2005年釣行記録

仙台湾で釣ったお魚図鑑(’99.4〜)  Click ! Click !

メバル ソイ クロダイ セイゴ イサキ
フグ トラギス ワタリガニ ハモ アイナメ
オオガイ アジ イナダ カレイ ドンコ
コチ メジナ カンパチ イシガキダイ 石鯛ちゃん
ホシガレイ 平アジ      

釣り場:沖防波堤 新北防波堤etc.

海はいいよねー

日時 12月29日(土) pm2:00〜 pm6:00  (中潮) 風強


@さんが釣った
写真でも
眺めて
佳い年を
お迎え下さい
@さん
写真借用します


黒鯛はこのように
持って
写真撮るのヨ〜

場所 七ヶ浜
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、
2号チヌオキアミ針、Fujiリチューム電気浮き大、ウキ下2ヒロ
釣果 無し
メモ 今年の釣り納めに、久々に近場の湊浜へでかけてみた。
風が強く幾分戦意喪失気味(釣るつもりはないが)で、アタリを待ってい
たが、この時期そうたやすくお魚は顔を出す分けなかった。一回のアタリ
でヒットしたのが小さなアイナメ君で超即リリース。その後風が止み、なん
とか釣りを楽しむ事ができたが、お魚さんが顔を出さなければ、主役が
不在ならば釣りのたのしみなんてあったものではない。寒〜
 そんなところへKsSさんが差し入れを持ってきてくれた(竿も持たずに
だ)深々と冷えた心と体には、暖かいコーヒーと肉まんは、最高よ!
              
ありがとう〜!
そこでみんなとネプチューンへ今年の感謝込めて御神酒を捧げた。

今年はいろいろな事が起こり、忘れられない年となった。
思い出は永遠である、これからもその瞬間を、たとえ刹那的であったとし
てもしっかり胸に焼き付けておこうと思う。
海、お魚、そして釣り友が私の釣り連鎖だ。どれをはずしても楽しめない
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・海、お魚、釣り友に感謝!
ということで、「海へ行こう!」
来年も思い出のページを沢山積み重ねるためには、先ず釣りへ行かな
ければ始まらないヨネ。また皆様よろしくおつき合い下さい。
最後に、わたしのこれまで釣りAPTを許してくれる家族に感謝!
同行者 Kenichi   (KaSさんが顔をだした)
日時 11月26日(土) pm5:00〜 pm11:30  (渦潮) 晴天


KENさんの
送別会&忘年会

真鯛ゲット!

場所 一番町
オキアミ
タックル 2m竹竿 1号ハリス
釣果 KEN:30cm真鯛 BEN:30cm真鯛 それぞれ一枚
メモ 今日は1番町の地下一階で真鯛釣りを楽しんだ。
実は私達が大変お世話になったKENさんが、東京へ引っ越ことになり
送別会&忘年会を、国分町の隣、今回は1番町に繰り出した。
釣りの出来る居酒屋で真鯛釣りをし、それを活け作りにしていただき
食した。それにしても、竹竿を持って糸を垂らすKENさんらの姿は、隣
でやっていた小学生とちっとも変わらない。これが釣りの原点なのかな

 2次会はカラオケ。中には10年近く付き合ってる人がいるが、歌声を
今回初め聴いた。みなさんそれぞれ持ち歌を持っていたのには驚いた
同行者 KENさんとその友人
日時 11月5日(水) am10:30〜 pm3:30  (中潮) 晴天


黒様が落ちたら
アイナメ様に浮気

場所 仙台港
岩イソ(1000円)
タックル ダイワ 前打ち 飛竜1号 5.3m リョービ メタロイヤル
2号ブラクリ仕掛け(2個ロスト)
釣果 アイナメ17匹 (34cmが最大)
メモ アイナメのノッコミ時期の穴探りはやったことがなかったので、KaS氏の
アドバイスで挑戦してみた。自己流ではやったことがあったが、市販の
ブラクリを使ってのアイナメ釣りははじめてだ。
 前打ちでいろいろ経験しているから、アタリは完璧に取れ、これだと
めぼしいテトラでできた穴に落とし込んでいくと、グイグイあたってくる、
この感覚がたまらない〜楽しくて、あっという間に?(5時間)17匹も釣っ
てしまった。40ぐらいの大物を釣り上げたくいろいろ探り釣りをしたが
34cmが最大であった。前打ちの黒鯛釣りと同様に、次に落とし込む
場所でいったどんな魚が顔を出すか、そのワクワク感がまるで宝探しの
ように楽しい!これからの時期はこれかな。
アイナメのフライはとっても美味しい、是非ご賞味あれ!
削ぎ取ったハラスの唐揚げ、これも絶品よ。最初はまずビールでいただ
く。次に、一般的には魚は白らしいが、私の場合は葡萄色のワインでい
ただく、これがいいのよ!
同行者 KaS、その友人
日時 11月2日(水) pm7:30〜 pm10:30  (大潮) 晴れ


お魚いないのか?

場所 sorry!
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、
2号チヌオキアミ針、Fujiリチューム電気浮き大、ウキ下2ヒロ
釣果 メバル2匹だけ
メモ 仕掛けがあっちこっちに絡まり、仕掛け作りを3回もやり、そのうえ、明か
りが弱く(電池消耗)最悪な状態の夜釣りだった。
それでもお魚が釣れれば良いのだが、お魚の小さめの生命反応は感じ
取れるが、大きいのは居そうもなかった。
ってなわけで、メバル2匹と我戯れた。
同行者 KaS、
日時 10月28日(金) pm7:30〜 pm10:00  (小潮) 曇り



ちょっと小さいけど

場所 sorry!
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、
2号チヌオキアミ針、Fujiリチューム電気浮き大、ウキ下2ヒロ
釣果 1枚 他フッコ、メバル  KaS:1枚    
メモ 秋の夜長は釣りに限る、それも短時間行けば、満足度100%。たとえ本
命が顔を出さなくても、竿だして、それで魚信を感じ取れればそれでいい

今回のイソメは太かった。
泉のFマンさんありがとう〜またお願いしますよ〜
同行者 KaS、   SIBUさんはテンテン作りで忙しいらしい(^^;
日時 10月15日(土) pm4:00〜 pm7:30  (大潮) 曇りのち雨



こんな感じ

場所 sorry!T2
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、
2号チヌオキアミ針、Fujiリチューム電気浮き大、ウキ下2ヒロ
釣果 2枚   Kenichi:1枚  KaS:前日2枚     のリリースサイズ
メモ 朝から降っていた雨が2時過ぎに止んだので、夜釣りにでかけてみた。
メバルでも釣れたらと思ったが、メバルは2匹ぐらいで、リリースサイズの
本命君が顔を出してきた。
    不本意ながら、針掛かりが深かったのでキープした。
(あまり小さいのを釣ると、ある人に怒られるからなー・・40以下は
リリースしないといけないよなーーーと)
 久々の夜釣りで、本命予備軍が顔をだしたので、さーてこれから・・と
言うときに雨が降り出し、撤退を余儀なくされた。渋々・・
同行者 Kenichi、KaS、 
日時 10月1、2日(土、日) pm0:30〜 pm6:00 土  (大潮) 雨のち曇り
              am6:30〜am13:30 日  (大潮) 晴れ


