2008年釣行記録

 

メバル ソイ クロダイ セイゴ イサキ
フグ トラギス ワタリガニ ハモ アイナメ
オオガイ アジ イナダ カレイ ドンコ
コチ メジナ カンパチ イシガキダイ 石鯛ちゃん
ホシガレイ 平アジ タコ    

釣り場:沖防波堤 新北防波堤etc.

海はいいよねー

日時 12月29日(月) pm1:30〜 pm4:00  (中潮) 晴れ 寒風強  


来年もよろしく〜

場所 七ヶ浜
エビ
タックル ダイワ 前打ち 飛竜1号 5.3m リョービ メタロイヤル
4号ブlラーレッド
釣果 小アイナメ1 リリース
メモ 久々に海を見てきた。やはり海はいいね〜
昨夜から風が強く、今日の釣りを躊躇していたが、昼になって急に穏や
かになってきたので、予定通り竿納めに出かけた。
目的は海の恵に感謝と、怪我なく釣りを楽しませてもらった御礼に、ネプ
チューン様に御神酒を捧げることにある。

ツンツンとくるあたりは一回だけ、それを
ビッシとゲットしてリリース、こ
れで今日の目的終了〜

今年は黒鯛だけではなく、小あじ、小鯖などさびき釣り魅力に嵌ってしま
った。この傾向は昨年のタコ釣りあたりから変化を感じていたが、まさか
今年は小アジのツンツンあたりで釣り味を楽しむとは数年前には想像で
きなかった。これからさらに投げ釣り、ハゼ釣り・・船釣り・・等々釣りの楽
しみ増えるに違いないことは簡単に予想がつく。

が、先日の松陵APTの忘年会で、KaS氏(今年は撒き撒きして黒鯛釣り
してないはず)はやはり来年は黒鯛釣りたいと言っていたので、またお供
しなければいけないし、なによりもKenichiさんの釣った54cmを越さない
とな〜それに赤い鯛も釣りたいし〜酒田で30オーバーのアジも釣ってみ
たいし、そういえば伊豆遠征の話もでたな〜まあ来年も健康でさえいれ
ば釣りはできるだろうから、健康に注意しながら、週末釣りのために頑張
って働かないといけないよな〜・・という来年の話がでたところで、
今年もみなさま色々エロエロお世話になりました。また来年も怪我なく楽し
い釣りをしましょう!どこかであったら声を掛けてくださいよ〜
同行者  
日時 11月22日(土) pm3:00〜 pm6:00  (小潮) 晴れ 寒風寒かった 


まあタコと遭遇した
だけでも
幸せだね。

場所 七ヶ浜
タコテンヤ
タックル タコロット270 リール:攻蛸
釣果 ドンコ
メモ 穴探りをしょうとも考えたが、スタート時間が遅れたのでタコにした。
家を出る前から風が強く、釣り場でも難儀することは予想できたが、その
予想を超えるくらい風が強くしかも冷たい風、バックを持ちながらタコ探し
をしていた。夕方幾分風が穏やかになったので集中力も高まり、海底の
様子を探り歩くことができたが、夏グローブでは手がかじかんで、りーる
操作がめんどくさくなった。そんなとき(
糸を巻いたり緩めたりしないで、長くして
いた
奴は突然のってくる物だ。重さを確認しながらリールを手早く巻き上
げ、海面を一気に通過させ、
よいっしょ!と竿で引き上げた、しかし、薄
暗かったので目測を誤り、堤防の縁にぶつけ、そのまま引き上げようと
サルカンが延びて
タコポットーん〜

この連休にAさんから山形の酒田で釣りの誘いを受け同行する予定だっ
たが、週末の天気が不安定なので早々辞退した。それで閑な今日はタ
イヤを交換しそれを洗ってるところにKaS氏からお誘いメールがあった
わけで

誘った本人は穴探りをしたよいうだが、いまいち小物だけだったようだ。
同行者 KaS
日時 11月14日(金) pm7:00〜 pm10:00  (大潮) 晴れ 


スイミングシンカーで
睡眠goo〜

場所 七ヶ浜
イソメ、ブラックタイガーエビ
タックル Cheetah 76ML LURE:3〜21g、SIMANO TWINPOWER3000
Line:Fire Line 18lb
Leader:16lb 
スイミングシンカー30g
釣果 ドンコ
メモ いや〜 海 ホント久しぶり〜やっぱ海はいいよね〜

