2006年釣行記録

仙台湾で釣ったお魚図鑑(’99.4〜)  Click ! Click !

メバル ソイ クロダイ セイゴ イサキ
フグ トラギス ワタリガニ ハモ アイナメ
オオガイ アジ イナダ カレイ ドンコ
コチ メジナ カンパチ イシガキダイ 石鯛ちゃん
ホシガレイ 平アジ      

釣り場:沖防波堤 新北防波堤etc.

海はいいよねー

日時 12月31日(日)           晴れ


来年の目標は

自己新記録の
更新だぜぃ!

場所 自宅
ビール
タックル すり鉢        
釣果 甘系
メモ 昨日竿納めでもしょうと考えていたが、朝から小雪が降り、さらに昼頃に
はみぞれになったので中止した。それで今日出かけようとも考えたが、さ
すがに年の瀬に殺生はできない。それにどう考えても寒いネ!

 そんな訳で今日はおとなしくカミさん孝行した。釣りシーズンでは週末は
私の時間に使わせて頂いてるから、こんな時ぐらい家庭の良き父を演じ
なくては行けない?皆様もそうだと思うが・・(^^;

 正月の餅の話で恐縮だが、我が家の甘系餅は、あんこ、胡麻、クルミ、
さらに麦芽で作った黄粉あめ餅まで登場する。今日はその仕込みを手伝
ったが、もちろん味見は作った人の特権である。

 甘さに満たされた幸せな正月を迎えるが、さすがにネプチューン様、八
百万の神に感謝を捧げないと落ち着かないので、今日の夕方、ビールを
片手に庭に出て、海の方角、天空、それから北の方角へ、御神酒とお祈
りを捧げた。

 今年一年ありがとうございました。
                       
輝かしい佳き年をお迎え下さい!
同行者 my family
日時 12月23日(土) pm5:30〜                         晴れ  


休漁中

場所 松漁
オードブル、アルコール、サンマ寿司
タックル 無し        
釣果 2Kg増
メモ                

               メリークリスマス!
同行者                   apt                        
日時 12月16日(土) am10:30〜 pm2:00  (中潮) 晴れ


アイナメ君
来年こそは
スーパー
アイナメ君と
再会したいよ!

帰りに
七ヶ浜の蔵で
ラーメン食った
久々だ!
ラーメンも
美味しかったが
ひき肉ごはんも
美味しかった。

場所 七ヶ浜
岩イソメ、
タックル ダイワ 前打ち 飛竜1号 4.3〜5.3m リョービ メタロイヤル
アイナメブラクリ4号重り         
釣果 アイナメ12匹 、ワタリガニ1匹?
KaS:アイナメ12匹
メモ  今夜KaS氏は寝付けないだろうな〜♪
実を言うと今日は買い物でもしようとゆっくり起きた。
携帯を見たらKaS氏が釣りへ行くという、そこで私も急遽行くことになった
餌は久々に贅沢して?岩イソ1000円分買い込んだ。
いろいろ探り歩きアイナメの小型はなんとか釣れるが、30を越えるよう
な引きの良いアイナメは釣れなかった。二人で反対側から釣り始め、中
間点で交差し、情報を交換して、また離れて行った。しばらくして右遠方
にいたKaS氏が、休憩なのか、飽きて私が終わるのを待ちながら時間
調整していたのか、動かない時間帯があった。
 
人のドラマは私とは関係なく起こってる物なのだよな〜当然か!
私が餌切れで終わって竿をたたんでいたら、
「でっかいのハリス切れで
バラシタ〜」
と、第一声がこうだ。あの悔やみようだからよほど大きかっ
たのだろう、こんな釣りでもいろんなドラマがあるんだな〜これがまた
今回で今年の竿を納めようと言っていたのが、ん〜?もう一回だけドラマ
の再現を願うんじゃないのかな〜? ま、私がバラシタわけでもないし、
ネタバラシはこのようにしているのだがね。〜♪
ま、仕事で眠れないより、バラシて眠れないような、こんな不眠症も良い
のでは〜♪普通の人は経験できない事でRよ〜♪酒飲んで眠るらしいが
酒の肴の小さいアイナメ見てまた思い出すのだろうな〜♪
  
 まあ他人の感傷はこの辺で止めておき(おかげで10行も書けたが^^;
お口直しに映画の話でも・・
「プラダを着た悪魔」を観てきた。私は主演女優のアンハサウエイに一目
惚れカミさんはファッションに一目惚れ。映画を見終わって、私らの歩き
方がファッションモデルのような歩き方をしているのには苦笑い(^^:
そうだね、彼女やカミさんが喜ぶ映画だネ。
 その帰りに、料理の鉄人神田川がプロデュースする@次郎に回る寿司
を食べに寄ったら、なんと目の前に立っていた板前が学生時代バイト先
でお世話になった人だった。
30年ぶりの再会だ!いろんなドラマがあっ
たのだろうが、今日のこの瞬間また30年の時を越えて二人の
ドラマ
クロスした瞬間だった。
同行者 KaS
日時 11月25日(土) pm2:00〜 pm5:30  (中潮) 晴れ


こんな感じ

もっと型の良い
べっこうゾイだった



アイナメも
ソイと同型だった。

場所 七ヶ浜
岩イソメ、青イソメ(22日の余りだ)
タックル ダイワ 前打ち 飛竜1号 4.3〜5.3m リョービ メタロイヤル
アイナメブラクリ4号重り         
釣果 べっこうソイ:34cm アイナメ6匹 (34cm含む)
KaS:アイナメ5(34含む)、クジメ、ハゼ、
小メジナ、フグと五目釣り達成!
メモ テトラの穴探りをしたくてKaS氏と出かけた。
初めの2時間はアタリが数回、釣れたのはハゼより小さいアイナメだけ
だったが、やはり釣りは
上げの満潮近くを釣れ!という鉄則通り、時合
だろうか急におさかなの活性が上がり、アタリが出始めた。前打ち竿は
アタリが手に取るように分かるので、合わせが楽である。と小アイナメを
釣っていたら、遙か左側で竿を出していたKaS氏の竿先が入り込んでい
るではないか。それもタモ入れする前に私に左手で合図する余裕でだ〜
 
    ・・そんな私にも幸運が舞い込んできたのよ〜それが〜・・

 コンと来たので軽く聞き合わせを入れたら、確かに針掛かりしたのに
浮いてこない、根に入り込んだのか?と思うくらいの引きだ。頭を振って
る感じが分かる、しばらくその状態を保ってたら、やっと観念したのだろ
う少しずつ浮き始めた。そこでだ、左のお方にお返しを〜と、Ohhi〜と
声を掛けて、十分に円弧を描いた竿を見せつけた。gFuu〜
ソイだよん〜
    
                  黒鯛釣りは見栄っ張りだな     きっと

 立て続けに釣れたのはやや型の良いアイナメだ。これはスレで掛かり
思わず 
「40オーバー確定!」?スレの引きは倍増なのでR ちょっと残念
 ところがだ、これで収まらなかったのが
今日の上げ潮釣行だ〜
グン!と掛かり、どーんぎゅーんと走り、今度こそ
「やった40オーバー
確定!」
と竿を立てたら、なんと根に入り込んでしまった。しばらくおとな
しくしたり、糸を緩めたり、竿を振ったり、いろんな事をしたがだめで、結
局来年ご対面〜ということで潔く糸を切った。残念〜(TT)〜
 吹く風が冷たくなったので撤収とあいなった。
同行者 KaS
日時 11月22日(水) pm8:00〜 pm10:00  (大潮) くもり


先日某所で
金華鯖
金華鰺
金華鰯
を食べたが
(光り物好きなのだ)
さすが金華ブランド
おいしかった。

七ヶ浜鰺?
もちろん
これも美味しいぞ!
だがもう終盤だ

場所 sorry!
青イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 一枚、アジ:2    SIBU:2枚、アジ3
メモ 低気圧が近づき強風が吹いていたが、夜には弱まるということで出か
けてみた。
 いつもの時間より一時間も遅れて釣り場に着いたら既にGajin、SIBU
さんの両コンビが竿を出していた。アジが釣れるとのこと、急いで竿を出
したら浮き止めが壊れていることに気づき、仕掛けをセットし直した。夜
の仕掛け作りは結構面倒だ、通す糸の遠近感がイマイチ分からなくなる
しかしそこは夜釣り歴15年の経験が物を言うのでR。餌付けには電気を
付けたことが無い。ま、今日の特記事項は無しと言うことで・・
 
 今日(23日記)映画を見てきたので、その感想でも・・
 *ナチョ・リブレ
「覆面の神様」
え?そんな映画あった?と思うかもしれない。正直
私も知らなかった。カミさんに無理矢理連れて行かれただけだが(私の
50才割引特典利用のため)思わず心の拾い物をした時間となった。
修道士とレスリングのコメディーなので理屈抜きに楽しめた〜さらに
最終放映だったのでシアターホールはほとんど貸し切り状態だった。
同行者 Gajin、SIBU
日時 11月18日(土) pm5:00〜 pm7:00  (大潮) 晴れ


アジ丼
ホッカホッカの
酢飯に
アジのたたきを
たっぷり載せて
食す
これがうまいのよ!