真鯛初心者

Mr.Kenichi
他の写真は
遠征のページへ


場所 青森竜飛沖
イソメ
タックル Cheetah 76ML LURE:3〜21g
SIMANO TWINPOWER3000
Line:Fire Line 18lb
Leader:16lb 4ヒロ
Lure:ブラー 白、赤、金、蛍光イエロー 30〜60g 
釣果 30〜35 7枚  37cmソイ   でかバラシ:1回
KEN:30〜35 5枚ぐらい  ビッグヒットがサメだった
Kenichi:30〜60 8枚  でかバラシ:1回
熊:30〜60オーバー(正確に計らなかった)10枚
KaS:30〜35 7枚  彼にもサメサメ
まさひろさんの友人の佐々木さんにビッグヒット! 71cm
メモ まさひろさん、しらねさんの追悼釣り大会が、彼らの好きだった津軽の
竜飛の海で行われた。
雨が降り、少し荒れ気味の海で(さすが嵐を呼ぶまさひろさんだね)全員
で天国の彼らに黙祷を捧げてから実釣を開始した。
 土曜
船は2艘に分かれ、私らの船では、なかなかアタリが出なく、最初にヒッ
トしたのは、さすがの熊さん、50ぐらいの真鯛をしっかり初ゲット! 
その後周りが35ぐらいのを釣り出す。そんななかKaSさんのリールが
うなりをあげる!これは大物?とカメラを向けて水面に待ちかまえていた
がどうも周りの感じがおかしい。?浮いてきたのを見たら、なんとサメだ、
サメゲッターKaSとでも言っておきましょう!
続いて竿先を海水に引き込まれているのは、KEN様、何度も入り、これ
は記録更新成る大物とみていたら、これもタモに収まったのはやはりサ
メサメゲッターKENちゃんとでも言っておこう!
 実はそんなのを眺める余裕がない私なのである。まだボーズなのでR
それは普段の行いの良い私、カミは私に微笑み掛けた。遂にその瞬間
が訪れた。コツン、グイグイ、スパッと華麗に合わせを入れた。グイグイ
まさしく鯛だ。手応えは軽いが、まさしく鯛だ! ???ちっちゃーい(遠
征記録に参考として載せた)ルアーと同じ大きさの鯛をゲット&リリース
あまり書きたくないが、この日のボーズは初心者のKenichiさんだった。
(でも次の日何かが起こったのかも??)
この日は、まさひろさんの竿で、甥っ子がでかいのを釣り、大物と格闘し
針折れバラシ、まさひろさんを師匠と呼ぶ友人の佐々木さんが71cmの
大物をゲットした。「師匠が私に釣らせてくれたんですね」と目を潤ませ
ていた。
そして、しらねさんの作った竿「真鯛スペシャル」で挑んだNoBuさんが
30位のを仕留めた。彼もしらねさんの無念を思い、涙しながら叫びなが
らあげたらしい。でも良い供養になったね。
そうそう、もうひとりのBが居た居た、ハマダンさんだ
彼は自作のビシマで挑んだ、しかし、津軽の海と、大原の海の違いに
戸惑いながら奮闘したが、今日は運がむかなかった。
 日曜
昨夜おそくまで偲ぶ宴会?があったので朝船にのったのは6時となった
今日は「たっぴ屋」のとっちゃんこと水島船長の船にのせていただいた。
裏竜飛はよく釣れるとリューちゃんが言っていたが、船はその裏竜飛へ
と向かった。
 到着して竿出す。え、熊さんの竿がもう弧を描いてる。釣れたのは35
位の真鯛だ。それから続いて、竿先が引き込まれたのは、え、また熊
さん、?森の熊さん秋の荒食いとはよくいったものだ。と冗談を言ってる
感じの竿のやりとりではない、ドラッグが唸り、かなりの大物と観た。
しばらくの格闘の末にあげたのが60は越えるであろう精悍な顔をした
真鯛であった。よーしと気合いをいれ60gのブラーがゆっくりフォール
するのを竿先で糸を送る・・着底を感じたとたん
          グンと奴はアタックを掛けてきた!
糸がバタバタとでたので慌ててベールをセットしたら、それが変に戻った
のだろう、糸が止まり竿先がぐーんと海面に入って、耐えたが、ぷっつん
とそのテンションが感じられなくなった。ルアーをみたら12号真鯛針が真
ん中から折れていた。凄まじいものである。
 裏竜飛はさすがである。乗ってる人全員の狂喜乱舞入れ食い状態が
ずーと続いた。そんななか、少しおとなしかったのはKEN様、しらねさん
「真鯛スペシャル」で挑んだが、どうも水流の早さ、竿の柔らかさ、ルアー
の相関関係に戸惑っていたようである。
 潮が変わり船を移動し、通常の海峡の竜飛あたりを探り歩き、潮の速
さに全員が底取りができず戸惑ったていた終盤。そんな中で元気を出し
始めた輩がでてきた、それは昨日ボーズだったKenichiさんだ。
船の最後尾で彼の竿が円弧を描いている、それもなんども海面へ突き
刺さろうとしている、その様子から大物には間違いない。
 で、ゲットしたのはジャスト60の真鯛、最高の喜びは体全体で沸騰
していた。おめでとう!
で、続いて声を上げたのは?、またまたKenici様、今度はフォール途中
でいきなり糸を持っていき、スピニングの糸出す部分でバリバリと糸を
ならしながら持っていく大物にあたったらしい、しかし痛恨の針はずれの
バラシを演じてしまったらし。 
 できれば大物を仕留めたかったが、まだまだ経験がないのだろう、何
度か通ってる内に運良く夢の7丸とやらをゲット出来る日がくるのだろう。
 それにしても今日は最高に気分良く釣りが出来た。
たっぴ屋のとっちゃん事水島船長の我々への気配り、船の操船、そして
かっちゃが作ってくれた竜飛昆布で作ったおむすび、今までで最高の
船である。またお願いしたい。
 
2005年津軽遠征NO3のページに写真を多く載せました。
同行者 土曜 まさひろさん、しらねさん追悼釣りたい会に参加した参加者
日曜:KEN、Kenichi、熊、KaS、 
日時 9月23日(金) pm0:30〜 pm5:00   (小潮)  曇り 強風 


雨嫌ですね〜

場所 七ヶ浜
イガイ
タックル ダイワ 前打ち 飛竜1号 5.3m リョービ メタロイヤル
3号チヌオキアミ針 3Bガン玉
釣果 無し
メモ 遂にやった〜念願のイガイでアタリ!
アタリを感じたがゲットは無し、しかし、今まで確信が持てなかった餌に今
回初めて変化があり、釣ったような喜びを覚えた。

 それは突然起こった。
いろんなテトラ際を「今回も何も変化無しか〜しかし、もしかして?」とイガ
イでの前打ちを楽しんでいたら、いままで見かけなかった黒鯛が、目の
前を悠々と泳いで行くではないか、それも見た目45はある。釣ったらきっ
とそれ以上の大きさだろう!よくもあんなゆったり泳いでるものだ、と、そ
前にイガイを落とし入れて、陥れたろう(^^;?と竿を操作したが、焦り
が先で、なかなか餌を持っていけず、結局行方不明になってしまった。
それから一分後、いつもの際攻めを繰り返すも、やはりさっきの黒様が
気になりよそ見をしていると、なんか糸に重さが加わった、?、ゆっくり
竿をあげたら、なんとイガイがしっかり潰されていた。いままでの疑心が
確信に変わった瞬間だった。最高に嬉しい!感激!、あんな石ころみた
いな貝を、やっぱ食うんだね〜今回はよそ見をしていて、糸を緩ませ過
ぎていたので、最初のアタリ方がイマイチ不明。
今日はこのアタリ一回だけで終わった。でも満足印だ。
そろそろ最終盤、あとは釣れてもカイズ君だろう〜
同行者 Kenichi、 
日時 9月19日(月) pm0:30〜 pm5:30   (大潮)  晴れ 


