で引き込
む、電気浮きが小刻みに揺れる、この瞬間が夜釣りのたまらない魅力だ
これが私のに来てれば尚感激できたのに (^^;
 その一時間後にもKaSさんは釣り上げていた。
(私は仕掛けが絡まり一生懸命作り直している最中にだ)
 夜が明け、朝マズメを迎えた時、私にも待ちに待ったアタリが来た!
根すれすれを狙ってた円錐浮きがスーっと入り込んだ。ビッシッと合わせ
黒鯛の引きを確信したその時、左の根の方向へ走り、糸を出そうと思った
ときには既に根に向かって竿先が入り込んでいた・・
この取り込みをマスターしなければテトラ帯での大物は仕留められない。
その後SIBUさんはどうだったのかな?
同行者 KaSさん、SIBUさんが後から合流
日時 6月14日(土)am11:00〜pm6:30  (大潮) 晴れ 
沖防君は
まだかなー
場所 沖防
食わせオキアミ スパーハードL(わたし的には?ちょっと合わないかも)
オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2  
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、3B円錐浮き、3b水中浮き、ウキした3ヒロ
釣果 無し 
Isikawa:1枚 
メモ 上げ潮に合わせて11:00スタート。帰船した人に話を聞くと、沖は底荒れ
のうねりがきつくて釣りにならないという。でもやはり新北よりは沖防の
サラシが魅力なので、まあ何とかなるだろうと沖防一番へ渡船した。しかし
想像以上の波が押し寄せていて、いつも立つところは波で洗われていた。
しかたなく裏でしばらくやったが、やはりサラシで釣りたい思いで、突端の
横で(波が横から入ってくる所をしばらく波を観察してから)竿を出してみた。
14:30〜15:30(満潮17:44)潮と浮きが同調しだし、その時間帯は
絶対釣れるだろう、釣れないわけは無い!と確信しながら集中力を高め
た。が、黒鯛はいなかった。私の仕掛けにコンタクトしてこなかった。
 磐城から来た友だちの一人が沖防から新北へ磯替えしてなんとか一枚
あげることができた。まわりの釣り客も、小型の黒鯛がぼつぼつ揚がって
はいたがなんとなく寂しい釣果だった。
 本来なら
伊達カップ開催第一候補の日だったが、今回でなく良かった。
同行者 KENさん、 磐城軍団のKato、Isikawa、Saito さん 
日時 6月7日(土)am4:00〜12:00  (小潮) 曇り ダブルヘッター!?
  
 8日(日) pm11:30〜am8:00

先週以上に
黒様の
釣り味を
楽しめた。
場所 沖防ー七ヶ浜
生イキ君2L、 オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2  X2
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、3B円錐浮き、3b水中浮き、ウキした2ヒロ
釣果 40、36、32  
メモ 沖防ではあまり釣れていないようだが、何となく沖防へ向かった。今年の
初沖防だ! いつもの場所に渡船したが、「ohー^0^ー空いてるジャン!」
一目さんにいつものポイントに急いだ。が、しかし、海は穏やか、泡がテト
ラ際まで漂っていた。初めはそれでも何とかなるだろうと思っていたが、
明るさが増してくるようになると次第にその海の色がまた寒々として見えた
水温を測ってみると16度だった。情報ではこのところ温度が安定しないら
しく今日は低い方に入る。気温も寒いし、釣る意欲もどんどん低下していく
ゴミが押し寄せてきたので場所換えした。そこも同じようなものだ、と、
コマセを打つつもりでパッカーンの方を振り向いたら、小生が前に立ってた
所で誰かの竿がグイーンとしなっていた。 @「んー私のポイント選定は
間違っていなかったのだ!」 と思った。同様にKenichさんも妙に納得?
 