場所 sorry!
青イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 アジ:2 KaS:アジ
メモ 気が付いたら今日も海にいた。家族がそれぞれ南の方の島へでかけた
から、必然といえばそれまでなのだが・・
 さて今日の釣りだが、やはり海は不思議である、昨夜とはまたく違った
お魚反応で、個体数も少なかったが、餌に飛びついて来なかった。
そろそろこのポイントも冬じまいなのだろう! 
大きく育てよ〜
同行者 KaS
日時 11月17日(金) pm7:30〜 pm10:30  (中潮) 晴れ


カニ
一匹だけだったが
ゆでて食べた

これが結構
いけた
網でも買って
一網打尽食か〜

場所 sorry!
青イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 一枚、メジナ、ワタリガニ、アジ:12  SIBU:一枚、アジ
メモ 気が付くと海を眺めてる。
どうしたら良いのだろう、もう中毒症状末期だv(^;^)♪?
 先日のアジの南蛮漬けが家族に好評だったので、できたらもう一回作
って食させようと出かけ、先日同様餌取りをかわしてなんとか数を釣るこ
とができた。9時過ぎにほとんど餌が無くなり、ライントラブルもあって、
早々に切り上げた。しかし、SIBUさんは遅れてきたので、当然まだやる
ようなので高見の見物となった。退屈なので、今まで不義理していた教
え娘に(^^)?メールをしてたら、sibuサンの竿が突然弧を描いた、これ
はどんな
さかなだろう?と期待した途端 よく聞く 「あ〜」 の声と共に
あんなに曲がった竿は左後方にむなしく回復していた。痛恨のハリス切
れ!
「気を付けよう油断大敵ハリスのギザギザ傷」その後はアタリはあ
るものの小魚ばかりだった。SIBU劇場はこれにてお仕舞い〜高見の
見物はジンジン冷え込んだ。
 南蛮漬けを作るに足りるアジだが、週末は家族が留守と言うこともあ
って、
一夜干しに変更した。
同行者 SIBU
日時 11月10日(金) pm7:30〜 pm9:30  (中潮) くもり


ソイは美味しい
ぞい!

黒様は
ちっちゃいかい〜
zuu〜(-.-;)


アジは
しっかり
あじしてから
針はずすのよ〜

場所 sorry!
青イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 3枚、アジ、 Gajin:3枚、アジ、 Mikami:アジ20、
SIBU:3枚、ソイ30cm×1、アジなど、 KaS:3枚、アジ、ハモなど五目
釣り達成〜  Satosi:3枚、アジ
メモ 爆弾低気が心配だったが、今夜はなんとか釣りができ、久々の夜会を
楽しんだ。1年で1回、あるいは2年で1回同行する方々が参加(@@)

 ちんちんカイズ小メジナフグメバルちゃんの総攻撃にあい、我は早々餌
切れで玉砕してしまった。あとイソメ2本残してビッグヒットしたが、痛恨
の針ハズレ〜超ショック。そんでもって餌が底を着く、再ショック〜
最後の1本を投入したら、またまた小魚軍団にしっかりと遊ばれてしまっ
た。それで、ちぎって余っていた残骸を合わせて団子に付けるも、またま
た餌取り軍団にいいようにあしらわれた。
 この時期こんなに活性が上がっているのは海水温が高いからなのだ
ろうか?だから今年は爆弾低気圧が何回も発生するのだろう・・
        と、釣りをしながら自然を感じ取るので
Rよ

 で、餌取られ組(
後ろ髪引かれ組+KaS)は早々退散し、残った4人は
餌取りをかわし、さて?、何を狙っていたのか〜hum ham ・・   ?(・・)?

 あれ?これって正式には、
ハモだっけ穴子だっけ?
同行者 Gajin、Mikami、SIBU、KaS、Satosi
日時 11月3日(金) pm4:30〜 pm7:00  (大潮) 晴れ



アジ君の
元気度100


飲まれた針を
はずすが
指はその鋭い
歯で
傷だらけ

場所 sorry! th2
青イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 アジ:20匹 最大24cm、  とても可愛いちんちんカイズ:2 (リリース)
メモ 十三夜、綺麗な月明かりの下この海を独り占め!
久しぶりに静かな夜だった。
 日中は
神さん孝行し、夜だけは私の時間にさせていただいた(^^;
先日の掲示板に深瀬さんという方から菖蒲田浜あたりで良型の黒鯛が
釣れてるとの情報があって、コマセも半分余ってたし、久しぶりに撒き撒
き釣行をしようかとも迷ったんだが、夜時間なので、簡単釣行を決行した
 いつも賑わう湊浜だが、今夜は人っ子誰もいない不思議な日だった。
こんなに
満月がまぶしい夜なのに、みんなどうしたんだろう・・と、喜び竿
を出すが、浮き止めが割れ、セットした仕掛けを組み直す。焦る〜
だが、お魚さん正直だ!私を待っていたかのように竿先をツンツンさせる
釣れるのはアジだ。入れ食いで食ってきた。どうしてこうも人間は贅沢な
のだろう?アジ天国で良いはずなのに、次は黒だ!と期待してしまう。
 釣り師の儚い性だな〜そう容易くこの時期釣れる分けないよな?
風が北西に変わったとたんに寒くなってきたので、
びく満杯で早々に退散
したv(^^)v    明日はアジ丼と
アジの南蛮漬けを作るつもりだ。

 映画「フラガール」を観てきた。それぞれの感性があるとは思うが,私は
久々に感動した邦画だった。泣けるね〜
 皆様も

たまには神さん?カミさん釣れていって泣かせてくださいな
同行者  
日時 10月28日(土) pm0:30〜 pm3:00  (小潮) 晴れ



ツンツン伝わる
魚信はいいね〜

場所 七ヶ浜
青イソメ
タックル ダイワ 前打ち 飛竜1号 4.3〜5.3m リョービ メタロイヤル
アイナメブラクリ1号重り
釣果 小アイナメ:2 小メジナ多数 フグ多数
メモ 久々に竿を出す感覚だ〜
今日はホームグランドの釣り状況でも見に行こうと、落とし込み用の竿を
担いで(バイクに乗って)出かけてみた。それにしても居る居る。投げ竿
5本を出して居る者、浮き釣り、短竿で穴探り・・
 用意したイソメは500円分、ビール瓶ぐらい太ったアイナメ大王を釣っ
てやろうと、秘密の穴へ第一投〜?カツカツ コンコン ツンツン あっと
いう間に餌が取られる。イソメの一本掛けをやめ、3分の1で時間を稼い
だ。しかし、今日のフグ?の猛攻は凄まじく、どこへ入れても、カツカツ・・
それでもアイナメ2匹釣れたが、予想に反して、ビール瓶どころか、ヤク
ルトの大きさだった。できれば夕方までやりたかったが、餌はあっという
間に底をついてしまった。残念〜 
 でも 今日はテトラを飛び跳ね健康的な汗をかいたから○だな!

黒のシーズンも終わったし @そのうちアイナメ釣り大会でもすっかな〜
同行者  
日時 10月14日(土) pm8:00〜 pm11:00  (小潮) 晴れ


これからの時期
釣れたら
そのお魚の
引きを
楽しみたい!

場所 sorry!
青イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 5枚 フッコ50cm、40cm SIBU:4枚、アジ数匹、KaS:1枚、アジ
Satosi:アジ
メモ 少し出遅れたが、今週は金曜しかできないので、無理して出かけてみた
入れてすぐに黒鯛君がヒットした。2遠目もカイズがヒット!しばらくして竿
を撓らせたのは50はあるフッコだった。思いっきり下へ入り込んだので
これは久々のビッグヒット!?しかし、そのご左右へ走り出したので疑い
の竿先でためていたが、タモ入れして、それはやはり嬉しい外道のフッコ
と判明した。
 今夜の釣り友は、順調に
なんかのお魚を釣っていた人もいれば、後半
に当たりだした人、同じお魚しか釣れない人と、ま、なんとか楽しんでい
たようだった。
同行者 SIBU、KaS、久々の Satosi君登場
日時 10月8日(月) pm5:00〜 pm8:00  (大潮) 晴れ


明日の夕食は
アジ丼だ〜

場所 sorry!
青イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 アジ8匹、コチ、フッコ、 Kenichi:3枚、アジ5匹  KaS:1枚、アジ多数
メモ 台風16号の影響で県内は風が強く想うところへ釣りへ行けなかった。
それでも今日の夕方に風が弱まるというので出かけてみた。
アジが入れ食いで食ってきた。引きが強いのでお魚とのやりとりを楽しん
だ。
 本当なら牡鹿半島へ遠征の予定だったが、風が強かったので今回は
渋々中止とした。また次の機会にしよう。

 昨日仙台クラッシクフェスティバルで前橋汀子のバイオリン演奏を聴い
てきた。まるでG竿イソスペの竿感覚のように?繊細かつ剛性を兼ね備
えたバイオリンの音色をしっかり心にインプットしてきた。そうらん祭りな
どもあり、連休中の仙台は台風に負けなくらい賑わっていた。
そうそうチケット代は1000円、えさ代は500円 この週末はこの金額で
満足できたのだ〜さらに明日は
アジ丼を食えるぞ〜
同行者 Kenichi、KaS
日時 9月30日(土) pm5:00〜 pm8:00  (長潮) 晴れ


これが30を
越えたら
私の竿では
引き寄せられない
だろうな!

