2007年5月26日  津軽遠征5

2007年5月26日(土)  風強 時々雨〜 青森津軽海峡竜飛平舘間



さて〜タックルを用意すっかな〜


  
まったく引かないよ〜アタリ無しだよ〜

(船酔いのため皆様の写真撮る余裕が無かったのよ!勘弁ネ)
本当は釣りに集中してたからナノよ(^^;



この試練を乗り越えてこそ
巨鯛が見えてくるんだろう〜な?
  
みんな苦戦する中、リューちゃんは55cmを釣り上げた。羨ましいね〜
5目釣り達成


=宴会の部=


民宿「味楽」にて

初めて蟹田の民宿に宿泊した。近くのよもぎ田温泉?(入浴料350円)で汗をながしてから
飲むビールは、喉にゴックンゴックンとリズムよく流れ込む。スカット爽やか〜生ビール!♪
これで本命が釣れていたらどんなにうまいことか〜     
今日は真鯛初心者4人にレクチャーするにはイマイチ説得力に欠けた釣行だったかな。

 
これがの噂のトゲクリ蟹だ!型は小さいが蟹味噌の味は最高だった。それも冷凍していた奴らしいから
 旬のトゲクリ蟹はどれほど美味しいだろう?右はアイナメ、真鯛、蛸、ホタテ、イナダの刺身だ。      
刺身は割にして冷水に30〜40分ぐらい漬けてから作るらしい。どういう訳かその身は旨さが凝縮して
コリコリとして生臭さが全くなかった。久々に美味しい刺身を食った。                    


=伊達藩観光の巻=


    
「たっぴ屋」が留守だった。記念撮影でもしよっと        「たっぴ屋」の水島夫妻を囲んで 竜飛岬の駐車場で会えた

竜飛岬の「たっぴ屋」訪問は私らの楽しみである。

一夜干しイカ、ホタテの貝柱、鮭のとば、がごめ昆布etc・・さらにビールまでもご馳走になった。
もちろん運転手は生唾を飲んだだけだが。
竜飛の強い潮風で干したイカは私は大好きで、いつも10枚ぐらいは注文して帰る。    
今度は水島船長の船に乗りたいな!、一昨年の入れ食いだった秋を思い出す。      


帯島にて、 平舘は嵐だったのにこちらは穏やかなのだ 釣りできそうだ!

   
津軽海峡〜♪〜冬景〜〜♪色の歌う石碑  と  風力発電所 だいぶ見慣れた風景になった。

十三湖で
 
しじみラーメンを食った。


おっと!?

これも食えば良かった!うっかりしていた。
ちょっと時間に押されていたからな〜   

 

日時 5月26日(土) pm0:30〜 pm5:30  (長潮)  風強 時々雨


刺身は料理の
仕方で
まったく
味が
違うことが分かった

場所 平舘沖
イソメ  
タックル Cheetah 76ML LURE:3〜21g
SIMANO TWINPOWER3000
Line:Fire Line 18lb
Leader:16lb 4ヒロ
Lure:ブラー 金 30〜60g  テンテン、ブラー、スイミングシンカー、
   鯛ラバー
釣果 無し
メモ 金曜の夜船長から「風が強いから明日は厳しいなあ」と今回幹事のSIBU
さんに電話があったが、協議の上「まずは行ってみよう!」ということにな
った。早朝の東北道をかっ飛ばし、岩木山パーキングでリューちゃんと合
流し平舘に向かった。途中蟹田の宿泊予定の民宿「味楽」から電話を入
れたら船が出るとのこと、全員の気勢が一気に上がったのは言うまでも
ない。港で船に乗る用意をしている側では、南海キャンディーズ、森三中
道場六三郎らが水産加工場でロケしていたが、我らの心はそんなことより
平舘の海を向いていた。
 風が強い中波しぶきを頭から被りながら平舘沖へ向かったが、ポイント
には船が一艘いるだけだった。

 いつものことだが、、第1投はどのルアーを使うか迷ってしまう。特に今
回はスイミングシンカー、鯛ラバーなどを新調したからなおさらで
R。
まずは底を取るために60gのブラーを使ってみた。流れが弱いようだか
ら、30gスイミングシンカー、次に90g鯛ラバー(??)コン?(^^)?軽く
竿先を上げたら、こんどはゴンゴンときたので思わず
「来たーよ〜」と声を
あげてしまった。さて、ドラッグは? 大きさは? タモは? なんっていろ
んな事を考えながら数回巻いてるうちに
スーと軽くなっり痛恨の針はずれ
をやってしまった。残念〜 と この時点では まだまだ!と軽く考えてい
たが、後にも先にも私にアタリがあったのはこの一回だけであった。残念
sibu、森の熊さんらが釣った デカアイナメ、デカカレイで船に活気が戻っ
たでたがその後さっぱりだった。 
私釣れないと船酔いも激しいでRヨ〜

今回Gajin,ABEの御大が万を辞して参加したが、津軽の海はそう簡単
には我々に真鯛を釣らせてくれないらしい。つい数時間、数日までは釣れ
ていたらしいが・・

もう一艘のリューちゃんらの乗った船もイマイチ釣果は少なかったようで
ある。しかし、こんな中本命(55cm)を釣り上げたのがリューさんだ。
彼は5目釣まで達成したようである。さすがで
Rヨ。
この船にも鯛釣りは初めてだという及川夫妻が乗り込んでいた。旦那さん
は船に乗りこんですぐに船酔いが始まってダウンしたらしいが、奥様は餌
をスパッと切られ鯛とのコンタクトを果たしたらしい。奥様に鯛が近づくの
は世の常らしい(^^; どの夫婦もそうである。よ ネ!

日曜の釣りはヤマセのため早々に中止が決定したので、近くの温泉にゆ
ったり浸かった後、民宿「味楽」で大宴会と相成った。トゲクリ蟹、鯛の刺
身、潮汁、カワハギの甘酢あん掛け、ホタテ、イナダの刺身、カレイの煮
付け、山の幸etc・・どれを取っても美味しかった。

次の日は竜飛を観光して(水島船長夫妻にはいろいろご馳走になり感謝
感謝)、十三湖でしじみラーメンを食べ、親友のあすぱむ大統領の退院祝
にみんなで顔を出し、雨の東北道を安全運転で?帰ってきた。
Fuu 〜次だ
*あすぱむさん良かったね!みごとな復活だね。
     気を抜かないで静養してください。
同行者 Gajin,abe,sibu,KEN,熊、リュー、ミキちゃん、及川夫妻