 車内での反省会は、その悔しさはダブルヘッターで!と盛り上がる。
そんなわけで急遽、それぞれの用を済ませて11:30出発となった。
どうせ真夜中に釣れないだろうからメバルでも釣っていようと思っていたが
2投目でオキアミの頭が綺麗に取られていた。いる気配がしたので、気合
いを入れてその4等目、電気浮きが静かに沈み込むバッシ!と合わせを
入れたら確かに黒様、しばらく底で遊ばせるように引き留めてから、リール
を巻き上げた。この
タメめを味わうために?黒鯛釣りをしているのだ。
一枚釣れたらジャンジャン釣れるだろうと思っていたが、それからは夜の
帝王ドンコ軍団がお出まし、メバル大将も姿を見せ、おフグ様まで・・
 夜が明けたらなんと海は凪でスケスケ、底がしっかり見える状態だった。
こんなんでは釣りにならないとみんながあきらめ、aptの3人並んで世間話
をしながらコマセをばらまいていた。「帰ったら朝風呂に入るぞーetc・・」
ところが、二人が朝飯のおにぎりを食おうと竿を置いた途端に、私の浮き
が静かに沈み込んだ。合わせを入れ、浮いたこの黒様は雄でかなり引き
込みが強く、タモ入れ前 気を緩めるとグイーンと底に突進する。竿先が
ものすごい弧を描く・・もうたまらない。もう満足と思い場所を譲り、他の
場所でいつも攻めているが釣れない 気になるところで浮きを遊ばせた。
 ところが、またも浮きがスーと沈み、こんどは足下へグイグイ潜っていく
今度は竿でしっかり押さえ込み耐えた。私にとっては今日は昨日の鬱憤を
晴らした最高の1日となった。みなさん付き合ってくれて
ありがとう!
 朝に違う場所で釣っていたKENさんを呼んで、場所を譲り納竿
          我々の異常な週末が終わった! さてこれからテニスの時間だ!
同行者 Kenichi、、KaSさん   二日間?とも後からKENさん合流 
日時 6月1日(日)am10:00〜pm5:30  (大潮) ”””雨”””
今年の
フカセ
一号

なんとか
8イルカを
回避できた。
場所 七ヶ浜
生イキ君2L、 オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、0.5号円錐浮き、3b水中浮き、ウキした2ヒロ
釣果 47、40、38
KEN:38.35.32
メモ この時期としては早い台風4号の影響で、金、土は風雨が共に強く
本当なら土曜の朝用にオキアミ、付け餌を買っていたが、解凍をしてしま
ったので、なんとしてもコマセを撒きに行かなければならなかった。
 早朝から出かけていたKENさんが、「今バラシたー」電話で、本当なら10
時過ぎに出かける予定だったのを、朝食もそこそこかっ込んですっとんで
行った。道中「今年のフカセ一号釣ったよー」と電話が入った。焦る〜
雨は覚悟していたのでなんともなく、なにより風が無かったのが良かった。
 さて釣りは、私が立った所は潮が当たって、すぐテトラに浮きが近づいて
どうも釣りづらかった。が、大きな波が来ると、なんとか潮が出はらって
浮きが漂い、とても雰囲気が良くなることもあった。そんな時、オキアミの
頭が取られて、確かにいる雰囲気になってきた。それからまもなく浮きが
スーと根に絡む感じで沈んでいった。合わせを入れたら、根がそのまま
動く感じ、しばらくその場でグイグイ引き込んでいる。ん〜デッカイ! が
第一印象、今までの7イルカがさらにそのお魚様を大きく感じさせた。
しばらくして浮いてきたときも、50?位あるか?今までの7イルカが
そう感じさせてるのだ。さらにフカセで初物
。(7イルカ:7回ボーズということ)
駆けつけてくれたKENさんがタモ入れをしてくれたが、まだ元気なうちに
タモ入れさせられないので、かなり空気を吸わせてから、ゆっくり入れて
いただ・・・・えっ・・・腹をこすり一回反転〜・・おっと危ない危ない。
今年フカセ一号としては最高の黒様だった。
 ずーと雨が降り続き、アタリもなく上げ7分から満潮まで待つのがかなり
長かった。4:00頃から潮の雰囲気が良くなり、フワーっとしだした。
案の定、浮きがスーと入った。それから3投めで・また・・・・もう満足〜
 しかし、最大のドラマはここからだったのだー
(T_T)
ある程度満足したので、カミさんから入ったメールを、竿を左手で小脇に
抱え右手で読んでいた。コツーンとアタリが来たのでそのままメールを
読みながら体を右回転させて掛けた。どうせボラだろう(70の巨ボラを
釣っていた。ボラ5匹は掛けていた)とみんなの邪魔にならないように体を
移動させた。グイグイと下でなく横に行くのでそのまま合わせて体を回転さ
せた。浮いてきて、ん?なんか幅が広い感じ、ん?あれっ?黒?
慌てて体勢を整えようとしたら、レバーがフリーになていて、竿を上げると
勝手に回りだし、引き込まれていった。レバーを押さえ、竿を左手から
右手に持ち替えようとしたとき、一気に底へ引き込んでいく、その引き込
みがさらにグウイーンと竿先を水面に付けようとする。バチッ
(油断大敵!
同行者 KEN、KaSさん お二人の体力には脱帽〜
日時 5月24日(土)am4:30〜am11:00  (小潮) 曇り
本当は