満月、無風、程良い気温 ん〜もう最高!
今回は以前マイナーチューニングしたスイミングシンカーの威力を試して
みた。実は行く直前まではタコを予定していたが、しばらく釣りから遠ざ
かていたので、
ツンツン コンコンのアタリが欲しくてイソメを買ってしまっ
た。

 睡眠グ〜?シンカーは感度が良いので、お魚が仕掛けに寄ってくるの
が解るが、イマイチヒットできなかった。まあ真鯛用の15号の針が付い
てれば当然かも知れない。
 イソメがすぐ底をついたので、ブラックタイガー登場と相成った!
一発目からお魚が群がってくるのが解る(@@)、で、釣れたのが夜の
帝王ドンコ様だった。以後ドンコ帝王とのお遊びタイムとなった夜だった・・
                         
本音を言えばはエビでタコが釣れればと・・

季節の料理ドンコ汁はとっても美味しい一品である。身は淡泊でホクホク
骨からそくっと取れる。肝はアンコウ鍋を思わせるようなコクをだす。
こう言っては何だが「醜い魚ほど味がある」は言い得ている。
御賞味あれ!
同行者 SIBU,KaS
日時 10月18日(土) am5:30〜 am9:00  (中潮) 晴れ 


ちょっとサバ
少ないじゃない〜

場所 七ヶ浜
アミ使用 アジ用サビキ
タックル シマノイソスペ2号、 ミチイト4号
釣果 アジ多数、サバ5匹 サバが少なくなってきた 
メモ 今日もサビキってきた。
アジはそこそこ釣れるが、本命のサバが少なくなってきた。型も小さく食
いつきも悪く、
サバキフィーバーは終焉か〜
一週間分の食料調達できたので(^^;タコ釣りにチェンジ!
落とし歩いて5分、釣りに関係ないこと考えていたら、(??)これは蛸
の重さだよ〜と・乗ってきた!リールはサビキ用のリールでレバーブレー
キが解除されていたので竿は上がったが、糸だけ出てしまった〜これは
大変と急いであげたらまだのっている。水面で留めないでそのまま巻き
上げよいっしょ〜と堤防に上げようとしたら、堤防の角にどっすーんとあ
たって蛸ポッチャ〜ん ♪ はいそれま〜で〜よ〜♪
蛸さし食いそびれた

サバはこれが最後だろうから、先週のしめ鯖最高に美味しくできたので
今日のはやや小振りだったが全部シメシメ〜  
なぜ鯛を捨てサバ街道をつっぱしてるか解るかな〜美味しいからに他ならない
                                          でもそれも終わりかな〜さびしい〜

 222222 HA KINENNSUBEKI SUUJIDEARUYO DAREGA GETTO DEKIRUKANA〜
同行者  
日時 10月12日(日) am5:30〜 am10:00  (中潮) 晴れ 北西の風


楽しくサビキる季節

終盤かな?

場所 七ヶ浜
アミ使用 アジ用サビキ
タックル シマノイソスペ2号、 ミチイト4号
釣果 アジ、サバ多数゙ 
メモ 今日もサビキってきた。
仕掛けを落とした途端にアジがダブルでキタ〜
次にサバがダブルでキタ〜
次にサバアジがトリプルでキタ〜
サバサバがトリプルでキタ〜 と私の2号の磯竿が悲鳴をあげる。
・・・・と・超楽しめた朝マヅメの時間帯があって。

それから沈黙の時間帯が続き 今日のサビキりパーティーは終了。

近くの釣り人の一部に、またサバか!と投げ捨てたり、堤防に放置する
奴がいる。お魚さんに傷を付けてそうされると心が痛い。海の恵みを
ありがたく畏敬の念をもって戴く、これが大事なのでは?と思う。
それよりも、美味しく食べられるサバ料理を知らないのではと言いたい。
・・・・・・と、にわかサビキ師は想うのでR
同行者 Kenichi 
日時 10月10日(金) pm7:00〜 pm10:00  (中潮) 晴れ


アジ・・アジ

美味しい

アジ

場所 七ヶ浜
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大 
釣果 カイズ3、メジナ28cm SIBU:メジナ、他? KaS:カイズ、サバ、セッパ
Satosi:カイズ 
メモ 久々に夜会を楽しんだ。
食い渋るカイズと掛け引きを楽しんだ。ちっちゃいが久々の黒鯛の引きを
味わった。私らのような優しい釣り師?に釣られる前に、早く深い海に帰
って欲しいような気もする。これが奥義
「羊頭狗肉釣法」なのであるぞよ〜