伊達カップ2004
参加したときの

しらねさんの
惜別のページを
ご覧下さい


場所 七ヶ浜
イガイ
タックル ダイワ 前打ち 飛竜1号 5.3m リョービ メタロイヤル
3号チヌオキアミ針 3Bガン玉
釣果 無し
メモ 今シーズンどうしてもイガイで釣りたいと思い出かけた。最悪アタリだけで
も実感したかったが、まったく気配がなかった。

私らの釣り仲間 しらねさんの
惜別のページを作りました。
関係者の方はご覧下さい。
同行者 KEN, Kenichi、 遅れて大ちゃん桜井さんが来た。
日時 9月10日(土) am11:30〜 pm5:00   (小潮)  晴れ のち雷 


こんな感じ
久々です。

場所 七ヶ浜
生イキ君2L  オキアミ3kg チヌパワーむぎ1/2
岩イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ダイワ 前打ち 飛竜1号 5.3m リョービ メタロイヤル
3号チヌオキアミ針 3Bガン玉
釣果 43cm 
メモ 今週はいろんな事が起こったので、のんびり海でも眺めようとでかけた。
フカセは、波はないしスケスケ、その上、ボラ、サヨリがワンサカわき上が
り、釣っていても本命が釣れる期待感が無く早々に切り上げ、予備竿とし
て持っていった前打ち竿で遊んでみた。
 ポイントに立つと黒鯛らしきお魚が反転したのが見えたので、その辺に
糸を垂らしたら、がりがりイワイソを食べる魚いて、秒殺で餌が無くなる。
きっとフグだろうとそのテトラの裏に糸をたらしたら、今度は本命らしき食
い込みがあり、しっかり合わせを入れたら、ズッシリ、グイグイ、久々の
ビッグファイトだ!思いっきり竿で起こし、強引に浮かせた。これだから
釣りは辞められない。
 今日近くで前打ちをしている人が居たので声を掛けたら、無視された。
こころの寂しい釣り師もいるんだなと、再考させられた。

 私の釣り仲間が闘病している。
この世に
病気で悩んでいる世界中の人が、1錠飲むだけで、
瞬時に治る薬無いですか?
個人的に時間を戻して、時の流れを調節できる装置無いですか?
絶対に復活してほしい!
同行者 Kenichi、
日時 9月4日(土) pm5:00〜 pm10:00   (大潮)  時々雨風強 


こんな感じで
もっと大物
でしたネ!

場所 七ヶ浜
イソメ、@九 食わせ練り餌 
闘魂オキアミ!ヒロキューツゥインパック
タックル ダイワ 前打ち 飛竜1号 5.3m リョービ メタロイヤル
3号チヌオキアミ針 3Bガン玉
釣果 無し  フッコ(47cm) ソイ(30cm)  Kenichi:47cm
メモ 午前中まさひろさんの納骨をした。
その場で「偲ぶ会」をしようと盛り上がり、またまた釣りへいってしまた。
で、行く前から天候が不安定で、雨、雷、が交互にやってきていた。
さすが今日のマサヒャロ大王はご機嫌斜めか〜
で、誰も止めようかと言う人がいなく、とりあえず竿だけでも出してこよう!
ということで、500円のイソメ、ある人は500円分の少ないイワイソ(これ
が運の分け目か)を買い込んで出かけた。
釣り場へ付く頃には雨はあがっていたが、風がかなり強くふいていた。
で、私は昨晩バラシタ処へ糸を垂らした。なんかアタリがあるのでその場
で遊んでいたら、左目にタモを持ってゴソゴソしている人有り、?ドウした
んだーと近寄ってみたら、なんと久しぶりに見るデップリ太った巨鯛、(右
の写真のKenichiさん、80gのイワイソ作戦成功だ!)
いやー釣れるんだーKaSさんと気合いを入れ直した。しかしその後は
メバル攻撃に辟易し退散と相成った。今日のモゾモゾはフッコであった。
今日も練り餌を実験してみた。やはり一回もアタリがなかった。今度はも
う少し活性があがってるときに試してみよう。
Kenichiさん曰く「今日の鯛はまさひろさんが釣らせてくれたんだね」と。
同行者 Kenichi、KaS
日時 9月2日(金) pm7:00〜 pm11:00   (大潮)  晴れ 


夜釣りも楽しいよ

場所 THG1
@九 食わせ練り餌 
タックル ダイワ 前打ち 飛竜1号 5.3m リョービ メタロイヤル
3号チヌオキアミ針 3Bガン玉
釣果 無し   KaS:フッコ多数 ムッシュムニエルKaSて感じか〜今頃は
                            どっかの国でこれ見て笑ってるだろうなー
  
メモ 久々に夜釣りが出来た。このところなかなかチャンスが無かったからなー
晴天、無風、天の川に照らし出された海面に静かに糸を垂らす。
至極の時間だ。

今回は以前から考えていた夜の前打ちでの練り餌を試してみた。
予備餌に前回使い残した闘魂オキアミを持っていった。
 
 練り餌の感想としては、針に付けるとき、思ってたより手に付かなく、し
っかり固定もできた。ただ、どんな形にしたら黒様が気に入るかが問題だ
さて、実釣となるが、それがまた、まったく反応無し、どんな魚も見向きも
しない感じで、じっくり待っていられない。で、オキアミでお魚の存在調査
をやってみると、確かにメバルはオキアミをくわえてじっとしてる感じがわ
かるし、黒様はフカセ同様、オキアミの頭をスパッと切り取っていく。
確かにお魚はいるのだ。しかし・・餌の実験ばかりはしていられない。
スパッと切った黒様を釣り上げてやろうと、遅れてメバル釣りに?参加し
たKENさんにイソメを数匹いただき、その場に糸を垂らした。確かに何か
居るのが分かる。
・・・・それはちょうど友人へ電話しているときにやってきた。右手に竿を持
ち左で電話していたら、お魚がそっと乗った感じのアタリ、合わせを入れ
たらグイグイ持っていく黒様特有の引き込みだ。まあそう大物ではない感
じなので、少し引きを味わいながら・・でも早めに電話を切た。さーてと・・
一ヶ月ぶりの黒様を拝んでやろうかとタモを手にしたとたん、右の手元が
緩んだせいか、黒様をバラシてしまった。残念! 35前後かな
KENさんは初めはメバル釣りを楽しんでいたようだが、次第にその引き
では満足が出来なかったようだ。
同行者 KaS、KEN
日時 8月28日(日) pm1:00〜 pm6:00   (小潮)  晴れ 


こんな感じでした
ネ!