出したくない


ネー
場所 新北
生イキ君3L、 オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、3B号円錐浮き、3b水中浮き、
釣果 無し 、まったくアタリ無し、お魚の気配無し
メモ 朝方は寒く、浮きの動きも凍り、私の身も心もしっかりと凍みた。
私の周りはゴミの川?岸
しかし、10:00頃に釣り座を変えてたら、潮の感じが良くなってきて
それはもう、一投一投浮きが沈むのを期待できた。私はいつもこの緊張感
を求めているのだ。が、結果はまあ次回に持ち越し・・って言うことで・・
ただ今 
イルカ更新中!
 でRから 明日は
オークス 5−7で100円で8万馬券行くよ〜
同行者 Kenichi、   まさひろさん沖防、 KENさんは西伊豆で・・ 
渡船場で、大、淳ちゃんグループと遭遇 彼らは沖防、結果は・・?
日時 5月17日(土)pm1:00〜pm6:00  (大潮) 晴れ
とても
寒い

場所 七ヶ浜
生イキ君2L、 オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、0.5号円錐浮き、3b水中浮き、3Bオモリ
釣果 無し
メモ 数時間の睡眠で見事復活、のどの痛みはしっかり消えた。風邪は
初期治療が肝心だと実感した。SARSはどうかな?
KENさんに朝から行く〜メールで起こされ、彼は11時に行くはずなのに、
まてない、懲りないオッサンでR。
 我々は潮位に合わせてゆっくり昼12:00スタート!
駐車場でRIN海さんが準備をしていた。萱島で釣れ始まったので、みんな
動き出した感じでRよ。
 さて釣りの方はと言うと、私の立った場所では、まったくアタリ無し、
でかボラが悠々と浮きと戯れていた。
そうこうしている時、別の場所で竿を出していたKaSさんから、「50はある
大物をバラシタ!」とメールが入った。(あくまでも本人曰くの未確認情報)
私も時合だと少しは集中ししたが、右の心はKaSさんの方へ行こうか迷っ
ていた。それを決定的なものとしたのは、根掛かりで仕掛けをロストしてか
らだ。それまで針を10本ぐらいロストしていた。底の潮があたっているよう
で、近くの沈み根にかなり手こずった。
我慢できずKaSさんの所へ移動した、ら、アタリがぴたっと止んだ。らしい
今日は一回も浮きが沈まなかった。なんでだろ〜・ちょっと寒すぎだね。
同行者 KEN、まだひろ、KaSさん
RIN海さんと遭遇(あのあと夜釣りではどうだったのかな)
日時 5月16日(金)pm7:00〜pm11:00  (大潮) 風雨強
メバル釣りも
ちょっと
おもしろいです。
場所 七ヶ浜
イソメ
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、Fuji電気浮き 浮き下2ヒロ、
釣果 メバル多数、   SIBU:カイズ、ソイ、メバル、KaS:メバル
Satosi:セイゴ、カイズ、アイナメ、メバル
メモ 途中雨風ともに強く、なんでこうまでして釣らなければ行けないんだー
とはいえ、せっかく釣り場に来たんだから竿はだしたものの・・
メバルがよく釣れた。そういえばいつもはメバル釣りからスタートしていた
ことを思い出しながら釣った。
とにかく雨風が体温を奪い、まるで真冬の釣りのようだった。
   なんでこうまでして釣らなければいけないんだー