 最近の釣りはサビキる日が多くて、実は今夜もサビキって観た。結果
はまったくアタリ無しだった。サビキ針にイソメをちょい掛けしてなんとか
アタリは取れ遊べるが食いつくまでではなかった。ナイトサビキは×

実はもう一つ試してみた。餌が無くなった時のために非常付け餌が市販
されているが、その練り餌を使ってなんとか釣れない物かと、針に団子
状に付けて落とし込んでみた。結果は、まったくアタリ無しだった。しかも
団子に付けるから両手が汚れ、竿もリールも臭くなってしまった。
 正直に書くと、数年前に黒鯛釣りの付け餌としてこれを買い、少し使っ
て冷蔵庫に保管していたのだが、カミさんに何度も「冷凍庫にあるアレ!
早く処分して〜」と言われ続けていたのである。
それで今夜処分したので
あなたの冷凍庫にもそんな残り餌有るのでは〜?
同行者 SIBU、KaS、Satosi、 
日時 10月4日(土)  am5:00〜 am9:00 (中潮) 晴れ南西の風


アジ・・アジ

美味しい

アジ

場所 七ヶ浜
アミ使用 アジ用サビキ、
タックル シマノイソスペ2号、 ミチイト4号
釣果 アジ50、サバ10
メモ 釣りをして、魚を捌いて、少し横になって、野球のD対G戦を応援していた
ら(久々気合いを入れて)、同点で迎えた9回表、中村に勝ち越し3ランを
浴びてしまい万事休す!クルーンの一人舞台だった。もう釣り記録を書
く気になれないぞ〜!
首位が目前だったのに〜

 
テンション下がりーの、虚脱感有りーの、釣り疲れ有りーノ
しかしだ、今日は念願のアジを大漁ゲットしてきた。小物のため少々捌
きに時間が掛かったが、今夜はアジづくしアジアジパーティーだ〜

サビキ仕掛けを色々換えて、この場所ではどのサビキ使えるのか、アタリ
サビキを探してみた。結果は、「そこにアジさえに居れば、どれも同じ感じ
で釣れてくる」事が解った。ただ
日が昇ってからはアジがまったく釣れなく
なる。
この時間帯に釣る方法をマスターしたぞ〜これでアジは極めた。

今日のサバは、酢じめにするサイズは1本しかあがらなかった。残念!
 しめ鯖美味しいよ〜
同行者 無し 
日時 9月27日(土)  am5:00〜 am8:30 (中潮) 晴れ北西の風冷たい


実はアジも
釣りたい

だが・・・

アジのたたき
アジフライ
アジの南蛮漬け・・

場所 七ヶ浜
アミ使用 アジ用サビキ、
タックル シマノイソスペ2号、 ミチイト4号
釣果 サバ多数、アジ2、
メモ 冬型の季節風が吹き荒れ、とても寒い中サビキって来た。
前回のアタリサビキを想いのポイントへ入れたら、全くアタリがない(??
そこで、蛍光玉が付いたピンクのスキンと交換してみた。(以前サビキに
ついてネットで調べたら
「薄暗い時はピンクスキン!」とあったので)
時合なのか交換した途端釣れ始めた。それも型の良いサバ。前回より
型がUPしており、それがダブルで来たときには大変難儀したv(^^)

 しかし、サバサバ20頃でサバのアタリはぴったと止まった。たまにピン
クスキンを持っていく
いやらしい魚が居るが、その正体をつかめぬまま終
了した。終了と言うより、風が冷たく寒くてサビキってるのが嫌になった・
からだ。

先日、しめ鯖、南蛮漬け、竜田揚げ、を作ってみた。しめ鯖は塩分が多
かったがなんとか自分で作れることを確認した(今そのしめサバを食べ
ながら書いているが、??結構いけるジャン!)他の料理は文句なく
美味しく、カミさんはもちろん子供達にも好評だった。
サバは最高よ! 
もち 9〜10月はサバ強化月間だろうな〜
同行者 無し 
日時 9月23日(火)  am5:00〜 am10:00 (小潮) 曇時々晴れ


黒鯛倶楽部
みんなで
アジだ
サバだ
サビキだ〜

場所 七ヶ浜
アミ使用 アジ用サビキ、
タックル シマノイソスペ2号、 ミチイト4号
釣果 各々:サバ、アジ、メバル
メモ サビキ釣りは面白い
今日も友人とでかけた。
サビキ釣りにも、いろんな仕掛け、場所取り、潮加減?が必要で、サビキ
の種類も数多くあり、そのアタリサビキを探すのもまた面白い。