場所 七ヶ浜
闘魂オキアミ!ヒロキューツゥインパック
オキアミ3kg チヌパワーむぎ1/2  
タックル がま磯 チヌパワー競技スペシャル1号、シマノテクニューム3000
ミチイト2.5号、ハリス1.7号、5B円錐浮き 水中浮き 
 3号チヌオキアミ針 ウキ下3.5ヒロ
釣果 無し  アイナメ32cm   Kenichi:37cm
メモ まったく釣れなくなったから、昨日はお魚になったつもりで菖蒲田浜近辺
で泳いでみた。水は温かく、一昨日の台風により、波もあり適度な濁りも
ある。 それなのにあ〜それなのに〜
Kenichiさんは久々に竿をしならせ上機嫌?彼も久々のヒットに黒鯛の引
きを忘れ、??黒鯛なのかな〜だと。
なんだかんだ考えてたら私の浮きにも反応あり!
バシーッ!と合わせを入れ、グイグイ引いた感じ?「よっしゃー」と思わず
・・しかし、その後が続かない、すーと浮いたのはアイナメ君であった。
ま、こんな日もある
同行者 Kenichi、
日時 8月21日(日) am11:00〜 pm5:30   (大潮)  晴れ 


お魚居ないと思った

(@_@)

場所 七ヶ浜
闘魂オキアミ!ヒロキューツゥインパック
オキアミ3kg チヌパワーむぎ1/2  
タックル がま磯 チヌパワー競技スペシャル1号、シマノテクニューム3000
ミチイト2.5号、ハリス1.7号、5B円錐浮き 水中浮き 
 3号チヌオキアミ針 ウキ下3.5ヒロ
釣果 無し  Kenichi:カンパチ君
メモ 行きながら買った冷凍オキアミブロックが溶けるまで@遊んでいたら、
突然KENさんから携帯が入り、今日は沖防で釣っていて、三浦さんが
47.5釣ったという。ちょうど干潮で潮止まり、ゴミが一面に浮遊してい
たが、急いで用意を始めた。しかし、一日中その状態が続き、新聞の2
mの波予想は完全に間違っており、まったく海はざわつかなかった。
そんなことで集中が途切れ、満潮時間だが早めに辞めて帰ろうと竿を持
ったら、すぐ近くの前打ちの人の竿が弧を描いた。なんと年無しだった〜
まあ、釣りのスタイルは違っていたからいいものの・・

それにしても、まったく居ないと思っていた黒様が、あんなところに居ると
は、「黒様〜あなたは気まぐれだね〜」

釣り場へ向かう途中 声を掛けていただいた人へ
私のつたないHP見ていただきありがとうございます。嬉しいです。

今日は沖防釣れていたようですよ。新聞で波が2mと書いてなかったら
私も行ったのになー
同行者 Kenichi、
日時 8月12日(金) pm7:00〜 pm10:30   (小潮)  曇りのち雨 


これでゆっくり
休めるな
だって
お魚いないもの

場所 七ヶ浜
闘魂オキアミ!ヒロキューツゥインパック
タックル ダイワ 大磯 1号、 ダイワエンブレム2500LB
ミチイト2.5号、ハリス1.7号、5B円錐浮き 水中浮き 
 3号チヌオキアミ針 ウキ下3.5ヒロ
ダイワ 前打ち 飛竜1号 5.3m リョービ メタロイヤル
釣果 メバルは釣れるのだが。
メモ 雨が降るという予報だったが、休み前に少しでも糸をたらそうとでかけた
釣りはじめはまったく雨が降っていなかったが、蒸し暑く、カッパを着たの
ので暑さ倍増だった。今夜は無料で2Kg減量出来たと思えばそれでいっ
か〜帰るころに激しい雨に見舞われた。
お魚さん?ちょうどお盆なので無駄な殺生しなくて良かった良かった。
でも、ボラ掛かったときにはちょっと本命を期待したんだが・・
同行者 Kenichi、KaS
日時 8月日7(土) am10:30〜 pm5:30   (大潮)  晴れ 堤防は熱い


近くの浜は
海水浴客で
賑わっている

場所 沖防
闘魂オキアミ!ヒロキューツゥインパック & 磯ガニ  
タックル がま磯 チヌパワー競技スペシャル1号、シマノテクニューム3000
ミチイト2.5号、ハリス1.7号、3B円錐浮き 水中浮き 
 3号チヌオキアミ針 ウキ下3.5ヒロ
ダイワ 前打ち 飛竜1号 5.3m リョービ メタロイヤル
釣果 全くなにも無し
メモ 宮城では34度の高温が続いている。
お魚さんを釣るか、自分が倒れるか・・勝負!
てなことは無いが、今日は海から爽やかな風が吹いて釣りやすかった
              と、しておこう〜
コマセを少なく作った今日、魅力的なサラシが私を嘲り笑う。
自虐的な釣りが続いているが、でもやっぱり釣りは楽しい。
7時間の間のほんの一瞬の緊張を求めているのだ。

 こんな
刹那的釣りをどれだけの人が理解できるのだろうか?
少なくても私のミカさん?じゃなく カミさんには理解していただけてると
思いたい。                                
よネッ

 そうそう、闘魂オキアミツインパックをリン海さんに薦められ使ってみた。
とても身がしっかりしているし、2個の開閉できるパックに入っていて小
出しに使えて、余っのはそのままパックごと冷凍保存できるのが良いよう
に思う。    
カミさんに小言を言われない優れものだ〜
ただ心配なのはB菌が(ボーズ菌)入っていないかだ。私が釣るか、それ
以上に@海さんが実釣しないことには信用が置けないな〜

シマノ テクニューム3000を使ってみた。
使い慣れていないのかもしれないが、少々使いづらかった。
私が設計者だったら改良を加えたい箇所が数カ所ある。
同行者 Kenichi
日時 7月日30(土) pm0:30〜 pm5:30   (長潮)  晴れ曇り


こんな感じの歯型
ほしいなー
昨年のですが
奥歯で咬んだ
ようですね。

場所 沖防
磯ガニ  
タックル ダイワ 前打ち 飛竜1号 5.3m リョービ メタロイヤル
釣果 全くなにも無し
メモ リン海さんと出かけたが、渡船の山崎で船を待っていたら、タックスさんが
予想通り?来た。
私は朝に、フカセか前打ちのどちらをやるか迷った。どちらもやりたかった
が今回は前打ち一本でやろうと予備竿も持たないででかけた。
ほかの二人はフカセでやった。海を見たら結構良い波が打ち寄せていて
サラシも程々雰囲気が良くできていた。少々悔やみが。でも・
沖防3番に上がって、5番まで探って帰って昼食食べて、1番までやって帰
って戻ったが、釣れたのはフグの一匹だけだった。カニは一度も壊されな
かった。フカセ組も不調のようだった。というか、夕方近くなったら
海水は澄んで、波がむなしく洗濯機の中のように荒れていただけだった。
同行者 タックス、リン海さん
日時 7月日29(金) pm7:00〜 pm9:30   (小潮)  曇り時々雨


こんな感じでした。

場所 七ヶ浜
イソメ  
タックル シマノ磯2号 ミチイト2.5号、ハリス1.7号、
大リチューム電気浮き 3号チヌオキアミ針 ウキ下2ヒロ
釣果 32、 30cm デカメバル
メモ 今回は夜釣りを楽しんだ。久々にSIBUさんとの釣行で、仕事の帰り際か
ら気合いは十分だったが、天候が不安定なので、イソメを買って、メバル
フッコでも釣ろう(ホントはちがうんだけど)とでかけた。
予想通りメバルラッシュだったが、しばらくメバルが釣れない時間帯があり
その時間に2枚もカイズが釣れた。 さすが2号の竿では何もしなくても浮き
上がってしまった。
その後はメバルさえも釣れなくなり納竿となった。
同行者 SIBU
日時 7月23日 (土) pm0:00〜 pm5:30   (大潮)  曇り