夜中のどが痛くて目が覚め、風邪薬とトローチを舐めながら眠った。
同行者 SIBU、KaS、Satosiさん
日時 5月10日(土)pm1:00〜pm6:00  (長潮) 晴れ
黒いの
近くに
イル

場所 七ヶ浜
生イキ君2L、 オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、0.5号円錐浮き、3b水中浮き、3Bオモリ
釣果 無し
メモ 釣りを始める前に、KaSさんに七ヶ浜の美味しいラーメン店を案内して頂き
こってり味のラーメンを食って出かけた。美味しかった。次はあっさり味を
食べてみよう。
 さて、問題は海水温の低下なのだ。
せっかく15度まで上がってきたのが、この二日間でしっかり水温が下がり
お魚さんの活性があがっていなかった。とはいえせっかく来たんだから
いろんな所で竿を出してみた。
水温12度から14度ぐらいの幅で温度にムラがあった。
 さて、次に問題だったのは、強風である。それも向かい風!
ミチイトがしっかり風にあおられ、浮きがどんどん岸に寄せられて・・
もう本当におもしろくなかった。フンワリ漂ってほしかった。
 が、夕方、風がおさまり潮がフンワリしだした。
約一時間は本当に集中し、いつ浮きが入ってもおかしくない状況だった。
正直言って、昨晩のがかかったら、「こうして〜あ〜して〜」まで考えながら
浮きに集中した。今年初の集中した瞬間かな。おもしろかった。満足!
同行者 KaS、 KENさんが驚くべき回復力で?釣りを始めた、菖蒲田浜で確認!
日時 5月9日(金)pm7:00〜pm11:30  (小潮) 晴れ
顔も見ないで
何言ってるの
場所 七ヶ浜
イソメ
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、Fuji電気浮き 浮き下2ヒロ、
釣果 無し
メモ 黒鯛を本格的に始める前はいつも金夜釣行をしていた。
以前のハンドル名は電脳の世界をプカプカ浮遊する「電気浮き」だった。
夜は良いよねー でも今日は寒い!海水温冷たーい!
・・・なんて考えていたら・・・
      突然私の竿にでっかいい未知の生物が一瞬コンタクトした。
テトラ際をミチイトを短くし竿先でアタリを取っていたら、始めコツーンときて
根がかり?と思って竿先を上げたらグイーと来た!やっときたーと思い
合わせを入れ竿先を上げた途端!ズドーン〜と走られ、
「もう あなた任せよ〜ん」状態で為すすべもなく「さよーなら〜」
 反省!ガン玉はハリスに打つべからず!というより、付け方下手なのだ。
普段はほとんど打たないのだが・・
 同行者にでっかいのバラしたーって言っても、「どうせボラかなにかだろー
・・・・でもねー本当に大きかったんです。だれも信じてくれません (T_T)
同行者 Kenichi、SIBU、KaS、Satosi さん
日時 5月5日(月)pm2:00〜pm7:30  (中潮) 晴れ
まだまだかー
場所 七ヶ浜
生イキ君2L、 オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、0.5号円錐浮き、3b水中浮き、3Bオモリ
釣果 無し
メモ 前回のアタリが気になって出かけてみた。今日は一人だ。ワクワク・・
前回のポイントを見てみたが、ゴミが集まっていて釣りづらかったのと、
風が正面からふいていたので別の場所にした。
コマセ、仕掛けを調整し、友人に「コレから始める」メールを入れ
さあー餌を付けようとしたら、な、なんと、餌入れがない?
餌を忘れた?・・あーーーーーーーーーーーーーーーー
家で準備しているとき、餌をクーラーボックスの横に置いていたが、
車に積むときに、珍しくうちのカミさんがボックスを運んで来てくれた。
それで、その脇の餌を持ってくるのを忘れたのだ。
 ショックーーーー
まあ、今回ちょうどコマセ用のオキアミが凍っていたので、小さなブロックが
残ったままかき混ぜていた。それが良かったのか、何とか付け餌に出来た
 そんな事もあってか、お魚様に愛想つかされ、まったくアタリが無かった。
餌が柔らか過ぎて、どうもアタリが分からなかった。
 途中、Kenichiさんから電話が入り、来ることになり、忘れた餌を持ってき
て頂いたが、やはりまったくアタリが無かった。まだ早いのかなー
 因みに、水温を測ったら16度あった。これは海面の温度なのかも
しれない。情報では12〜3度ぐらいある。あと2度高くなってくれると
良いのにナー
同行者 Kenichiさんに餌を持って来ていただいた。感謝 感謝
日時 5月2日(金)am11:00〜pm6:00  (大潮) 晴れ
こんな小さな
お魚さん
釣れちゃった?
3号針の方が
大きいね
場所 七ヶ浜
生イキ君2L、 オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、0.5号円錐浮き、3b水中浮き、3Bオモリ
釣果 無し
メモ 禁断の平日釣行を決行した。この時期、松が浜、萱島、湊浜などの地磯
が黒鯛の走りで大物が釣れるとの噂がある。のだが・・
干潮が11:32だったので、干潮から満潮の17:54まで勝負を賭けた。
が、その予定だった。が。
 その間、ノッピキならない?事故が発生し、釣りを中断した。
どうも落ち着けない1日だった。
とはいえ、しっかり釣りもしていたが・・
 一時潮がフワーっとし始めた時間(上げ7分付近)に、浮きがスーっと
沈み、餌を確認したら、頭がしっかり取られていた。なんかいるような気配
2投目も浮きがスーと沈み、竿を上げてみたら、また、頭が取られていた。
まさかーー いるんだろうか?と思いながら3投目を投入した。また浮きが
スーと沈んだので今度は合わせを入れてみた。そしたらー
グイグイと重さを感じたが、何だか??、顔を見ないでバラシた。黒か?
次回正体を暴いてやる。
同行者 KEN、Kenichi、KaSさん、
帰りの駐車場で伊達藩の面々と会った。みんな平日だというのに、
釣りに励んで増ますなー
日時 4月28日(月)pm10:00〜am3:00  (中潮) 曇り
アンタも好き
ねー
場所 七ヶ浜
イソメ
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイト3号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、Fuji電気浮き 浮き下2ヒロ、
釣果 無し
メモ 明日休みなので急遽夜釣りへ出かけたが、まったくアタリ無し、お魚の気配
が感じられなかった。それにしても、気がついたら午前の3時だった。
あと2時間もやれば良かったのかな(^^;
同行者 KaSさん、 SIBUさんと入れ替わり。
日時 4月26日(土)pm4:00〜pm10:00  (長潮) 曇り、強風 