 今日は3人で堤防に横一列に並んで釣っていたが、私のサビキには
(ピンクスキン)イマイチ反応が無かったので、すぐサバスキンのサビキに
換えたら入れ食いで釣れ始めた。あまり釣れるので隣のKenichiさんにも
予備サビキを貸したら彼もすぐ釣れ始めた。左隣のSIBUさんも苦戦して
いたのでストックが無かったので貸してあげられなかったが、彼は彼なり
に仕掛けを変えてサビキ釣りを楽しんでいたようである。

実は私が釣れたのはほとんどがサバサバサバだった。型が良かったか
ら喜んで釣り上げたが、実はアジも釣りたかった。同じ仕掛けを使ってい
る右隣のKenichiさんは、着実にアジを釣り上げていたし、sibuさんも釣
れていた所を見ると、私に何か原因が!?そう、後で気が付いたが、私
の仕掛けは表層で漂わせていた。彼らは深くタナを探っていたのである。
 それからもう一つ
実は私は結構型の良いサバが釣れた。それはきっと3人の真ん中で、釣
っていて、刻々流れが変わる潮に、ちょうど左右のアミが私の所に効いて
いたからだと思う。

最近のストレスを感じない釣りは、また自分の釣りスタイルを変える事間
違い無い! 

堤防に座って、「そうでも、あーでも無い」、「ちっちゃいの、大きいの」と
談笑しながらの釣りは、釣りを始めたばかりの頃のスタイルに戻った感じ
がした。

そうそう、
アタリサビキ?何を使ったか気にならないかな? 
         ・・・・ん〜教えない。

 って言うか、まだ3種類しか使ってないから何とも言えない。
同行者 Kenichi、SIBU
日時 9月19日(金) pm7:00〜 pm9:30 (中潮) 曇


まあこんな
感じかな。

フッコはこれよりは
小さかった(^^;

場所 七ヶ浜
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大 
釣果 35,30 他カイズ、チンチン7、セイゴ4 KaS:カイズ、フッコ 
SIBU:大物バラシ2回?他
メモ 西日本に被害をもたらした台風13号は関東から遠ざかるとのことで、な
んとか釣り糸は垂らせるだろうと出かけてみた。台風前にしては無風で
波も無い穏やかな海だった。蒸し暑さは感じたが・・

やはり台風前の荒食い?か、入れ食いで食ってきた。一投目で仕掛けを
落ち着かせる前に、まるで餌を待っていたように、フッコが餌を持っていっ
た。次は30には届かないカイズが入れ食い状態で釣れてくる。フッコも釣
りたいし、黒鯛も釣りたいし、代わる代わる、テトラの際を流したり、沖目
を流したりして遊んだ。隣のKaS氏も久々の夜釣りらしいが、竿の曲がり
を楽しんでいた。遅れてきたSIBUさんは、挨拶代わりの電話で「いや〜
大物?ばらした〜」それで我々も益々気合いが入るが、時既に遅く、餌
が底を着いて終了と相成った。しかし、この時期にこれだけ釣れれば恩
の字だ!もう少しやってるというSIBUさんを残して車に乗りこんだ
同行者 SIBU,KaS
日時 9月15日(月) am5:00〜 am11:00 (中潮) 曇


サビキでこんなに
釣れたのは
初めてでR

場所 七ヶ浜
アミ使用 アジ用サビキ、
タックル シマノイソスペ2号、 ミチイト4号
釣果 アジ20cm前後20、サバ25〜30 20匹 
Kenichi:カンパチ36cm、アジ、サバ
メモ 昨日から、というより昨年のこの時期あたりから私の釣りスタイルが変わ
ってきている。最近は
ストレスなく釣りを楽しもう〜をもっとうに釣り歩いて
いる。それが昨日の釣りだし、そして今日のサビキだ!
アミ1kg(280円)、アジ用サビキ(100円) これだけでお魚さんと一日
遊べる。

サビキの袋にアミを詰めて落とすと、竿にツンツンアジの接触を感じる。
それで上げてみると型の良いアジが元気良く上がってくる。次々と入れ食
いで釣れてくるが、サバが掛かると、大きめのサバは枝針を切り取ってい
くこともあり、サビキセットを3回も取り替えた。

一方Kenichiさんは
軽ーくフカセをしていたが、サバにしては何度も底へ入
り込んで竿を締め込む魚と格闘していた。近寄ってみたら、浮いてきたの
はカンパチであった。今日は釣れれば何でもいいやーと言っていただけに
さぞこのカンパチには満足印だろう

と言うことで
釣りを楽しんだ二日間であった。当然食卓には美味しい料理
が並ぶこと間違いなしだ。
同行者 Kenichi
日時 9月14日(日) am9:30〜 pm1:00 (中潮) 晴れ雷雨 撤退


ちっちゃいけど
タコはタコ

初ゲット
おめでとう
ございます。

と自分に乾杯!