場所 THG2
生イキ君2L、イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 アジ2 フッコ   KaS:アジ、 カレイ33cm、 ??バラシ〜
メモ 金夜釣行予定が雨だったので、今日でかけてみた。
雰囲気は良く釣れる感じがしたが、どうもアタリがない。そんな中隣のKa
S氏の竿が曲がっていたので、あら早くも来たの〜と右目で注視していた
らアジ 平アジ? ?なんとかアジだった。小さいのに結構引いていた。
で、私も自分の所がだめなのでその近くへ釣り座を移動したら、第一投目
で食ってきた。引きは楽しいが魚体は小さいのでややがっかり。次こそは
と気合いを入れて投入したら、簡単には食ってこなかった。やはり回遊し
てるので、時合で釣らなければいけないのかな。その後はフッコを掛けて
黒鯛に代わる引きを堪能?して今夜は終了。
 隣のKaS氏、アタリがない中突然竿が入る姿が右目に飛び込んできた
けっこうな引き込みし、バシャバシャてるので、もしや?と竿を置いてタモ
入れ手伝いに行こうとしたら、
あ〜! と良く聞く(あなたも経験有るでしょ)悔しさ
に出す大声とともに、
竿は力無く水平を取り戻していた。
黒鯛釣り終盤でのバラシは悔しいね〜その悔しさがあるから黒鯛釣りは
続くのよ〜
同行者 KaS
日時 9月23日(土) pm6:00〜 pm9:30  (大潮) 晴れ


やはり私は
黒鯛君の
元気な
引きが
好きだな〜

場所 THG1
生イキ君2L、イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 33,30cm 他メバル20匹   Kenichi:メバル
メモ 台風14号が三陸はるか海上を通過するというので高波を心配したが、
満潮から下げに入ったためか幾分波もおさまったようだ。
 それでもいつも立つ場所では波が被っていたので、そこを避け、波の
穏やかな場所に釣り座を構えた。安全第一だからね!
 昨夜はオキアミに興味を示したようだが、今夜は波でオキアミが踊るせ
いかあまりアタリがない、そこでイソメにチェンジしたとたん黒鯛君は食っ
てきた。お魚は気まぐれネ!
 Kenichiさんはマナーの悪い釣り人に腹を立てただけで終わったようだ。
夜釣りしているのにヘッドランプで仕掛け投入場所を照らすという、なん
という初心者なのだろうか、そんなんだったら昼間やったら〜と言いたい
わたしらは餌付けるのにも電気を付けないが・・

 釣りの途中で中国からオジャマメールが飛び込んできた。
足裏マッサージや@@マッサージを受けながらじゃないの〜
@@でキャスとしちゃ や〜よ〜  それにしても、釣りしながら海外とで
交信できるんだから便利な世の中になったものだ。

 
今夜は嬉しいことがあった。
娘が私の釣った魚を捌いてくれた。中学校でサンマの捌きを習ったらし
いが、包丁の先が左手に向かってるその手つきを見ていられなかった。
それでもメバル20枚を3枚におろし、明日のメバルフライ用に仕上げた
父が漁をする、それを家内の誰かが捌いて調理する、
理想型なのだが・
同行者 Kenichi
日時 9月22日(金) pm8:00〜 pm10:00  (大潮) 晴れ


もう少しでっかい
ヨネ
SIBUさん!

場所 THG1
生イキ君2L、
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 33,32,30cm 他カイズ4、   SIBU:33cm2枚 他リリース
メモ 今夜は爆釣モード?
なんたって久々の引きだからもう最高の夜となった。
それにしても
私は天才でR
浮きが入ったので(ちょっとよそ見していた)合わせを入れたら、竿2本先
の右根に走られたためミチイト(浮きの上の方)が根に絡み、魚の引きを
感じながらも
涙涙でミチイトを切らなければならぬ決心をし、思いっきり引
いたら案の定高切れしてしまった。そのまま仕掛けを作り直し、ロストした
仕掛けの周りを攻めていた(仕掛けが絡んで欲しく)。そんな時に食って
来た奴があり、そこで2枚ほど追加した。しかし、どうしても浮きが揺れて
るのが気になりその周りに何度もキャストを繰り返した。そうしてるうちに
切れたハリスに私の針が狙い通りに絡み、少し引いたら、ロストした浮き
も変化したので、これはもしかしたらと、気合いで引いたら浮きがハズレ
そのまま引き寄せたら魚の重みもまでも感じ取れたので、慎重に
タモ入れし、お魚と電気浮きを回収できた。不思議なことに、お魚に掛か
っていた針は前の針と新しい針であった。
    まわりくどかったけど私天才 以前、沖防を波が洗い
友人の釣り道具一式流され、それを私の一号竿でキャストして、回収した
ことも有るのよ〜

 SIBUさんも久々の黒鯛の3段引きを堪能し、寡黙な二人は饒舌帰路
と相成ったわけである。中国へ旅立つ瞬間に迷惑メールを受け取った人
ご勘弁でキャス(^^;
 
もう釣り止めた止めた〜なんてもう言わない〜
同行者 SIBU
日時 9月9日(土) am3:00〜 am6:30  (大潮) 曇


でっかい
朝日を釣り上げた

場所 七ヶ浜
生イキ君2L、オキアミ2kg、 チヌパワーむぎ1/2
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3Bリチューム電池付き円錐浮き 水中浮き  3号チヌオキアミ針
 ウキ下3ヒロ
釣果 無し
メモ どうも海の感じがおかしい〜
夜が明けて気が付いたが、海面には薄く油のような膜が漂い、泡ぶくが
白く集まり、そこに大漁のボラが顔を出しながら泳いでいる。コマセを撒け
ばそこはたちまちボラボラ天国だ。そんなことで今日は釣りの話無し〜
 で綺麗な話を1つ
夜に劇団四季のコーラスラインを鑑賞してきた。前半は状況説明がながく
今朝の釣りと相俟って不覚にも寝てしまったが、後半は幾分盛り返し、ま
チケット代に値する演劇だった。カーテンコールが5回ぐらい、観客は総
立ちだったことからきっと素晴らしかったのだろう。
 で、終わって外に出たら、仙台の定禅寺通り界隈はもの凄いことになっ
ていた。そう今日は仙台定禅寺ストリートジャズフェスティバルなのだ。
ケヤキ並木の葉っぱよりも多い人が原音に群がっていた。まさに肥えた
音楽DVDに許容範囲を越えた人が群群してる状態。市民広場で行われ
ていたナイトステージを少だけ垣間観て心の貯蓄を増やして帰ってきた。
 こんな事ばっかり書いてるこの頃、釣りのことを書けって?だってお魚
居ないんだ悶絶、もう釣り止めた止めた〜
同行者 KaS
日時 9月2日(土) pm5:30〜 pm9:00  (長潮) 晴れ


ちょっと元気な
黒鯛君

場所 sirry!TH1
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 黒鯛君1枚  フッコ 1、メバル1
メモ フッコが掛かったとき初めての体験をした。
なんとリールガイドからリールが外れて、左手にリール、右手の竿でお魚
の引き込みに耐えて、不思議なことに右手はリールがセットしてあるのと
同じ感覚なのだ。だが卷けないし、お魚を自分指導型にできないのだ。
焦ってたのだろうか、2度ほどリールをはめたがその都度簡単に外れて
しまい、最後には足下でお魚にさよならまで言われる始末。普通の釣り
師はこんな体験しないだろうな。
 メバルをたくさん釣ってやろうと思いキープしたが、一枚だけでまったく
顔を出さなかった。だったらいつものようにリリースすれば良かったと反
省〜
 さて本命の話だが、なんども同じ所で餌が切られるので、辛抱強く攻め
ていたが、如何せん根が多すぎて針のロストで在庫不足?になりかけた
ので根から離してフッコ狙いに変えたりしていた。終盤になりかけたので
針の在庫処分の大判振る舞いでもしょうとまた根に近づけたら、元気な
黒鯛君を仕留めることができた。本当のことを言うと、根を攻め初めに
ちょっと大きい引き込みがあったのだ。針はずれのバラシだった。

 古代ローマ帝国でポンペイは一夜にして火山灰に埋もれた。そのポン
ペイ展を博物館に見に行った。2000年の時空を越えて私の目の中に
飛び込んできたのは金銀の宝物。まさかこんな釣りバカの私に見られて
るとはその時代に想像もしていなかっただろうな。日本で言えば弥生時代
の話なのだ。
1/60億の私が一瞬の喜びを求めて釣りしている事が、遙かな時間の
流れからすれば滑稽な些細なこと事なのかもしれない。しかし、私から
みればその瞬間が大事なのである。何事も!
同行者 Kenichi 、KaS
日時 8月27日(日) am11:30〜 pm6:00  (大潮) 晴れ


釣れなかった
夏はもう終わりか〜

場所 七ヶ浜
生イキ君2L、オキアミ2kg、 チヌパワーむぎ1/2
タックル 磯スペシャル2号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号 0.5号円錐浮き、
3Bガン玉、水中浮き 3号チヌオキアミ針 ウキ下3ヒロ
釣果 無し
メモ 今回も懲りずにコマセ撒き撒きの浮きフカセだ。やはり浮きが消し込み、
それに合わせを入れる釣りは楽しいし、プカプカ浮遊する浮きを眺めて
るその緊張感も好きなのだ。
 釣り場で、タックスさんと合った。彼は仙台では珍しい団子釣りをして
いた。消し込む浮きに合わせを入れる気合いが、いい、とてもかっこい
い、浮きの入り方もスキッとする。是非極めて欲しい。