最高だったね
KENさん
怒濤の半日だったね
ところで、
まさひろ大王の
仕掛けって
そんなに
良いの

後で
そっと
教えて〜

場所 沖防
生イキ君2L  オキアミ3kg チヌパワーむぎ1/2  
タックル がま磯 チヌパワー競技スペシャル1号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号、
3B円錐浮き 水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下4ヒロ
釣果 38cm一枚 ソイ   KEN: 48、 41、 39cm
メモ 今日は特別な釣りとなった。海の日に亡くなったまさひろさんの供養のた
め出かけた。釣る前に、海へまさひろさんの大好きなお酒と庭から摘ん
だ小さな花を捧げた。
(花は似合わない男だからね
私は形見としてまさひろさんが生前使っていた愛竿をいただいた。
出来ればこの竿で釣り上げたい!と気合いが入っていた。KENさんも
帽子(写真の)、仕掛けセットなどで挑んだ。Kenichiさんは、自前の新調
した目も飛び出る@@リール。それぞれが海を見てさらに気合いが入った
に違いない。

 しかし、そのファイトがすぐ訪れるとは!
Kenichiさんがバラシタ〜とKENさんに右目で目配せしてる間に、KENさん
の竿が弧を描いた。後の話だが、この一枚だけは絶対バラシてなるもの
か!と思ったらしい。
それからまもなく私の竿にヒットした!。私もこのときばかりは気合いが入
った。周りに誰もいないことが分かっていたので、
「まさひろさん〜やった
よ! 絶対獲るぞ〜」
 と大きな声を出してタモ入れした。
普段なら何ともない取り込みだが、今回だけは、ゲットしてからも涙が湧
き出た。
悔しいよ!なんで俺がこの竿で釣らなければならないんだよ!
終盤にKENさんにビッグヒット(遠目からでもそれと分かった)
まさひろ大王は 嵐を呼ぶ男!大王の呪い!B菌!と さまざまな呼び名
がある。今回はすべてそれを我々の手で払拭した。どっかの誰かもゴル
フで優勝したと言うことだから、ましゃひろ大王は天国でかなり機嫌良い
に違いない!
 私は回りに誰もいないことを良いことに、偲ぶ会でみんなで歌った
「乾杯」を何回声を出して歌ったことか、・・・・
涙付きでね。

とは言ってもね。人生いろいろ 成るように成るのが世の常。
供養もしたし、明日からは平常モードの釣りにもどるぞ

              普段のAPTにもどるぞ〜

そうそう、来年からは海の日に「伊達
カップ」でも開催して、みんなで
楽しく まさひろ大王を偲びますかね。
           でもねーAPTは釣りに夢中になるからなー

駐車場で待っていてくれたTURUさんが、朝38一枚あげたと連絡が入っ
た。 タックスさんは38cm釣って帰るところだった。みんなやってるね〜
同行者 KEN、Kenichi、
日時 7月18日 (月) am4:00〜 am9:30 (中)  晴れ


最高に輝いている
よ!
まさひろさん


詳しくは
惜別のページで

場所 奥松島 波島
生イキ君2L  オキアミ3kg チヌパワーむぎ1/2  
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3B円錐浮き 水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下3.5ヒロ
釣果 無し
メモ  海の日だった。波島に渡り釣りを始めたら、友人のまさひろさんが急逝さ
れたとの訃報が入り、すぐに中止した。
 
伊達藩メンバーだったまさひろさん  謹んで哀悼の意を表します。
同行者 Kenichi、KaS、MIURA
日時 7月16日 (土) pm0:00〜 pm5:30  (若潮)  晴れ



なかなかの
ファイトマン

場所 沖防
生イキ君2L  オキアミ3kg チヌパワーむぎ1/2  
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3B円錐浮き 水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下3.5ヒロ
釣果 43.5、 38cm 
メモ フカセもしたいし、前打ちもしたい。両方のタックルを用意して沖防へでか
けてみた。海を見たら、これはフカセの方が楽しそうだ!と判断しすぐコ
マセを用意した。サラシはエメラルドグリーンで私の大好きな色となってい
た。始めるとすぐ38cmがヒット!それから終盤にソイのような引きで、テ
トラに入り込む引きがあり、でっかいソイと判断し、強引に引き出したら、
なんと真っ黒い本命君だった。その後もっと釣れる感じがしたがなかなか
渋かった。
同行者 Kenichi、KaS
日時 7月9日 (土) am4:00〜 am11:30  (中潮)  曇り 


やったね!
詳しくは
波島遠征

場所 奥松島 波島
生イキ君2L  オキアミ3kg チヌパワーむぎ1/2  
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3B円錐浮き 水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下3.5ヒロ
釣果 41cm KEN:37 SIBU:33cm 
メモ 以前から三浦さんの誘いを受けていた奥松島の沖磯釣りへでかけてみた
今まで行きたいと思っていた場所なのですぐお誘いに応じた。
等の三浦さんは都合で行けないとのことだったので、KENさんに渡船屋と
の交渉をしていただいた。彼はいつもいろんな事教えてくださるのよ、
                 有り難う!
私らが乗りたい島は具体的に無かったが、KENさんが船頭と交渉し、波島
へ5人で上がることにした。
    伊豆以来の本格的磯だな〜。
波島は超一級の島として全国的にしられた昔から有名な磯場だ。
実はその波島へ立つ事が出来ても、実際どこでどう釣るかまったく勉強
していなく、船降りてから、一人先頭に行った北磯の方へ全員向かった。
私はノコノコして一番最後にいったものだから、どこにも立つ場所が無く
先頭の北磯へ立った知らない人へ恥をかえりみず声を掛け、「あとはど
の辺が良いの?」(^^; で、東側か灯台周りが良いとのこと。暗い山道を
戻ってその場所を探し歩いた。で、たどり着いた場所が東の磯だと思うが
北磯とは違って絶好のサラシが出ていた。
(波島は外洋に面してる島なのだ)
どこでも釣れそうでその選定に迷った。(しっかり本を読んで来るんだったと反省) 
この広い磯場に自分一人なので、ドキドキわくわくマヨマヨアセアセ
とりあえず左右がワンドになっていて、その真ん中に飛び出している岩場
に立った。私の前は、波がぶつかり細かい泡をたっぷり含んだ潮がフワフ
ワしていた。
 やっと竿をだしたころ、「どう?釣れた〜こっちは2枚よ〜」のコール
そっかー今日は釣れるんだーとの思いで、竿持つ手に気合いが入る。
その瞬間、浮きが消し込んだ、・・手応えは確かに黒鯛、磯場の何度も深
く潜るやりとりを味わいたかったが、なんなく浮いてしまい、ちょっと期待は
ずれでタモ入れをした。でも最高に嬉しい!
その後KENさんが近くへ来て、得体の知れない大物をバラシ、その後は
40のアイナメを釣ったが、明るくなるにつれてまったくアタリが無くなった。
餌取りがいなくてとても良かったが、もう少しアタリがほしかった。
波島の写真を多く撮ったので、とりあえず遠征の場所へUPしておく。
ただし、カメラの設定が悪かったので画像荒れてるのよ〜我慢して見て
同行者 KEN、SIBU、KaS、石川(磐城)さん
日時 7月2日 (土) pm0:30〜 pm5:30  (長潮)  曇り 風強