場所 仙台港
ルアー
タックル シマノ SURF READER FV405、タコテンヤ
Cheetah 76ML LURE:3〜21g、SIMANO TWINPOWER3000
Line:Fire Line 18lb
Leader:16lb 、ワーム、20gジグ
写真は(http://tome-tome7.cocolog-nifty.com/blog/の9/13)
釣果 タコ1
メモ ルアーでお魚を釣りたくて昨日マイナーチューニングしておいた。
写真は私の9/13日のココログに載せたが、ワームでアイナメ、ソイを、
ジグでイナダ、カンパチ、サバ・・を、蛸テンヤではタコが釣れれば、私の
釣りスタイルも一変する。

 以前ワームで大物アイナメ仕留めたのを目撃しているので、釣れる!
はず?と何度もキャスとした。しかし、ルアーは思いの場所へ飛んでいく
が、まったくそれの気配を感じ取ることが出来なかった。

 ジグは、ちょっとだキャスとして、これは使える!と、思ったところで止め
た。だってお魚居ない感じだ。も〜ん〜

 
蛸のお話
今日のハイライト、そう人生初のタコゲット事件発生〜♪
昨日ブログにも書いているが、昨年は疑似餌で2回ヒット、生サンマでは
まったくヒットしないから、今年は疑似餌で行こう!と昨日100円の蟹さん
を5匹買ってきてタコテンヤに結わえつけた。
タコ君近場に寄っているのかと、ルアーをひっぱて10分、?根掛かり?
もう一度そこからスタート ?根が・・オヤ(^^)?乗ってるぞぞぞ〜
超高速でリールを巻き上げ、タコの姿を確認しながら、間髪入れずに抜
きあげた(昨年はこの取り込みで2回ばらしているから)。ゲットしたタコは
500グラムの真ダコであった。

タコ料理については昨年から、釣ったら、こうして、あーして、あーやって
食べよう!と想像を巡らしていたが、今日のタコはまずは刺身で食べて
みた。匂いがきついから当然外でないとだめ!塩もみは10分以上やっ
たが、なかなかぬめりが、汚れが?取れない。内臓がどこなのかも分か
らないがとにかく頭を剥いて内部を綺麗にした。1〜2分ゆであげ、ぶつ
切りにして、ショウガ醤油とわさび醤油で食してみた。今回はショウガ醤油
に軍配が上がった。ちょうど隣から生ショウガが届いたのはラッキー

 万が一10キロの水ダコを釣ったとしよう。そうすると、その処理は途方
もなく苦労することは想像できる。食べては美味しいタコなのだがネ〜
同行者 無し
日時 9月5日(金) am11:30〜 pm5:00 (中潮) 晴れ後曇のち雨後小雨


なんかな〜
久々に
黒鯛の引きを
味わったな〜


場所 七ヶ浜 
オキアミ3kg、チヌパワーむぎ1/2 生いき君1.5パック
タックル シマノイソスペ2号、 ミチイト4号、ハリス1.7号、
5B円錐浮き 水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下3.5ヒロ
釣果 32cm一枚、 カンパチ2、アジ3
メモ 遅い夏休みを取ったので海へ出かけてみた。(計画通りだが^^;)
コマセを用意していたらmiuraさんとばったり!朝から前打ちをやっていた
らしく「まったくだめだ〜」との情報で意気消沈。しばらく今年の黒鯛釣り
談義してたら、海水に漬けた冷凍オキアミが程良く解凍できた。

潮が当たっていたが濁りがあったので少しは期待大。
仕掛けを直そうとやや竿を上げたらカンパチが食ってきた。2号の竿を
勢いよく引き込み、その引きを充分味わいタモ入れした。32cmの元気な
カンパチ君だ。続いてもう一枚追加したところで海水の色が赤っぽくなり
表面に油が浮いてきたところで魚の活性が落ちた。しばらく我慢ガマンし・

カンパチ?イナダ?まさかヒラマサ?がアジを追うのか、海面にナブラが立
つ。水面に追うその姿が現れるが、私の餌は見向きもしなかった。アジ
が釣れたときにはそのアジを追って当たってっきた。次は弓角でも投入
するかな〜

それにしても雨が降ったり止んだりの天気だった。実は前日の天気予報
では
「明日は雨」とあり釣りはできないものとあきらめていたところだった
が朝起きたら久々に太陽が顔をだしていた。それで張り切って出かけた
のにな〜カッパ着たり脱いだり もう汗タラタラ〜ン♪ 
でも楽しかった
同行者 無し
日時 8月29日(土) pm7:30〜 pm9:00  (中潮)  曇のち雷 後大雨


もち
これ以上大きいよ!