お腹パンパンの
雄雅黒鯛様
場所 七ヶ浜
イソメ
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイト3号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、Fuji電気浮き 浮き下2ヒロ、
釣果 3枚(32〜34、カイズ君はリリース) フッコ:1、
Kenichi:4、フッコ
Kas:1、フッコ
Rin海:4?フッコ
メモ さすが連休前の土曜日、駐車場は車だらけ、まあ、海に釣り糸を垂らすつも
りで出かけた。先客は、木曜に遭遇したRIN海さん、それからAiharaさんだ。
なんとかその間に入れて頂き(半ば強引に
だって私も大きいの釣り鯛〜欲張り鯛野郎!
釣り座を構えた。
風が強く釣りづらかったが、なんとか納得の一枚を釣り上げることができた
昼は結構暖かかったが、夜になり風が強くなってから一気に冷え込み、
寒さと風、さらに餌も底を付いたので撤退した。 
(駐車場はガラスだらけ、車上荒らしには気を付けてください!車内には
絶対貴重品を入れて置かないように!)
同行者 KEN、Kenichi、KaS、RIN海、
Satosi、Inada、Aihara、Sakuraiさんと遭遇(
先入ってゴメンね
日時 4月24日(木)pm6:30〜pm9:00  (小潮) 晴れ 