 今回は風がきつく、ゴミも漂着して大変釣りづらかったので、湊浜一帯で
潮が出払って、ゴミが寄りついてないところを釣り歩いてみた。
結局4カ所ほど立ち止まり竿を出したが、雰囲気は良いがお魚が留守の
感じだった。バカンス中の看板でもあれば良いのだが、ま、今日も海を見
ながら運動できたから良しとしよう。
 ちょっと悔しいことを書けば、最後の場所で、潮の雰囲気が良くなって
気合いを入れて竿を操作していたら、今日初めて浮きが沈み、軽く合わ
せを入れたがのらなかった。餌はスパッと切られていたので、きっとバ
カンスを終えた黒鯛が到着したのではないかと思うが、そこで再集中し
たが・?コマセと餌が、さらには終了時間で万事休す〜であった。 次だ
同行者 Kenichi     タックスさんと遭遇
日時 8月25日(金) pm7:30〜 pm9:30  (大潮) 晴れ


久々に釣れた
けど
カイズだった

場所 七ヶ浜
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大 
釣果 黒鯛君一枚 フッコ:7匹、メバル:5  KaS:フッコ
メモ 久々に原点にもどり金夜釣行イソメDE遊んだ。
最近本命が釣れないので、今回は釣れる物はなんでもキープし食って
やろうと氷まで用意し出かけた。
さすがにイソメ威力は素晴らしい、一投事に何かのアタリがあり、最初に
顔を出したのは夜の遊び人フッコ、自分が釣られたのが分かるとジャンプ
するが、そこは百戦錬磨の私、そんなこと全く無視してグイグイ引き寄せ
なんなくタモ入れをする。その後メバル、フッコ、メバル・・・・・・
 ん?ちょっと元気な引きを感じる?釣れたのは久々の黒鯛、ちょっと
小さいが飲まれたのでキープ。  でも久々のやったーマン?  古い?

 こんな感じでたまには本気で漁をする父の姿を家族に見せつけた。
きっと、明日の食卓には、ムニエル、フライ、天ぷら・・・が並ぶであろう。
これでまた本命狙いでまた釣り遊ぶことができるかな(^^;
同行者 KaS  
日時 8月23日(水) am4:30〜 am9:00  (大潮) 曇 のち 晴れ



以前撮った写真で
勘弁してくいださい
ペコリ
ちょっと貧弱な写真
だね!

場所 七ヶ浜
生イキ君2L、オキアミ2kg、 チヌパワーむぎ1/2
タックル 磯スペシャル2号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号
3B号リチューム円錐浮き、水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下3ヒロ
釣果 無し  カンパチ君:26〜32cm 4匹
メモ 今年の夏休みはバラバラに取ったので(一応潮時表みて大潮の時が多
かったかな)禁断の平日釣行が多くなる予定???え?まだ
の〜?
 4:30では浮きが見えない、かといって電気浮きにするにも面倒なの
で根に近づけないように遠くへキャストして、押さえきれない、はやる気
持ちを竿先に集中した。
 しかし、朝日が昇り出す頃には黒鯛が顔を出すだろうな〜と思う瞬間
は10分も無かった。潮があたってすぐ根に近づき、浮きを安定さえて
漂わすことはできなかった。
 しかしのしかし、この退屈した時間に顔を出したのはカンパチ君であ
った。仙台では初秋に有る程度大きめのカンパチ君が釣れるが、これ
からは鯖なども混ざって、退屈しないで外道と遊べる時期が来て、たと
え黒鯛が釣れなくてもなんとかその引きで満足できるだろう。
今回釣ったカンパチ君の引きは2号竿でも楽しめたから、一号竿なら
結構スリルが有ると思うよ。尾長を釣る予定で買った磯スペ2号は、
カンパチでうなりをあげるのかな。どうせだたら40cm位のが欲しいな
同行者 無し  
日時 8月19日(土) pm4:30〜 pm9:30  (長潮) 曇 湿度99% 風強


こうも釣れないと
人の写真に頼るしか
方法が
ないので

場所 七ヶ浜
磯ガニ 岩イソメ
タックル ダイワ 前打ち 飛竜1号 5.3m リョービ メタロイヤル
3B重り2個
釣果 無し  KaS:黒鯛君とフッコ  
メモ 台風10号の影響で湿度99%汗腺大開放の中、前打ち竿もって、ちょっ
とだけ頑張ってみた。スポーツジムで汗を流すよりはずーと良いのだが・
 前打ちかフカセか迷ったが、今日は天候が不安定なこともあったので、
カニ餌を使った前打ちで挑んだ。初めはテトラ際を攻め歩いていたみたが
まったくお魚反応が無かったので、竿一本先にうっすら見える2個の沈み
根の間にカニ餌を投げ込んでみた。竿を最大寸に(ズーム)調整し終わ
って、さーて・・・・と構えようとしたときに
ガツーンとアタリがきた。ちょっと
の間で合わせ遅れてしまった。
     油断大敵。
遠くは竿を伸ばしてから攻めよ!ということだ。
その後は夜釣へと移行し、餌をイワイソに換えてやってみたが、2度ほど
スパッと切られはしたもののお魚はのらなかった。

 うちのカミさんに
漁獲無し警報!を発令されてしまった。子供には出が
けに「今日は黒鯛のカルパッチョ食べさせてくれるの〜」の時間差プレッ
シャー攻撃だ。 ナンテコッタ〜 もう どうにでもしてくれ〜

 そんな中釣れたのはKaS氏だけであった。もう〜あんたは偉い!
同行者 Kenichi、KaS、 森の熊さんと駐車場で遭遇 そのご一緒に釣った    
日時 8月11日(金) pm6:30〜 pm10:30  (大潮) くもり


これからの時期は
結構夜釣りが楽しい
はずだが・・

場所 仙台港
生イキ君2L、オキアミ1.5kg、 チヌパワーむぎ1/4
タックル 磯スペシャル2号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号
3B号リチューム円錐浮き、水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下3ヒロ
釣果 無し  Gajin:特大コチとハモ  SIBU:特大コチとハモ  投げ釣りか〜
メモ 久々の夜釣りに出かけてみた。
一昨日に台風7号が通過したしたので、荒れた後の爆釣を期待したが、
海は静かで、釣ってる時間帯は潮が当たってほとんど釣りにならなかった
夜のお魚といえばメバルなどが掛かるが、それすらも居なかった。
お魚にだって夏休みはあるのだろう、
ハモでもこれぐらいのが釣れたらキープでしょう。
同行者 Kenichi、Gajin、SIBU    
日時 8月6日(日) am10:30〜 pm5:30  (中潮) 晴れ 暑いより熱い


暑いよ〜
水は  ペットボトル
3本は必要ね

場所 沖防5
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2
タックル 磯スペシャル2号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号
0.5号円錐浮き、水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下4ヒロ
釣果 無し       
メモ 気が付いたらもうすっかり夏の釣りになっていた。半袖の腕に日焼け止め
を塗ったが、午前で赤くなったので、もう一度塗り直し、さらに赤くなったの
で長袖を着た。今時
黒い釣り師ははやらないもんね〜
 
 さて釣りの話だが、特記事項無し、ここ数回ストレスがたまる一方だ。
5番ではあまり糸を垂らしていないが、人が少なくポイントは選び放題で、
私の選んだ所だけはフワフワしており、お魚が居れば釣れるはずだった

別の場所で釣りをしていたKaS氏もまったくだめだったとか、今日の海は
ちょっとご機嫌斜めね。
同行者 Kenichi、    
日時 7月30日(日) am10:30〜 pm5:30  (中潮) くもり後晴れ


今日の釣果の
フグを手にして
ohh〜
サビシイ〜

場所 新北
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2
タックル 磯スペシャル2号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号
0.5号円錐浮き、水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下4ヒロ
釣果 無し       
メモ 昨日釣りへ行こうと車に乗ったら雨が降り出したので団地のお祭りに
参加した。とはいっても花火大会を見物しただけだ(^^;
 それで本日出かけたわけであるが・・
沖にするか新北にするか船に乗るまで迷ったが、波の高さが2.5mだと
いうことから、久々に新北にあがる事にした。新北では思ったより向かい
風が強く、ゴミが押し寄せ、どの場所も釣りずらく、それでも風が弱くなっ
た時間帯があり、雰囲気の良いサラシができたので、その時間は一投事
に気合いを入れていた。
が、また強い風が吹き、波も堤防まで被るように
なったので本日は終了〜。
 そんなわけで今日はつまらない釣りになった。
途中リン海さんから「沖防大物バラシ」速報が入ったが、その沖防も午後
から大波押し寄せていたらしい。

あまりにさみしい釣行記となったので昨日KaS氏が釣った
コチコチ情報
も載せますかね〜

   63、55,50cmの大漁だったと〜。マル秘ポイントらしいよ。
                         どうやって食べるのかしらね〜
同行者 Kenichi、 途中からKaS氏参戦   
日時 7月23日(日) am10:30〜 pm5:30  (中潮) くもり後晴れ


夏チヌを手にして

場所 沖防3番
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2
タックル がま磯 チヌパワー競技スペシャル1号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号
3B円錐浮き、水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下4ヒロ
釣果 無し       Kenichi:41cm
メモ W録は最近売り出しているテレビの事だが、Wショックは今日の出来事
思い出すと今でも悔しい〜
3番に渡船した時はすでにめぼしい釣り座は埋まっていた。正面の所で
なんとか竿が出せるスペースがあったのでそこでコマセ撒き撒きをして
いたが、よく見ると潮が湧いてい、そのうちゴミが近づき釣りづらくなって
きたのでkenichiさんと場所替えをした。はじめは4番の方へ探しにいった
が、どこもストレスを感じずに竿を出せる場所が無く、反対の2番の方へ
行ってみたら、人も少なく、波は被りそうだが、結構感じの良い場所を見
つけ荷物共々引っ越しをした。