場所 七ヶ浜 
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大 
釣果 メジナ35cm一枚 フッコ2、メバル SIBU:メジナ35cm KaS:カイズ
メモ 予報では今日は雨模様であったが、夕方晴れ間になり、仕事モードから
仕事放り投げモードへ!   帰り間際に突然今夜の釣行が決まった。

現地では夜霧が立ちこめ、ムシムシして 汗だらだら 波チャプチャプ・・
所がこんな夜には何かが起こる! そう、一投事にアタリが?(^^)v
最初に顔を出したのが40位のフッコ、それからコツンコツン何度もアタリ
がある・・静かに沖へ漂う浮きが急に消し込んだ!グイグイ底へ入るので
これは絶対本命だと確信してタモに取り込んだら、45のでっぷりと太った
フッコであった。残念v(^^

それから、チンチンカイズ?だろうか、毎回餌が無くなり餌切れの心配をし
だした頃、今度は竿にコツンとアタリが来た!すかさず竿を上げたら、今
度こそ本命の引きだ!ズッシリした重さがグイグイ底へ入り込む!手前
のテトラで根切れしないよう何度かかわしてタモ入れした。
こちらもデップリとしたメジナであった。残念v(^^)v

SIBUさんも同じような大きさのが釣れた。熱帯低気圧が発生しているの
で暖流が入り込んだのだろうか?ま 釣れれば何でもいいや!

風雲急を告げるとはこのことだろう、遠くで稲妻が光り出し、ポツポツ雨が
落ち始めたので早めに止めた。ちょうど駐車場から出た頃から雨が強く
なり、それに伴って稲妻が空一面にひっきりなしに光り続け、最速ワイパ
ーでも視界が効かないくらいの土砂降りに!
 
つくづく我らは幸運者だと実感した夜だった。?(^^;v
同行者 SIBU、KaS
日時 8月18日(月) am11:30〜 pm5:00  (中潮)  晴れ


お魚さんも
夏休み!


場所 七ヶ浜 
イガイ、磯カニ
タックル ダイワ 前打ち 飛竜1号 5.3m リョービ メタロイヤル
4号前打ち針 1.7号ハリス矢引6B重り 
釣果 無し
メモ 昨日前打ち出来なかったので仙台港へ出かけてちょっとだけ遊んでみた
今日は釣りよりものんびり海で遊ぼうと、イガイ採取、磯カニ採取で楽し
んだ。磯カニは干潮では姿を現さなかったのに、満潮と共にテトラにはい
上がってきた。

 黒鯛が居ればイガイは潰されるだろうが、まったく居なかったのだろう。
磯ガニはフグに綺麗に食べられた。またそのコツコツも楽しめた。シーズン
中はフカセ釣りがメインなのでなかなか前打ちをじっくり楽しむまではい
かないので、来年はシーズン中に落とし込んでみようと思っている。軽装
で経費がかからない 気楽な釣りなのでR
同行者 Kenichi
日時 8月17日(日) am9:30〜 pm4:00  (中潮)  雨 曇り 雨


お魚さんも
夏休み!


場所 沖防3番 
オキアミ3kg、チヌパワーむぎ1/2 生いき君1パック
タックル シマノイソスペ2号、 ミチイト4号、ハリス1.7号、
5B円錐浮き 水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下3.5ヒロ
釣果 無し
メモ 沖防で遊んでみた。きっと今日が今年最後になるかも知れない。
予報では朝方雨が降るがその後は曇となっていた。予報では・・だ!
それを信じて出かけたのに、船に乗るときも雨、釣りを始めたらまた雨
雨、お魚が居ないのに雨、暑いのに雨、・・
 予定としては、 カンパチやイナダで遊んで もちろんヒラマサもOKだった
さらには、それに飽きたら前打ちで遊んでみようとまで考えていた。 しか
し今日の海は死んでいた。

*Kenichiさんはイガイ取り器考案して、その試作器でイガイを取ろうとし
 たがまったく採取出来なかった。残念!
同行者 Kenichi
日時 8月12日(火) pm4:30〜 pm9:00  (中潮)  曇り


お魚さんも
夏休み!