この勝ち誇った

お見事〜

場所 沖防
生イキ君2L  オキアミ3kg チヌパワーむぎ1/2  
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
5B円錐浮き 水中浮き 3Bガン玉 3号チヌオキアミ針 ウキ下3.5ヒロ
釣果 無し、 KEN:33 Kenichi:37cm 一枚
メモ 天気が不安定だったので雨があがってるのを確認してから午後の沖防へ
でかけてみた。
 向かい風が非常に強く、道糸が風で戻され、仕掛けの調節がうまくいか
なかった。浮きを5Bに代え3B重りを打ってやっと潮に馴染み始めた。
風が吹けば波は出るのは当たり前で、とても感じのいいサラシが出ていた
ただ、水の色が冷たそうな感じがした。
今日は一度もあたりが無く、餌も取られなかった。
 そんな中で、KEN,Kenichiのご両人はしかりゲットした。
でも小さいから安心。というのも、「そろそろ今日あたり年無しクラスを釣り
たいねって」言いながら船に乗ったものだから、皆気合い
充分だったのよ〜
 それにしても、今日は新北が調子良かったようだ。
浮きがシューと入るような活性があがることを期待したい。
ここ久しくそんな楽しい釣りをしてないなー  
・・・・シューッ・・・
同行者 KEN、Kenichi、KaS、RIN海さん
日時 6月25日 (土) am3:00〜 pm0:30  (大潮)  晴天


2005伊達カップ

場所 沖防
生イキ君2L  オキアミ3kg チヌパワーむぎ1/2  
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
2B円錐浮き 水中浮き 3号チヌオキアミ針 ウキ下3.5ヒロ
釣果 37cm 一枚
メモ 伊達カップ2005in七ヶ浜
2:30渡船で真っ暗な新北、沖防へあがり、れぞれ思い思いの場所へ散
らばった。私は沖防3番へあがり、右の方へ良いサラシを探し歩いた。
程良いサラシがを見つけたので、しばらく観察し、足場は悪いがなんと
か取り込みもできそうだったので、そこに荷物を置いてコマセを練った。
竿の準備などすべて終わり、近くのタックスさんと話をしながら明るくなるの
を待った。しかし、自分のサラシをよく見ると、わき上がる感じで、どうも餌
の安定が望めないので、もう一度いろんな場所を見て回った。
Kenichiさんに左右にサラシができて真ん中がフワフワしている場所を教え
ていただき結局そこへ移動して釣る事にした。
 朝日を左側に感じ始めた頃だ、右側から足下へ流れて来た浮きがゆっ
くり沈んだ・・型は大きくないようだけど何とかその引きを味わうことができ
た。同じように左から右へ仕掛けを流していたら、また同じ感じのアタリが
でた。今度は余裕で合わせを入れたら、さっきとはまったく違う重量感の
引き込みだ。突進をかわして一度何とか浮き上がらせ、次の突進に備えて
レバーブレーキ操作を考えて人差し指をかけたたとたん、黒鯛は私にさよ
ならの反転をして消えた。針ハズレのバラシを演じてしまった。ショック!
一度浮き上がらせたからレバーブレーキなんて考えなければ良いのだが
せっかく付いてる機能を無駄にはできないからね(^^; 
使ってみたいでしょう
その後は潮があたってまったく釣りにならなかった。
 
 伊達カップメンバーの釣果は、一日で12枚日釣れたようだが、最高寸
38.5
cm2枚を含む7枚を釣り上げた。沖防絶不調の中、なかなかの健
闘したと言って良いだろう。

 
伊達カップin七ヶ浜 2005
同行者 伊達カップ参加者
日時 6月18日 (土) am4:00〜 am11:30  (小潮)  曇り 


KENさん
先週のこれより
でかい43cmを
釣り上げた
調子いいねー

場所 沖防
生イキ君2L  オキアミ3kg チヌパワーむぎ1/2  
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
2B円錐浮き 水中浮き 3号チヌオキアミ針 ウキ下3.5ヒロ
釣果 ソイ、メバル   KEN:43.5cm 加藤:39.39 Kenichi:41のアイナメ2他
KaS:45のアイナメ他  タックス:38のアイナメ  SIBU:ソイソイソイ 他カラスの餌 
メモ 今日はダブルヘッターでお遊びだ。
まずは、来週は伊達カップだ。その下見を兼ねて沖防へ出かけた。
久々に2番へ渡船してみた、船着き場正面で良いサラシができていたので
すかさずそこを陣取った。
釣り始めてまもなく私の左目はKaSさんの竿の曲がりを捉えた。
取り込みの様子を見ていたら本命とは違った感じでタモ入れしていたので
大きなソイかアイナメだろうと確信し、余裕で眺めていたら(なぜ?)なんと
タモが曲がるほどのアイナメだった。
明るくなり底の様子が見えてきたら、お魚が潜む雰囲気がしなかったので
いろんなところで糸をたらしてみた。うねりが来て釣れそうなサラシができ
るのだがいまいち餌を安定させて沈めることができなかった。
隣の加藤さんは3枚ぐらいあげたかな〜同じサラシを左右から攻めたのに
釣果はまったく別だった。釣り方がまったく違った。
詳しくは伊達カップの時加藤さんに聞いてほしい。
私は教わってもまねはしないともうが。
 それから竿をかたずけpm4:40からベガルタの応援にでかけた。
後半41分でのベガルタ得点は仙台スタジアムが爆発したかのような興奮
の渦と化した。今日の一日は9:00終了 バターン
SIBUさん、ありがとう! KENさんお疲れ〜
え?なんで磐城の加藤さんが・・
        みんな こっちもアッチも好きね
私はあっちも好きだけど・・

 で、
伊達カップはとなると。今年は大物が釣れる当たり年のような感じだ
伊達カップでは50オーバー釣った人がいない。今回は50オーバーを釣
って、ぶっちぎりの優勝で伊達カップにぜひ有終の美を飾ってほしい。
この2週友人のバラシタ話を続いて聞いている。確かに手元までその感
触が伝わってきてるにちがいない、その感触は一生忘れないだろう。
しかし、年無しを仕留めたら、その思い出で飯が食えるのだ?
大げさやのー
できれば私が4回優勝とその50オーバーゲットでぶっちぎりたいのだが!
自作主演のドラマを完結させたいなー
 どうだろうか   参加者のみんな! 頑張って釣ってよ。 
黒鯛釣りは気合いよ〜
 今夜はベガルタ勝ってちょっとハイになってるかな 饒舌編
同行者 KEN、Kenichi、SIBU、KaS、磐城軍団  タックスさんが後から現れた。
日時 6月12日 (日) am4:00〜 am11:30  (中潮)  晴れ 