 
Wショックはその後すぐ起こった。
浮きがわずかに沈み(根?)しばらくそのまま様子を見ていたら、さらに
根に絡んだように沈み込んだので、軽く引き上げたら、重量感のあるアレ
黒鯛特有の頭を動かす引きだ、グイグイ引き込むので、竿を立て、頭を
起こそうとしたが、リールが卷けない(??)どうして?上を見たら、竿が
折れていた。その間も質量感の有る引きでグイグイ悠々と引き込んでい
る。隣のKnichiさんも駆けつけて来たが、私の後ろに来たときには、根
で糸がプッツーン ハイそれま〜で〜よ〜 竿が壊れてもお魚だけはゲット
したかったな。 前日に観た村田基のルアーフィッシングのビデオの影
響かな?合わせを強くやるようなことは無かったと思うが・(^^;
 
それもここ最近にない引き込みだっただけに残念

 
次のショックはそれからすぐに起こった。今度は浮きが軽く沈んだので
前のこともあったので聞き合わせいれてみたら、はじめはメバルのような
軽い引きだったが、少し浮かせたら今度はギューンと入り込んだので、
竿先を上げたら、プッツーンと糸が切れた。糸を変えたばかりなので傷が
無かったと思うが、きっと飲まれて歯で切れたのだろう。
・というのはKenichiさんが釣ったときは、糸を張っていたのにもかかわら
ず餌が飲み込まれたと話していた。この時間帯は活性が上がっていたの
だろう、かく言うKenichiさんは気持ちよさそうに黒鯛とのやりとりを堪能
していた。夏のチヌは引きが強い
 今日はうねりがきつくて、特に後半はひっきりなしにうねっていたので
洗濯機の中に海草やビニールなどを浮かせて、そこにフワフワ仕掛けを
投入している状態なので、大変釣りづらかった。
 よく考えたら
Wショックではなくトリプルショックだったかな。 
これがあるから止められない〜次だ
同行者 Kenichi、
日時 7月22日(土) pm4:30〜 pm8:00  (長潮) くもり


メバルさえ顔を
出さなかった

場所 七ヶ浜
生イキ君2L、オキアミ1.5kg、 チヌパワーむぎ1/2
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3B円錐浮き 水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下3ヒロ
釣果 無し
メモ 朝起きたら雨のため今日予定していた沖防での釣りを中止にした。
が〜しかし、午後から雨が止んだので、近場のHGへ遊びに行った。
海は泥濁りでいまいち、時よりうねりが来ていたが、どうもお魚の活性が
落ちているようだった。
同行者 Kenichi、 同じ海の別な場所でKaS、
日時 7月14日(金) pm7:00〜 pm9:30  (中潮) 晴れ


ノッコミ終盤
なんとかフカセで
でっかいの釣りたいよ

場所 七ヶ浜
イワイソ
タックル ダイワ 前打ち 飛竜1号 5.3m リョービ メタロイヤル
釣果 無し
メモ 週末は用事のため釣りができないかもしれないから、金夜釣行決行〜
イワイソで前打ちをしてみた。夜の前打ちは前から興味があった。ただし
足場の良いところで竿を出すのはイワズモガナ!
 一回ごとに大物が顔を出すのではと竿先は緊張の連続で、メバルの引
きさえ心までゾクゾク響く。しかし、その緊張とは裏腹に重量感のある引
き込みはなかった。        
この時期 週末の休漁とは残念〜
同行者 Kenichi、 同じ海の別な場所でSIBU、KaS、
日時 7月9日(日) am4:00〜 am11:30 (中潮) 曇り時々雨


あいにくの雨
だったが
こんなに集まって
くれた。
まさひろ大王は
幸せだな

Mカップのページへ


場所 沖防3番
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2
タックル がま磯 チヌパワー競技スペシャル1号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号
3B円錐浮き、水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下4ヒロ
釣果 42cm、 アイナメ:43,40,38cm、でかメバル
タックス:41cm 他    KaS:アイナメ43cm 他 
Kenichi:アイナメ38cm
メモ 今日はMカップだ!
まさひろさんが急逝し早一年になろうとしている。昨年の海の日に他界し
た まさひろ大王 
別名嵐を呼ぶ男は伊達藩黒鯛倶楽部の草創期の中
心人物だった。その故人を偲び、Mカップとして今年からスタートした。

 今日都合がついた12名が参加した他に沢山のメール参加があった。
 朝一番の船はそれぞれの思いを乗せて静かにゆったりスタートした。
参加者のほとんどが3,4番に降り一斉に思い思いの場所へ散らばった。
始める前に、お花とお酒をまさひろさんの大好きだった海に捧げた。

 私の選んだ場所は何時もやっているところで、程良い波が来て、絶好
のサラシができていた。これはこの時間帯が勝負と、一投目から気合い
が入った。もちろん今日使った竿はまさひろさんが生前使っていたもの
だ。その竿に強い引き込みを感じたのは初めて間もない時間である。
グイグイ引き込む感触がたまらない。まさひろさんの竿が魚を引き上げ
てくれた。その後はデカアイナメが立て続けにヒット!し、テトラからその
堤防裏に掛けたストリンガーの所までの往復で心地よい汗を流した。
実を言うと、今日のコマセの3分の1はこの時合で使った。一時間で。
 私の左に陣取ったタックスさんは、その合わせが俊敏で、一回ごとに
その仕草が左目に飛び込み、今度はヒットか〜、今度こそヒットか〜と
なんども期待させられていた。ところが右の憲一さんの浮きに目が行って
いたとき、左から来た〜!との声が聞こえた。それは紛れもなく黒鯛の
引き込みで、なんどもつっこんでいるし、それに耐えるタックスさんの嬉し
さが体全体から竿先まで感じ取れる。しばらく引き味を味わった後に
タモ入れするその余裕は流石でR  それから3回はバラシタに違いない
何度も竿先が入り込んでる姿をみたが、はえ根に潜られ痛恨のハリス
切れを演じていた。
左目は羨望と安堵(^^;で屈折した潜望鏡と化した。

 それから潮が当たってきたので、朝食兼他の人の偵察に出かけた。
ちょうどこの時間帯はどの場所も潮が当たって釣りづらそうにしていた。
干潮から上げに入り、潮の回復が遅く、どうしても潮が当たって釣りづら
い時間帯が続いたが、次第に右に流れていた潮がやや左に流れ出し、
接岸していた小さなゴミも離れて始めた。しかし、既に時間は11時、中
には納竿している人もいたが、このチャンスを逃してはと、残りの30分に
気合いを集中させた。フワフワしたサラシ、フワフワ漂う浮き、これを眺め
るのがフカセの至極の時なのだ。さらに浮きがスーと入るばなおさ・・ん?
入った〜!これはラストの逆転満塁ホームラン。底からなかなか上がろ
うとしない強い引き、逃してなるものか〜と気合い十分。しかし、浮いて
来たのは43cmのアイナメ大王だった。これで切りよく納竿した。
 
 今回は山崎からのご配慮で、まさひろ賞を設けていただき、渡船割引
券とストリンガー予備装置を提供していただいた。釣り具の山崎、渡船の
山崎には感謝感謝。ありがとうございました。

 さらに今回は参加費を設け、それで優勝者には総取りで、その額にあ
った希望の品を買っていただく事とした。

・・・・・・・・・・・結果発表・・・・・・
 優勝: TOME 42cm  賞金(品物は後に)、賞品、
                             渡船券2枚ゲット!
 準優勝:タックス41cm 賞品、渡船券一枚

*いわゆる 
やってはならない 禁断の自作自宴を!
 主催者として恥ずべき事ですが、みなさんごめんなさい〜
 まさひろさんの竿が良かったのよ、
 今回は私に釣って欲しかったんですね。
帽子(
幸せを呼ぶ黄色い帽子は7年も使って、もうよれよれなのよ)
それから手袋(これも4年使って手のひらの部分が穴だらけ)を買わせて
いただきます。感謝感謝
Mカップのページへはこちら
 また来年も再会しましょうね
同行者 タックス、KEN、Kenichi、KaS、大ちゃん、jyunnya、石川、加藤、えぐち、
えぐちJr、Rin海
日時 7月7日(金) pm7:00〜 pm9:30 (中潮) 曇り


釣行2回目で
本命ゲット!
おめでとう〜


場所 七ヶ浜
生イキ君2L、オキアミ2kg、 チヌパワーむぎ1/4
タックル がま磯 チヌパワー競技スペシャル1号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号
3B円錐浮きリチューム、水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下2ヒロ
釣果 無し
メモ いつもの金夜釣行
今回は友人に松が浜のヒットポイントを教えられたので、夜釣りだけどコ
マセ用意して出かけた。しかし、その場所には既に数人立っていたので、
HGへ行ってみた。 松が浜は車で乗り付けられるので、初心者と
いうかファミリーフィシングができるので多くの釣り人で賑わっているとこ
ろだ。黒鯛も春先や荒れた日には大物が出ると聞いている。
 
 久々に夜のコマセ撒き撒きで期待値70%ワクワクドキドキ状態でコマ
セを打った。夜の釣りも結構メバルをバロメーターとしている。できるだけ
メバル君が顔を出さないところを探し歩き、さらにサラシが出ていれば最
高。そんな場所が有るにはあったが、なんも釣れないことも有るのよ・・