場所 七ヶ浜 
生いき君、イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大 
釣果 カイズ3(30cm含む)、チンチン5(飲み込まれた)、メジナ28×2
メモ フグの猛攻で餌は秒殺。それでも良くまあカイズ君が顔を出したものだ
久々に竿に負荷が掛かり満足である。チンチンはリリースしたかったが
なにぶんアワセが未熟のため飲み込まれたりしたためキープせざるを
得なかった。

KaS氏も乱入してきたが時既に遅く、アタリがぴった〜と止んで、お魚サ
ン就寝?
同行者 KaS
日時 8月2日(土) am4:00〜 pm1:00  (大潮)  晴れ後曇り


入れ食いで
黒鯛釣れないかな


場所 湊浜 沖テトラ左側
オキアミ3kg、チヌパワーむぎ1/2 生いき君1パック
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3B円錐浮き 水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下3.5ヒロ
釣果 カンパチ30cm1匹、アイナメ32cm
メモ 今日は湊浜沖テトラに初めて渡船した。
この時期近場で釣果が有るというので渡って見たが、私の立った場所は
当て潮とフグの餌取りでまったく釣りにならなかった。朝の2投目まで調
子よく”今日は釣った魚をどうしょうか?”とまで考えたくらい続けてアタリ
が来たがその後は一回も浮きが沈まなかった・

*フカセ5時間 前打ち3時間 休憩1時間*

早々にフカセを切り上げ?前打ちで遊んでみた。蟹、イガイの両方使っ
たが、今日のように活性が悪い場合は蟹が良いかと蟹を多く使ってみた
2度ほど壊されていたがフグの仕業であることはマチガイナイ!
右突端でやっているKenichiさんの所まで釣りながら様子を見に行ったら
餌取りが居ないらしく、しかもボラが浮きをシュッと持っていくと言って、
遠投しながらフカセを楽しんでいた。昨日Gかつの前打ち竿買ったという
のにな〜♪

終わってみれば、やっぱ沖堤防にすれば良かったかな〜と思う釣れない
釣り師なので
R
 
今週の月曜にえぐちさんもこのテトラ帯にあがったらしいが結果は同じだ
ったようだ。
同行者 Kenichi
日時 7月28日(月) am4:00〜 am11:00  (若潮)  晴れ後曇り


週末は釣れなかった
ようだ
海へ行ってみて
分かった

赤潮が発生していた
事も
原因
なのかもしれない


場所 七ヶ浜
オキアミ3kg、チヌパワーむぎ1/2 生いき君2パック
タックル がま磯 チヌパワー競技スペシャル1号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号
3B円錐浮き、水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下3ヒロ
釣果 カンパチ君4、イナダ君1、タナゴ1、フグ、メバル の五目釣り達成〜
メモ 早い夏休みを取ったので午前中釣りにでかけた。
HGでのんびり竿を出そうと現地に到着したら、凪で波は無く、明るくな
ってから分かったことだが、海水が赤っぽく、油がうっすら浮いていた。
これでは釣りにならないと退散し、別の釣り座でカンパチ君でも狙おうと
コマセをばらまく?(−−)?もしやボラボラボラのボラーレ!そう海面が
盛り上がるくらい大群が口を開けて待ちかまえていた。
 そんな中でも浮きは入る!アワセを入れると、フグ。次シューッと入る!
今度はスーと浮いたと思ったら、次の瞬間グイグイ黒鯛のように3弾引き
をする元気の良いカンパチ君(29,999999)であった。一号の竿で釣る
と結構楽しめる。まあ今日はカンパチ君と戯れるかと遊んでいたら、次に
掛かったのがイナダ君(30ぐらい)これは面白いと立ち上がり本気モード
に入った途端またまたボラボラボラのボラーレ! 思い出したようにカンパ
チ君が掛かったがそれが続かない。遠くで雷雲が発生し雨が降りそうな
のでコマセをボラさんらにあげて退散した。
同行者 無し
日時 7月20日(日) am4:00〜 pm0:20  (中潮)  曇


Mカップの詳しい
様子は
Mカップのページへ

場所 沖堤防4番
オキアミ3kg、チヌパワーむぎ1/2 生いき君2パック
タックル がま磯 チヌパワー競技スペシャル1号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号
3B円錐浮き、水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下3ヒロ
釣果 45cm一枚
メモ 今日はMカップだ!