KENさん
お魚見える〜
38ぐらいかな〜

場所 新北
生イキ君2L  オキアミ3kg チヌパワーむぎ1/2  
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
2B円錐浮き 水中浮き 3号チヌオキアミ針 ウキ下3.5ヒロ
釣果 ソイ
メモ 渡船名簿に書くときから、ちょっと待てよ〜・?迷った。新北へ向かう人は
ほとんどだし、きっと釣り座は少ないだろうなあ・・他の船はとっくに2往復
ぐらいしているし、かといって沖防はうねりが強いだろうし・・??
とりあえず新北へ〜
荷物下ろしを手伝ってる間に、最初に降りた連中はさっさとポイント選定
こちらが探すときは、というより空いてるところがそこしかなく、しかたなくそ
こへ立った。そんななかでさすがのKENさん、昨日の雪辱を?あっという
間に晴らした。つづいてKenichiさん、竿がぎゅーんと弧を描き、かなりの大
物と観る、だが痛恨のバラシ。焦るー わたし
しかし、私の立ったところはゴミが集まる場所。すぐテトラに根掛かり。
かといって移動して釣る場所も無し。最悪の新北となってしまった。これで
7時間は辛すぎた。
 帰りの船は沖防を回ったが、かなりストリンガーが掛かっていた。
こんなこともある。
同行者 KEN、Kenichi、KaS
日時 6月10日 (金) pm7:00〜 pm10:30  (中潮) 雨 


雨は・・ 嫌ですネー

場所 七ヶ浜
生イキ君2L  
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
5Bリチュウム電池付き円錐浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下2.5ヒロ
釣果 メバルメバルメバルメバル、ソイ
メモ 降ったり止んだりの空模様だったが土曜天気悪そうなのででかけた。
潮の雰囲気は良く、満潮から下げに入る時間帯、浮き見る両目は緊張の 
連続(最近はかすんで見える)。
   でも〜メバル
メバルメバルメバル、ソイ
                    メバルキープで明日からメバルづくしだ〜
 Mr.タックスさんが自己新記録更新したらしい。46cm
         おめでとうございます!
同行者 KaS
日時 6月4日 (土) am11:30〜 pm4:00  (大潮) 曇り 


やっぱ
黒鯛の
引きはいいねー


渡船山崎の
新造船
レコードチャレンジャー
速いし
乗っていて
安心感がある

場所 新北堤防
生イキ君2L  オキアミ3kg チヌパワーむぎ1/2
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
2B円錐浮き 水中浮き 3号チヌオキアミ針 ウキ下3.5ヒロ
釣果 42cm一枚
メモ 今年の初渡船、新北であがり始めたので出かけてみた。
昨夜は今日の12時頃出かけようとKaS氏と話して分かれたが、今朝KEN
さんにTELしたらもう釣ったよ〜ということで急遽10時発となり、慌てて昨
夜使った仕掛けを替えて飛んでいった。
 ゴミや赤潮が接岸していて釣りづらく、さらにコマセ投入でメバルが湧い
て出て、今日は難しいな〜とあちこちポイントを探したがまったくサラシが
でないので、右から左への潮の流れに浮きを任せてテトラ際を流していた
すーっと浮きが入ったので(昨夜のすーっとよりやや早く?分かるわけな
いか)合わせを入れたらグイグイ入り込む手応え、黒鯛を確信して引き味
を堪能し、あとは大きさ・・次第に水中の中で反転、その銀鱗を確信から
確認し、次は取り込み・・右のテトラをかわし、左の沈み根への突進をか
わしやっとタモ入れ・・今年フカセ第一号君であったのでやや慎重になっ
てしまった。予定では6:00までだったが、雨や雷のため4:00で退散した
同行者 KaS      KENさんが朝の2番線で来たようだ。
日時 6月3日 (金) pm7:00〜 pm10:30  (大潮) 曇り 


こんな感じだった

場所 七ヶ浜
生イキ君3L  
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
5Bリチュウム電池付き円錐浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下3ヒロ
釣果 33cm一枚 メバル ソイ 
メモ サッカーWカップ予選のテレビ中継が始まる前にちょっとだけ夜釣りをした
くて、餌として前回の余ったオキアミを持って遊びに行ってみた。
メバルは入れ食いで釣れたので、できればメバルの釣れないような所へ
餌を投げ入れていたら、餌が残る場所があり、そのテトラの際に電気浮き
が静かに流れてていったら、
すーっと浮きが沈んだ。あら?もしや???
75%アイナメだろうと竿先をあげたら、その竿先をグイグイ引き込む感じ
まさに黒鯛特有の引きであった。深いところなのでその引き込みは最高!
ついでにサッカーも勝っちゃって最高!小笠原最高!
同行者 SIBU,KaS
日時 5月27日 (土) am4:00〜 am7:00  (小潮) 曇り 


ボッケの写真

撮ろうとしたら
カメラの
電池無し

場所 七ヶ浜
生イキ君3L  オキアミ2kg チヌパワーむぎ1/2
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
2B円錐浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下3ヒロ
釣果 無し  ソイ、ボッケ×2
メモ そろそろ釣れてもおかしくない時期に入ってきたので、朝早くから気合い入
りまくりで飛んでいったが、釣れるのはメバルだけだった。後半にはコマセ
が効いたのか、根魚が顔を出してきた。ボッケ?だと思うが、写真を撮れ
ればお魚図鑑へ載せられたのに、残念〜
風が冷たかった。海も冷たかった。我々に・・
ただ、Turuさんがボッケをボッケ汁にするとうまいよ!と言ってたので
大きいのを汁にしたら、過去に味わったことのないくらい美味しい汁だった
んーん みなさんに味わせたいな〜釣ったらやってみて、釣れたらね。
同行者  Kenichi       Turuさんが遅れてきた
日時 5月21日 (土) am11:30〜 pm6:00  (大潮) 晴れ 


オオガイ
じゃ
ないよ!

場所 七ヶ浜
生イキ君3L  オキアミ2kg チヌパワーむぎ1/2
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
2B円錐浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下4ヒロ
釣果 無し  アイナメ42cm
メモ 浮きがすーと入った。
合わせを入れると大物の引きを感じ、おもわず「釣れた〜」と声を出してし
まった。手応えは十分、以前からこの時期釣れたら大物と思っているので
この手応えならトシナシは確実、「ウシシッシーーー」 KaS氏に右目で合
図、左目・・??でっかいーーーーしーーかーーし、魚体が違うぞーーー
なんとオオガイの大物を釣ってしまったのだ。その後はご想像にお任せ・
   (オオガイをご存じない方は:上のお魚図鑑のオオガイをクリック!)
しかし、普通オオガイは仕掛けが動いたときとかの誘いで食ってくることが
多いが、仕掛けが潮に馴染んでいるときに食って来ることは滅多に無かっ
たのになー
夕まず目になりやっと右のアイナメが釣れた。
天気は申し分なかったのだが、水温がイマイチ低く、ノッコミまではもう少
しかなと感じた。
同行者 KaS、        KENさんが近くでやったがだめだったようだ。
日時 5月2日 (月) pm2:00〜 pm6:00  (小潮) 晴れ 風強


珍しく
浮きを
3回も替えた

場所 七ヶ浜
生イキ君3L  オキアミ2kg チヌパワーむぎ1/2
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
0.3〜1号円錐浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下4ヒロ
釣果 無し
メモ 今年の初フカセを楽しんできた。昨夜わくわくしながら調整した仕掛けで
藻の際をふんわり漂うように流し、いつ浮きが入ってもいいよう心の準備
をし、釣れれば50とタモの準備も万端。さーて、ちょっと強い風もなんの
その、?、じゃない、その風がやはり邪魔、道糸が暴れている。
最終兵器は1号の浮きに1号の重りを打ち、狙ったポイントで探りを入れる
これで強い風もなんのその〜
 やっぱフカセはいいねー 浮きがいつ消し込むかドキドキしながら待っ
てる、右手の竿持つ緊張感もいいねー
 たとえ釣れなくても、アタリが無くても、十分楽しめた一日だった。
同行者 Kenichi
日時 4月23日 (土) pm6:00〜 pm9:30  (大潮) 晴れ 風強


連夜の
風を釣る会!?