 そんな中、遅れて遊びに来た大ちゃんとその新弟子だが、なんと私が
帰りの挨拶に行ったときに本命をヒット、しかも新弟子の@@君が竿を
真横にして黒鯛に引っ張られていた。彼は釣行2回目の快挙である。
ビギナーズラックとも言うが、黒鯛はそうそう釣れる物ではない。しかも
夜釣りで仕留めたその才能は今後期待値85% 黒鯛釣りにハマルこと
100%でR。

 一方離れて釣っていたSIBU氏であるが、彼は大爆釣していた。イワイ
ソを餌にしてやったようだが、セイゴ、黒鯛、メジナ、でかメバルと短時間
にパッカンいっぱいに釣り上げていた。恐るべし夜の帝王SIBU!
同行者 SIBU、KaS、  大ちゃんとそのお弟子さんが遅れて来た
日時 7月1日(土) am11:00〜 pm6:00 (中潮) 曇り


来週の日曜はMカップ
よ〜


場所 沖防4
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2
タックル がま磯 チヌパワー競技スペシャル1号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号
3B円錐浮き 水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下4ヒロ
釣果 無し
メモ 天候不順でこの週末は釣りできないと思っていたが、土曜はなんとか
竿を出せた。駐車場ではRIN海さんが支度をしていた。いつもの時間に
今回は4番に渡船したら、案の定人であふれていたので、渋々3番の方
へ場所を探しながら足を進めた。結局立った所はいつもやっている辺り
で、それだったら3番に降りたら良かったかな。タックスさんがいつもの
ように先に来ていたので、今日の海の情報を教えていただいた。「周り
はあんまり釣れていなさそう・・」 しかし、今日の沖防はゴミが比較的少
なく、先週と違って釣りやすく、あとは潮の問題だろうと思っていた。

 さ〜て 
コマセ撒き巻き開始
しかし、時間と共に、潮が当たって、小さなゴミがテトラ際から離れない
ので、大きめの波が来てサラシができ、それがゴミを外側へ押しやる
場所を探した。今日も苦戦しそうなので、コマセをあまり打たないで、浮
きがプカプカ漂う場所で3時頃まで遊び、それからはゴミは次第に離岸
しはじめ、サラシも雰囲気良く出始めたので、
コマセ撒き巻き開始2R

結局真剣に攻めたのは最初に立った場所であったが、どう攻めてもお魚
が食いつかない。いつもは自分の経験しているこの潮の雰囲気では、浮
きが
すーと入るのだが、どうも奴らは警戒してテトラから出てこない。
最近の沖防の鯛は
意外にイガイ好きで遺憾でR
フカセマンが少なくなってきたかな〜
かく言う私もそのうちカニカニするぞ〜それともイガイガっか〜
同行者 KaS、RIN海     タックスさんが先に来ていた。
日時 6月24日(土) am11:00〜 pm6:00 (大潮) 晴れ


Kenichiさんは
今年は
大物に好かれて
いるようだ


場所 沖防
生イキ君2L、オキアミ3kg、 チヌパワーむぎ1/2
タックル がま磯 チヌパワー競技スペシャル1号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号
3B円錐浮き 水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下4ヒロ
釣果 無し、 夕食用のアイナメ2はキープ     Kenichi:48cm
メモ 今日は久々に日曜ゆったりしている。朝のコーヒーが美味しい
 いつもの時間帯に沖防へ上がったら、既にTURUさんとタックスさんが
4番、2番で釣っていた。挨拶し、そろぞれ釣り場の情報を聞いて、自分
の釣り座を選定した。いろんな所を見て、自分が立つところは潮加減が
良い塩梅?だった。さーて釣るか〜としてたら、Kenichiさんがタモ入れ
バラシをしたとのこと、一投目から気合いが入る。釣りはじめはアイナメ
が顔を出し、それから大きな引きでなんか掛かったが、針はずれ。高鳴
る鼓動を押さえ、その辺に手返しを繰り返したが、その後は大量のゴミ
が押し寄せ、さらに潮が当たって、まったくゴミが掃けなくなったのでその
場を離れ、新たな潮加減?を求めて、できるだけゴミが少ないとこに立っ
た。まず竿が出せなかったら釣りにならないから・・
 今日はつまらない釣りだった。フカセのおもしろさがまったくない。仕掛
けにゴミと化した海草が絡みすぐに浮きが沈む。プカプカ浮く浮きを眺
めるのが楽しみなのに、浮きに変化が有りすぎた。
 そんな中で大物を仕留めたのは右で竿を出していたKenichiさんだっ
た。やや沖の沈み根の周りがザワザワしていてゴミが寄りついて居なか
った所とはいへ、掛けてよく寄せてきたものだ。アッパレ!
 さて草ぼうぼうの庭の手入れでもすっかな〜

そうそう、7/9はDカップに変わるMカップ(やや大きめ)を開催する
予定です。AM4:00〜PM0:00 でっかいの釣った人は賞品総取り
参加費は1000円ぐらいかな、楽しみましょうよ!伊達カップ参加者に
限り参加募集します。興味有る方はメールくださいな。早々東京からは
KENおじさんが参加表明有り!
                                  私的にはCカップぐらいが好きですが(^^; 
皆様はいかがですか〜?
    M?  やっぱりね〜
同行者 Kenichi、KaS 
日時 6月17日(土) am4:00〜 am11:00 (小潮) 曇り


詳しくは
津軽遠征のページ


場所 竜飛〜平舘
イソメ
タックル Cheetah 76ML LURE:3〜21g
SIMANO TWINPOWER3000
Line:Fire Line 18lb
Leader:16lb 4ヒロ
Lure:ブラー 白、赤、金、蛍光イエロー 30〜60g  テンテン
釣果 無し、永野:真鯛50cm 小松:真鯛55cm Kenichi:真鯛30cm
金ちゃん:蛸3kg その他:ビッグなソイ、アイナメ、カレイetc・・
メモ 金曜の午後9:00に仙台を出て、高速を制限時速で飛ばし、途中買い物
を済ませて、船に乗ったのが午前4:00、今年から開業した須藤船長の
船3艘出したが、私の船には他KEN、KaS、信ちゃん、なんちゃん?が
乗った。伊達藩は分散して乗ったが、それだけに他船が気になるものだ
霧でかすんで周りが見えないが、どこからか歓声が聞こえてきて、これ
は間違いなく釣れた模様、焦る〜
釣りはじめはなんとかアタリが取れていたが、釣れたのはアイナメで、鯛
のアタリではない。しかし、隣のKENさんの竿を見ていたら、コンコン・・
ズンズン・・と明らかに鯛らしきアタリだが、痛恨の合わせミス!大きそう
だったがな〜 後ろのKaSさんは餌がスパッと切られ、これも明らかに
鯛の仕業、居る居る〜しかし、その後が続かなかった。それからという
もの、殆ど底が取れずアタリすら遠ざかった。ブラーを換えたり、テンテン
にしたり、色を変えたりいろんな事をしたが、まったくアタリが出なかった
終わり近くになり水深15m位の所に連れて行かれ、そこではアタリが取
れたが、アイナメ、ソイ、カレイの巣であった。港に着いたら、釣れていた
人が3名ほどいた。初参戦のリン海さんは始めにでかそうな鯛をバラシタ
が、その後は釣りどころではないくらいの船酔いで玉砕〜だったらしい
バラシタ話だけでもしたかったな〜
                 津軽遠征4をご覧下さい
同行者 伊達藩勇士、津軽藩勇士 あすぱむさんが戻ったら決戦だ〜
日時 6月11日(日) am11:00〜 pm6:00 (大潮) 雨 特大うねり有り  
                             水温18℃


なんとか
釣れた

このように
持つと
お魚が綺麗でしょ


場所 沖防
生イキ君2L、オキアミ1.5kg、 チヌパワーむぎ1/2
タックル がま磯 チヌパワー競技スペシャル1号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号、
3B円錐浮き 水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下4ヒロ
釣果 48cm、 他アイナメ38cm、  Kenichi:37cm アイナメ
メモ まさか今日もやるとはね〜
昨日の帰りに、今日も行くことになり、オキアミ予約を今朝の4:00に入
れた。その後眠ろうとしたがなかなか寝付けないので、昨日の釣行記を
UPした。朝から嫌な雨が降っていたので行く気が失せたが、解凍予約
したので渋々でかけた。船を待つ間に田代島をHGにしている人に声を
掛けられた。一度は行ってみたい磯場だ。
新北には既に多くの人が上がっているので、混雑を避け、うねりが強そう
だが沖防に上がった。案の定短い間隔で大きなうねりが押し寄せていた
ザブンザブンの洗濯機状態でどこでもサラシ場である。幸いゴミは20m
沖で留まってくれたので助かった。最初に立った場所はどうしても仕掛け
がフラダンスを踊る感じで(昨日と同様)落ち着いて餌が沈んでくれない
仕方なくハリスにガン玉を段打ちした(不本意だ) それでも落ち着かない
ので場所換えをした。あるもんですな〜こんな大波が来ていても、フワフ
ワしている場所が! 仕掛けを投入してもゆっくり漂う場所が!
釣れるのはお魚がいさえすれば時合の問題だと雨の中をがんばった。
昨日釣れた時間が3時頃だったので、それ以降だろうと思っていたら
やはり予想していた時間帯に浮きが消し込んだ。手前のテトラに入り込も
うとしたので、でっかいソイだろうと強引に浮かせようとしたが、どうしても
その引き込みがきつくレバーを少し解除したら、さらに竿を締め込んでき
た。しばらくその状態で耐えてたら、奴は観念して顔を出した。姿を見て
ビックリ!なんと本命も本命デップリ太った黒様だった。
口から針をはずし、ハリスを調べたらギザギザの傷が付いていた
ホッ!・・
それから一時間後、隣でやっていたKenichiさんに本命君がヒット!
慎重にタモ入れしていた(サラシがきつくてテトラの間に流されていく)
同行者 Kenichi、 
帰りの船で中澤さんと合った。ビニール袋いっぱいにお魚が入っていた
日時 6月10日(土) am11:00〜 pm6:00 (大潮) 晴れ  
                             水温18℃


おめでとう!