KaSさんから
届いた
44cmの
黒鯛メール
場所 七ヶ浜
イソメ
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイト3号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、Fuji電気浮き 浮き下2ヒロ、
釣果 2枚(33含む) フッコ:4、
SIBU:4、フッコ    Gajin:フッコ
メモ 前日KaSさんが44cmの自己タイ記録の一枚を釣ったとの連絡が入り
出かけてみた。
 「釣れた!」と聞いて駆けつけると、その時はもう釣れないものだ。
セイゴ、フッコ、ボラが攻撃してきて、まあなんとか型をみたが、KaSさんの
釣れた様子とはまったく違っていた。 その日の気候、海況にも、なによりも
黒様のご機嫌によって全く違ってくるのだ。しかたない。
 私は早めに切り上げたが、その後に幾分アタリがあったらしい。 
同行者 Gajin、SIBU、 RIN海さんと真夜中に遭遇
日時 4月18日(金)am1:00〜pm11:10  (中潮) 曇り 
S-APT21時間耐久釣行
結果的に
21時間耐久の
S-APTメンバー

江名沖堤にて

雰囲気が
良かった




Kenichiさんは
憂さ晴らし
できたね
この大きさで
なかなか
この笑顔は
ないよね!
場所 いわき小名浜江名沖堤4:30〜12:00 高速移動
仙台17:00〜20:00
オキアミ3Kg、チヌパワーむぎ、なま生き君2L 2パック、イソメ
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、
釣果 フッコ?4、
KEN:フッコ多数、Kenichi:本命34一枚含む3枚、フッコ
KaS:30一枚、フッコ
メモ 久々の遠征をした。
先週KENさんに誘われた磐城遠征を雨のため中止したが、欲求不満
が残るAPT松@チーム全員が今週こそ行こう!となって、大事な@@
試験を控えていたKENさんを説得し、それぞれ
万障繰り合わせての
釣行となった。
 磐城小名浜6号線街道はドライバーKaSさんの大胆かつ強引な
運転をしても遠かった。道中私の繊細な体は、虫のねとなって後部
座席に埋もれていた。
 江名沖堤(全長200mくらいの
の字形)は渡船で5分ぐらいで着き、
雰囲気は新北のそれと似ていた。渡船中の船長の案内では、大物が
釣れる時期が過ぎ、小物、メバルはなんとか成るんでは・・と、・・?
まず始めに、早速今年の本格的な釣りを控え豊漁と安全を祈願して
ネプチューンに御神酒を捧げた。
 釣りに関しては、海況は春先雰囲気に近く水温11度とちょっと低め
しかし、ここは12月から3月までは大物が揚がっていて少しは期待
した。が、メンバーのほとんどにまったくアタリが無く、かろうじて餌に
変化があったRIN 海さんだけが、すごい期待をし、集中した時間が
あったらしい。彼とKenichiさんはいろんな仕掛け調整をし、それを
右目で参考としたが、左目はうつろだった。メバルすらいなかった。
しかし、
(やはり良いねー!フカセの浮きを見ているとき無我没頭の境地・・
釣りは哲学だね。この境地をカミさんに、子どもに、ましてや釣りを
しない人に話しても理解していただけないだろうけどネ、
      ・・・・ でも・・それでいい)
 13:00いわきの美味しいラーメンを食べ高速で帰路に着いた。
ところが、車中に一本の
迷惑メールが飛び込んできた。
遠征に行かなかった伊達藩のメンバーが、金曜の夜天国モードを
体験していた。その詳しい報告に、車内では欲求不満が増幅した。
中にはこれから行こうかと言う人もいるくらいだった。
 仙台に無事到着し解散後、釣り道具を片付けている最中の私の
所にまた
一本の迷惑電話が飛び込んできた。昨夜の事を事細かく
報告する内容だった。私はもう欲求不満が爆発し、急遽連絡を取り
合い一時間後準備をして夜釣りへ再出発した。
 セイゴ、フッコが寄っていて、本命もすこしは混じり、釣りの原点に
もどり釣りを楽しんだ。今日の行程の疲れを感じないくら楽しめた。
やはり、釣りは良いねーー
 ドライバーKaSさんの並はずれた体力には敬服いたします。
KENさんまた誘ってくださいよ。@@試験受験するのかな?
皆様お疲れさまでした。コレに懲りずに、またネー v(^0^)
 