場所 仙台港
イソメ  
タックル ダイワ1号磯竿 ミチイト3号、ハリス1.7号、
2号チヌオキアミ針、Fujiリチューム電気浮き大、ウキ下2ヒロ
釣果 メバル5、Kas:カレイ、KEN:50フッコ、他 タックス:40、KEN:36、KaS:メジナ
メモ 昨晩強風のため思うような釣りができなかったので再トライした。
が、しかし、今夜も強風だ。残念。昨夜よりも幾分弱いとはいえそれでもか
なり強い風が吹いていた。竿先に感じるアタリを取りづらく苦戦した。
同行者 KEN、KaS    タックスさんが先に来ていた
日時 4月22日 (金) pm7:00〜 pm10:30  (大潮) 突風


またも友人から
釣ったよーん
メール届いた。
今年の発物
らしい
おめでとう!
良い型だねー

場所 仙台港
イソメ  
タックル ダイワ1号磯竿 ミチイト3号、ハリス1.7号、
2号チヌオキアミ針、Fujiリチューム電気浮き大、ウキ下2ヒロ
釣果 メバル3、アイナメ2 他     37×2、Turu:38、33、SIBU:38〜33 5枚、KaS:37、33
メモ 今週もメバルらと戯れた。風はものすごく強かったが、家にいてもGが弱い
ので応援する気が起こらない。なぜ原君を堀内監督に代えたか今でもわ
からない・・と始まるとそっちの愚痴になるのでやめるが・・そういえば連休
の楽天ゴールデンイーグルとの交流戦チケットが予約できた。さてどっちを
応援すっかなー  
さて本題だが、特記事項無し。なにせ突風が吹きすさむ中強行したので、
結果は知れてるだろう。途中で餌まで落とす始末だ〜 Kas殿 餌を恵ん
でくれて有り難う!
TURU様と釣りしたのは今年初めだ。
なんか彼は青森真鯛に浮気しそうだな〜
同行者 SIBU、TURU、KaS、 
日時 4月16日 (土) pm6:00〜 pm10:00  (小潮) 晴れ でも寒かった


今回も夜会

場所 仙台港
イソメ  
タックル ダイワ1号磯竿 ミチイト3号、ハリス1.7号、
2号チヌオキアミ針、Fujiリチューム電気浮き大、ウキ下2ヒロ
釣果 メバル、小カレイ、他    41〜36 4枚、kenichi:41〜33 5枚、KaS:37、33
メモ 日中は暖かかったが夜になって急に冷え込みとても寒い夜だった。
Kenichiさんが今年の竿出し始めなので付き合った。なんとか釣れて良か
った。手のひら大のカレイが掛かったのは驚きだ。
夜釣りではインナーロッドを使った方が楽だが、外ガイドはアタリがシャー
プに取れるからおもしろい。

友人から届いたソイメール。なんと同じ日に48cmを釣り上げたらしい。

場所は鮎川 魚を持たないとその大きさが伝わらないネーGajin殿
同行者 KEN、Kenichi、KaS、
日時 4月15日 (金) pm7:00〜 pm10:30  (小潮) 晴れ


今回も夜会!?

場所 仙台港
イソメ  
タックル ダイワ1号磯竿 ミチイト3号、ハリス1.7号、
2号チヌオキアミ針、Fujiリチューム電気浮き大、ウキ下2ヒロ
釣果 メバル、アイナメ、他     41×3、他8枚、kam:36×3、KaS:37、33
メモ 今週もメバルらと戯れた。メバルは型物、数は釣れないが竿をツンツン刺
激するアタリがたまらない。塩焼きサイズのアイナメも釣れた。
今夜は楽天野球の先行予約の日だが、せっかくファンクラブへ入っても希
望の試合はどうせ予約できないんだからと買わないことにした。でも別の
ルートで中日戦が取れたから良しとしよう。持つべき物は釣り友だ。
そんなことで今日は釣り優先と言うわけだ。
同行者 Kam、   KEN、KaSさんが遅れて参加 あんたもスキねー
日時 4月8日 (金) pm7:00〜 pm10:30  (大潮) 晴れ


今回は夜会!?

場所 新港
イソメ  
タックル ダイワ1号磯竿 ミチイト3号、ハリス1.7号、
2号チヌオキアミ針、Fujiリチューム電気浮き大、ウキ下2ヒロ
釣果 メバル、他                 45他4枚、kam:36 3枚、SIBU:36
メモ 今週もメバルらと戯れた。
風が強くアタリが取りづらかった。気温が上昇してきており、そろそろ夜釣
りも快適な時期を迎える。
同行者 Gajin、Kam、SIBU、KaS、
日時 4月1日 (金) pm6:00〜 pm10:00  (中潮) 晴れ


友人から届いた
黒鯛メール拝借
こんな写真
眺めて
悔しがって・

場所 新港
イソメ  
タックル シマノ2号磯竿 ミチイト3号、ハリス1.7号、
1号チヌオキアミ針、Fujiリチューム電気浮き大、ウキ下2ヒロ
釣果 メバル1、他                            33,30 S:36×2 33
メモ メバルなどを釣りへ行ってみたがイマイチ食いが悪かった。
水温計れば良かったかな。SIBUさんは満足するくらい釣ったようだ。
同行者 SIBU
日時 3月11日 (金) pm7:00〜 pm9:00  (中潮) 曇り後雨


やっぱ
海はいいよねー

場所 新港
イソメ  
タックル シマノ2号磯竿 ミチイト3号、ハリス1.7号、
2号チヌオキアミ針、Fujiリチューム電気浮き大、ウキ下2ヒロ
釣果 アイナメ、メバル
メモ 今日は暖かかったから海へに出てみた。
例年通り竿を出す前に御神酒を捧げ、今年の豊漁と安全を祈願した。 
手袋無しでもまったく寒さを感じない夜だ。
 メバルかベッコソイなんか釣れたらいいなーと竿を出したが、アタリが無く
いろんな所に仕掛けを投入してみた。
そんな中で今年初めての
コツンツンツングーンは30ぐらいのアイナメ
君であった。久々に竿に感じるこの感触は、いわば釣り生活のシビルミニ
マムと言ったところかな。
 ・・?・・雨?・・
それがしだいに袖口からじとーーとしみ込んで来きて、さすがこの時期に
服が濡れたら大変と早々に切り上げた。
メバルがポツポツ顔を出し始めたのでもう少しだけ釣っていたかった。
 帰りの車中では、いつもだったらブライアンアダムスかマライヤキャリー
を聴いているが、今夜は平原綾香の「ジュピター」と「明日」、アンドレ・ギャ
ニオンのせつないメロディが良いね〜
「優しい釣り師」 ワッカルカナ〜
       
ま。こんな感じで今年も釣りを始めた  よろしく!
同行者  



1999年釣行記録
2000年釣行記録
2001年釣行記録
2002年釣行記録
2003年釣行記録
●2004年釣行記録