どうもお魚の
持ち方が
いまいちだな〜
鏡見て
研究しなくちゃね
(^^;

場所 七ヶ浜
生イキ君2L、オキアミ1.5kg、 チヌパワーむぎ1/2
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3B円錐浮き 水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下4ヒロ
釣果 43cm、 Kenichi:50cm(自己新記録更新) KaS:アイナメ15匹  
メモ Kenichiさん!自己新記録更新オメデトウございます。

山崎に電話入れたら「うねりが強くて船出せない〜」とのこと、週末釣り師
としては指くわえて波が収まるのを待てないので、HGに出かけてみた。
久々に見る大波がこちらにも押し寄せていた。波を避けられしかも
安全に釣れる場所に立った。それでも結構波しぶきを被ったが・・
 私が立った所は、うねりが収まるとフワフワしたサラシができ、それがま
た釣れる雰囲気80%〜って感じで竿をだしていた。釣れるのは時間の
問題〜と高をくくっていた。(??)
 一時間くらいたった頃であろうか、右隣のKenichiさんの竿がグイーン
と弧を描き始めた。はじめはいやー遂に来ましたね〜と眺めていたが、
それが急に竿先が入り始め、体で支え始めたので、加勢に駆けつけた。
ゴミの集団をなんとかかわして浮き上がって来たのは、久々に見る巨鯛
だ。すかさずメジヤーで計ったら50ジャストの年無し、いやーやったね〜
 今日の釣れる予想は90%に跳ね上がり、コマセ撒く手に力が入る。
しかし、どうもサラシがきつすぎ、ハリス、浮き、水中浮きがそれぞれが
フラダンス状態で餌が安定して沈まない。そんな中でテトラ際を30m位
流したアタリでわずかに浮きに変化があり、餌を確認したら、半分しっか
り切られていた。場所を変えその辺を攻めた、確かにその時間帯は
フワフワしていたが、30分もしたら当て潮となり沈み根に糸が掛かりだし
たため元の場所に戻った。とその瞬間、浮きがすーと消し込んだ!
今年発の引き込みなので、沈み根をかわし、近くのテトラをかわし、慎重
に浮かせ、タモ入れ完了〜FU〜
 2時頃からKaS氏が新竿を持って参戦。コーヒーの差し入れありがた
かった。彼はその後夜釣りへ延長したようだ。
同行者 Kenichi、KaS(途中参加)
日時 6月3日(土) am11:00〜 pm6:00 (小潮) 晴れ  
                             水温17℃


これからだ!

場所 新北堤防
生イキ君2L、オキアミ1.5kg、 チヌパワーむぎ1/2
タックル がま磯 チヌパワー競技スペシャル1号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号、
3B円錐浮き 水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下4ヒロ
釣果 無し  
メモ 新北へ朝の喧騒をさけゆっくりでかけた。朝早く来ているというTURUさん
を灯台〜先端まで探しながら歩いた。ゆくりしっかり探したにもかかわら
ず見つけることができなかった。とりあえず先端角が空いていたのでそこ
に陣取り用意していたらTURUさんが近寄ってきた。後ろ姿ではなかな
か判断できないものだと感じた。勿論メガネをすればもう少し分かったか
もしれないが(^^;
 さて釣りだが、午後から潮が動き出し、新北としては良い波が来ていた
両サイドにサラシができ、その間がフワフワしていたので右から左へ仕
掛けを流し、それを何度も繰り返した。いつ浮きが入っても良い雰囲気
があり集中力が持続できた。だが最後まで浮きは沈まなかった。

 普段釣りでは何も考え無いと言っているが、昨夜今日といろんな事を
考えた。それはテレビをかけながらボーと考えることであったり、あるい
は車で信号待ちして居る間にそうする事とは違い、浮き一点に集中して
いながらふといろんな事が脳裏に侵入してくる。このようなことは滅多に
経験できない。周りに誰も居ず静かだったからだろう。
行雲流水
同行者 TURUさんと会う
日時 6月2日(金) pm7:30〜 pm10:00 (小潮) 曇り 風強 


メバル様だ〜!

場所 七ヶ浜
オキアミ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 メバル1  小メバルは入れ食い
メモ 明日新北へ渡船するから今夜は釣りしなくても良かったが、無意識のう
ちにテトラに立っていた。
餌はイソメを買うのも面倒だから、前回余ったオキアミを使った。鯛が居
れば餌の取られ方で分かるので、その様子見に使った。実際食ってきた
のはメバルだけだった。まだ小さいが、一枚だけ大きいのが釣れたから
キープした。
同行者 KaS
日時 5月27日(土) am4:00〜 pm0:00 (大潮) 晴れ 風強すぎ 
                             水温15℃


りっぱな
アイナメ大将だ!

場所 新北堤防
生イキ君2L、オキアミ1.5kg、 チヌパワーむぎ1/2
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、4B円錐浮き、3b水中浮き、ウキした3.5ヒロ
3Bガン玉
釣果 無し アイナメ:30〜38cm 5匹 
メモ 新北へ今年の初渡船だ!
毎年そうであるが、最初の渡船は、前夜から高鳴る興奮と緊張で眠りに
つこうとする私の脳をもて遊ぶ。普段の夢枕に戻るのは2回目以降だ。
 新北では例年好調である灯台近くに陣取ることができた。
第一投から根掛かりのようなアタリがあり合わせを入れると根にグイグイ
引き込み針はずれ。何かいると期待値60%!2投目で小アイナメ、3投
目で25位のアイナメ、それぞれリリースをし、次の黒鯛に備えた。4遠目
で30位のアイナメ、さてどうしょう?リリースかキープか?最初なので水
くみバケツでキープした。5遠目で40近いアイナメが釣れたのでストリン
ガーにキープすることにした。それから入れ食い状態でアイナメ祭りが
始まり一時間は楽しめた。10打数7安打5打点3ファールってな感じ、

@しか〜し、本命様は顔を出さなかった。少なくても近くでは揚がらなか
ったようだ。 風が強いので(糸に風圧が掛かり過ぎ〕私の理想の浮きが
プカプカ浮遊する感じをつかめなかった。つまらない一日となった。風は
最大の天敵だな。海の色も水温が低いためか
色が無かった
同行した友人もそれぞれアイナメが釣れていたようである。アイナメの巣
に入った感じの釣れ方だったようで、ある人は
空き巣だった〜と落胆の
ご様子だった。

@帰りの船を待っているとMrタックス殿がいるではないか、彼もアイナメ
で遊んだようであるが、しかし我々の相手とは違って、ビッグな47cm!
これは
遊んでいただきありがとう!ってな感じになるよね〜
 これから釣れるであろうと黒様に次回の対面を誓って新北を後にした。
同行者 Kenichi、SIBU、  Mrタックスさんと会う
日時 5月20日(日) am10:00〜 pm1:00 (長潮) 晴れ 風強すぎ
                         水温16℃だった


さて
今年は
何枚釣れるのだろう


場所 七ヶ浜
イソメ
タックル シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、4B円錐浮き、3b水中浮き、3Bガン玉
ウキした3ヒロ
釣果 無し
メモ Kenichiさんが朝早くから黒鯛を狙うというので(サポート隊ということで)
昨夜遊んだにもかかわらず出かけてしまった。・・と言う書き出しの筈だ
った・・
朝釣り場の様子を聞こうとKenichiさんに電話したら「ムニュムニュ?・・
あ!」と、どうやら電話で目覚めたようで、本人は夢の中だったようだ。
せっかくコマセオキアミの準備していたようだが、今回は午後から用事が
あったようなので、そのコマセをいただき、我々だけで今年の初撒き撒き
しに出かけた。
 しかし、海はおだやかなのは良かったが、風が強すぎ、まったく釣りに
ならなかった。昨夜釣りしていて良かったよ。   
釣れないストレスたまらなくて
次回からは本気モードで攻めてみよう! 
同行者 KaS
日時 5月19日(土) pm6:00〜 pm9:00  (長潮) 晴れ 風強


ソイ、アイナメの
骨の部分、ハラスの
部分は
塩こしょうを少々
ふりかけ
焼いてから
しゃぶると
最高のお酒の
つまみになるよ
もちろん
鯛もそうだけど

場所 七ヶ浜
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 ソイ:30cm アイナメ:30cm メバル:2(久々に手の平大)
SIBU:アイナメ:30cm 他メバル  
KaS:アイナメ40cm〜30cm 6匹、ソイ:35〜30cm 3匹
メモ 久々にサッカー応援に行ってきた。なんとSIBU、KaS夫妻もご一緒だ
ザスパ草津対ベガルタ仙台だ、サポーター席で大騒ぎしながら応援して
きた。5対1でベガルタの勝利!さすが伊達藩の応援が入るとブラジル3
人衆も手が抜けなかったようだ。ベガルタ最高〜と良いながら・余裕の
為か・夜釣りの計画を試合の途中から話し出す人が現れた。
 