同行者 KEN、Kenichi、KaS、RIN海、Isikawaさん(いわき在住)
日時 4月11日(金)pm7:00〜pm11:10  (長潮)   曇り
Kenichiさんは
今年の初物
38をゲッツ!


sibuさん
こんなデッカイ
アイナメ
いるんですねー


自己新記録達成
したのは
Satosi君、 の 
体がデッカイから
メバルのようです
黒ちゃんが・
場所 sorry!T1
イソメ
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイト3号、ハリス1.5号、
Fuji電気浮き 浮き下2ヒロ、
釣果 32cm2枚、アイナメ3、フッコ40cm
Kenichi:30〜38cm 6枚、アイナメ
SIBU:35cm含む3枚、アイナメ48cm(
自己新)含む3枚、他
Ryouichi:32cm一枚 他
Satosi:36cm(
自己新)一枚、
メモ 先週釣れちゃたので、今週も釣れるかな〜と 淡い期待をして出かけた。
 ところが第一投でKenichisなんが38をゲット!
その瞬間本人曰く「40はあるぞー」  ・?(暗いとなんでもでかく見える)
その後もポイントに入った人の所では数釣れていた。
遅れてきたSIBUさんはポイントに入れず初めはメバル釣りしていたが
そのうちにブッコミを始めたら、それがバカあたり!
竿を何度も
Uの字にしていた。アイナメの時のそれは凄まじく、竿先が
竿尻に当たるくらい (チョット だけ オーバー  
だっちゃねー(^^;
 Satosi君は自己新更新の納得の一枚! 
タバコを吸う手が震えたようだ。 その気持ち分かるヨ
同行者 Kenichi、Gajin、SIBU、Ryouichi、Satosi
日時 4月4日(金)pm7:00〜pm10:10  (中潮)   晴れ

自己新記録達成
したのは
Gajinさん
この時期34cmは
すごい!

どっぷり太った
本命君だった。
場所 sorry!T1
イソメ
仕掛け シマノイソスペ1.0号、 ミチイト3号、ハリス1.5号、
Fuji電気浮き 浮き下2ヒロ、 
釣果 32cm一枚、アイナメ3、メバル1、
Gajin:34cm(自己新更新)一枚、ソイ、メバル、ドンコ、アイナメ、
SIBU:30cm含む3枚、他  
KaS:一枚、メバル
メモ 友人の強引な誘いで釣り始め、竿始めをしてきた。グフー最高にアリガトーー
(いつもの御神酒を忘れ大反省、次回にたっぷり捧げるとしようV(^0^)V
今日はメバル釣りのつもりだった・・がーーーーーー
SIBUさんが第一投で30を釣り上げた。え?なんでー釣れるノーーー?
続いて2枚目!、え・・・??
少し離れた場所にいたGajinさんの竿がしなり、電気浮きがグイグイ
海面に引き込まれるのが見えた。35位を釣ったとの連絡が入り、
本命が釣れると言うことならと、メバル釣りから急遽本命釣りに変更
場所替えをした。しかーし 私の竿にはアタリ無し・・
KaSさんも一枚あげたとの連絡(みんな春から縁起がいいな!)
私はみんなが釣れて一安心し、?0? ・・・・・・・・寒くなってきたので、
(誰かが帰ろうと言わないとみんな帰らないAPT達なので)10時に帰る
連絡をして釣り糸を垂らしていたら、隣のGajinさんが沖目の沈み根
付近でアタリガあると言うので、そこへ余ったイソメの一番太く元気の
良い奴を投入した。その瞬間!コン、コン、・・グーんと竿にのった。
暗いのでタモ入れに手こずったがなんとか今年の初物をゲットできた。
Gajinさんポイントを譲って頂きありがとうございました。
同行者 Gajin、SIBU、KaS

 

1999年釣行記録
2000年釣行記録
2001年釣行記録
2002年釣行記録