 と言うことで 夜の部開始〜
夜の部はKaS氏が絶好調〜どこへ投入しても何かしら釣れていた。
しかし、デカアイナメで「ん??黒鯛か?も・」なんて言葉が飛び出た。
最近近場で黒鯛が釣れだしたとはいえ、まだまだ修行がたりないな〜
と羨望鏡と化した右目を自分の浮きへ無理矢理持っていった。
遅れてきたsibu氏はすかさずアイナメをゲットしていた。
メバルの大きいのが顔を出すようになってきた。これからが楽しみだ。
同行者 SIBU、KaS
日時 5月12日(金) pm7:30〜 pm9:30  (大潮) 晴れ 無風


でかソイ
超美味よ〜
でかアイナメも
そうね
カルパッチョが
好きだね

場所 七ヶ浜
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、
釣果 ソイ:38cm 33cm 28cm  他メバル:6
SIBU:アイナメ40cm〜30)×6
メモ 車の都合で現地到着が遅れ、餌担当だったのでSIBUさんには大変ご迷
惑をお掛けした。反省
 今日は寒くも暑くもなくその上風がない絶好の夜釣り日和となった。
第一投で重く強烈な引き、しばらく竿でその感触を味わい、それでもテトラ
に入り込もうとするので強引に引き上げた。少々高いところからのタモ入
れだったのでかなりもたついてしまった。ずっしり思いタモを収納する喜び
は何度味わってもいいものだ。それから立て続けに2匹も釣れた。
 一方sibuさんは、近くのメバルを諦め遠投し始まった。何を釣るのか
としばらく様子を見ていたが、水面をバシャバシャさせながらお魚を引き
寄せていた。後でみたらアイナメを6匹も釣っていた。それもデカアイナメ
ばかりだった。帰りにソイとアイナメを物ぶつ交換した。楽しい釣りだった。
同行者 SIBU
日時 5月2日(火) pm7:00〜 pm9:00  (中潮) 曇り 寒い〜


前の写真ですが
でっぷり太った
ソイだった。

場所 仙台港
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、
釣果 ちびメバル4   
KaS:ソイ(33、30cm)、アイナメ:3、メバル
メモ 今日はとても寒く(北海道では雪が降った)、今にも雨が降り出しそう天気
ちょっと行く気を失せていたが、山崎のHP見たら、萱島でやっと黒鯛があ
がったとのこと、さらに水温も急上昇してきた・・と情報があった。これは
野球の応援どころではない(阪神鯛巨人・事後だが、見なくて良かった)
 さてなんと行っても今夜の主人公はKaS氏だ、アイナメ、ソイ、メバル
じゃんじゃん釣れていた。当の私はといえば、やっと釣れ始まったメバル
の引きを味わっていたが、やはりそこは釣り師のはかない性・・右目は
原潜級の潜望鏡と化していた。
明日からGW出かけるので早めに切り上げた。
 
今回は一度試してみたかった釣り魚のスモークに挑戦してみようと
小魚でもキープしておいた。それを見かねたKaS氏に、釣ったアイナメ
全てを恵んでいただいた。Oh〜ありがたや〜アリガタヤ〜
その報告は連休後にでもします。お楽しみに〜
同行者 KaS
日時 4月28日(金) pm7:00〜 pm9:30  (大潮) 晴れ


久々の撮影なので
ピンぼけだ〜

場所 仙台港
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、
釣果 ソイ(35cm)、アイナメ(40cm) ちびメバル1   SIBU:ソイ(超大?)
KaS:アイナメ(大)
メモ 超連休の始まりである。こんな夜は釣りに行かないで何をする!と思って
いたが、うちのカミさん「今夜車使うよ」 ギャフ〜ン
 そこは我が釣りとも、「私も行こうと思っていた」と言うことでいつものよう
に同乗させていただいた。新車に釣り道具はちょっと気が引けるが、まあ
いずれはオキアミ臭くなるって事で(^^;
 海はいつもの静けさ、どこに仕掛けを垂らしても全く反応が無い。根が
掛かり覚悟のテトラ際狙いで 遂に 遂に〜得体の知れない大物を掛け
た。奴はどんどん底へ潜り込む、それを負けじと強引に浮かせる、奴は
テトラに入り込もうとする、それを負けじと強引に引き上げる、奴は私の
気迫に力尽き、ついには海面に姿を現す、海面はザブザブバシャbシャ
いやー久しぶりの手応え、この引きを堪能しつつタモ入れをした。
ソイの巻きであった。   続いては・・アイナメの巻き〜
 大物アイナメ釣れたのは良いが、隣のKaS氏に迷惑をかけたので、こ
の話はこの辺で・・・・と書きたいがその被害者のKaS氏、後に高級ガイド
竿を注文したとか、申し訳ございませんでしたね。
竿先ボッキ!事件でした
 そんなことで我らが帰ろうとしてSIBUさんに声を掛けたら、「さっきバラ
シタ〜」と悔しそう。近くで見守って集中力をそぐのは申し訳ないので、
お先に失礼した。
  
その後に 仕留めたかどうか、夢の中でうなされたかどうか
それは月曜に話を聞こう!
同行者 SIBU、KaS
日時 4月7日(金) pm7:00〜 pm9:30  (長潮) 曇り 


メバルさえ釣れない

場所 仙台港
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、
釣果 無し   SIBU、KaS:アイナメ1 
メモ 金夜釣行にKaS氏が参戦した。・・・・・・・アンタも好きね〜♪
駐車場にタックスさんの車発見!・・・・・・アンタも我慢できないのネ〜♪
釣り場へ向かう途中早々釣りを切り上げて帰るというタックスさんと合った
風が強くて寒い事と竿のトラブルなどがあったので帰るという。海の状況
などを聞いて別れた。   今年もよろしくおつき合いくださいネ!
 釣り場近くで雑草に火を付けて暖を取ってる釣り人が居た。風が強く
延焼が心配な事と、何よりも海岸での放火行為に近い焚き火なので、
火を消しながら注意した。消防車など駆けつけたら今後静かに釣りがで
きないかもしれないので、気を付けて欲しい。
 さて釣りだが、今回は前回以上にお魚さんが居ないことを実感した。
仕掛けをどこへ投入しても まったくアタリが無かった。同行したご両人は
夜の酒の肴となるアイナメをなんとか一匹釣り上げていた。塩焼きかな?
 釣りをしている途中に突然後ろから声を掛けられた。 超驚いたが・・
一人でルアーで遊んでいたらしい。話し方から察するとかなり優しい青年
のようだ。黒鯛釣りの魅力も教えてあげたいが、ルアーも奥が深いから
そちらで大物を仕留めて欲しいものだ。
実は私の釣りは、開高健のルアーの本から始まったのだ。
同行者 SIBU、KaS
日時 3月24日(金) pm7:30〜 pm9:30  (小潮) 晴れ 最高気温10℃


早く来い来い
魚群〜

場所 仙台港
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、
釣果 ちびアイナメ1
メモ そろそろメバルが顔をだすだろう、なんたって春告魚だかれね〜♪
しかし海はふしぎである、いままでのデータではなんかしら必ず釣れていた
ものが、今日はまったくアタリが無かった。どこへキャスティングしても餌は
残り、その上餌が冷たく感じられる。お魚も冷たいが海も冷たいよね〜
そうそう、なんかさ、だれかさ、ヘルニアで入院したらしいのよ
しっかり治してから釣り始めてくださいよ。治りかけは絶対無理は禁物よ
同行者 SIBU
日時 2月25日(土) pm4:30〜 pm9:00  (大潮) 晴れ 最高気温10℃


なんとか釣れた

場所 仙台港
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、
釣果 アイナメ2 他         40(奇形なのでリリース)、 25
sibu:アイナメ2
メモ 気温が10土ぐらいだとやはり竿を出したくなる。そんな季節がすぐそこま
で確実に近づいている。
 今日はアイナメ、夜はメバルでもと思って出かけたが、アイナメのレギュ
ラーサイズは釣れたが、メバルは一度も顔を出さなかった。やはり春つげ
魚はまだ春を告げたく無いのだろう。もう少しだ。
 同行したsibuさんはボラと戯れていた。
同行者 SIBU
日時 1月29日(日) pm0:00〜 pm2:30  (大潮) 晴れ 最高気温6℃


また年無し
釣りたいな〜

場所 仙台港
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、
釣果 無し
メモ 今日は一月としては暖かい一日となった。
アレッ? と 気が付いたらテトラの上で竿をだしていた(^^;

今年の竿始めだ。まずは恒例としているネプチューンに御神酒を捧げ
てから釣り始めた。
海水が澄んでいて海の底の観察にはもってこいの状態、沈み根がはっき
りわかった。ウmuumu・・こうなってるから、アーなって、コーなって、
こう釣れるんだな〜・・こんなに澄んでいるってことは、プランクトンもいな
いのではと思いたくなるくらい生命反応が無かった。

こんな感じで今年も始まった。次はメバル釣りだな。
同行者 無し



1999年釣行記録
2000年釣行記録
2001年釣行記録
2002年釣行記録
2003年釣行記録
●2004年釣行記録
●2005年釣行記録