 3時に松が浜黒崎丸駐車場に集合した。
そうそう その前にある人ら
のAPT話しを紹介しておこう。前日の下見釣行に沖防波堤で釣りをして
いたある3人は(名誉のため名前はふせるが)昼近くにあった震度4の
地震に遭遇した。私は即電話を入れて地震の様子を伝えたら、テトラで
感じた人2人、何も感じなかった人1人。まもなく津波注意報発令された
ので慌てて電話しテトラから上がり防波堤の裏側に避難するよう伝えた
(その後の携帯は不通となった)後で聞いた話だが、3人が帰るまで避
難を勧告するヘリ、海上保安庁の船が沖堤防に停泊していたようである
50cmと予想された津波は20cmとなり沿岸に被害が無くて良かった。

 さてMカップだが
例年だとみんなで 海の日に旅立ったまさひろ大王に献花し、お酒を振
る舞う(海へばらまく)のであるが、今回はみんな一目散に思い思いの場
所へ散らばったので、それぞれの場所でお祈りを捧げる事となった。
コマセ、仕掛け等の準備を整えて、私もお祈りをしようとしたらsibuさん
が来たので一緒に花とお酒を(我々の釣りの安全と、大漁を祈願して)
海に捧げた。まだ薄暗かったのでみんなの釣り座の様子を見にいった。

 明るくなり、釣り場はなかなか良い選定をしたと思いながら手返しを繰
り返した。だが餌は一回ごとにジャミにクチャクチャとされ今日も苦戦を
強いられると想像が付いた。餌が手元に残って帰ってきたのは2回だけ
であった。それでも時間が来ればきっと釣れるだろうと辛抱強く攻め続け
た(いつもなら集中力が持たないが、今日はずーと持続していた。ドリン
ク剤2本が良かったのかな) そのためいつもやる見回りの余裕はまっ
たくなく、ただひたすら浮きが沈むのを待っていた。今年は仕掛けで迷い
が出た年であるが、今回はフワフワ釣法に戻して挑んだ。

 11:30時。右隣の加藤さんが当て潮で休憩中、私の場所がフワフワ
と出はらい始めた。まさひろさんの愛竿がま磯一号が静かに潮を追う。
その時だ、いつもは潮が当たって戻る場所が沖へ
フワフワ流れ出し、そ
れに浮きが
フワフワ乗って出ていった。その瞬間浮きが静かに沈み込
んでいく!そう私はこの瞬間のためにフカセを楽しんでいるのだ!それ
が今年はまだ一回も無く、昔の恋人にいつか出会う儚い夢と同化して
いたのだ!

 アワセを入れ、その引き込みで黒鯛を確信し、高鳴る鼓動を抑えた右
腕は弧を描いた竿を引き上げた。しかし、栄根がきつい場所だったので
根に入り込もうと奴も必死で竿先を持っていく、そこでレバーを瞬時に緩
め少し沖へ走らせまた格闘する。浮かせて寄せたらまた根に入り込もう
ともがく!今度はさらに締め込みがきつい。もう一度レバーを緩め沖へ
出し、タモを用意しテトラから一段飛び降りた。なんとか浮かせて栄え根
をかわして足下へ近づいたら、今度は高波で足下のテトラに吸い込まれ
ていく、普通ならここでハリス切れがあるのだが、糸を張り続けていたら
戻った波と一緒に出てきた。今度はタモをだしてしっかり取り込もうとした
らまた高波が襲ってきて再度テトラの隙間に飲み込まれて行った。もうお
終いかとあきらめた瞬間、奇跡が起こったのだ。またのっそりと顔を出
した。それが、引き潮で顔を出す栄え根の上にあったタモの入り口に入
り込んで来たのだ。まさに
まさひろさんが呼んだ奇跡がここ起きたのだ
おもわずガッツポーズより「釣らせてくれてありがとう!」の言葉が先に
出た。

今回は潮があまり良くなく全員不調に終わったが、なんとかMカップの
体裁をとることが出来た。信じて待つのみの釣りは厳しすぎた。
東京からKENさん、磐城からKatoさんが参加していただき大変うれしく
思うし、予定があって午前だけ無理して顔をだしてくれた(11:00終了)
sibuさんにも感謝したい。(ほんとうは、帰りに余ったコマセをいっぱい
戴き、それで物量で攻めることができたので釣ることが出来たのかも知
れないと感謝するしだいで


4:00まで釣りをするEgutiさんを沖防に残し13時の船で沖防をあとにし
た。駐車場で来年の再開と?釣りの安全を誓い別れた。実は私用があ
り早く家に戻りたく12:00終了と思っていたが、みんなは13時までやり
たいという事になり、帰りの時間が押していたのでどたばたとお別れした
事に大変申し訳なく持っています。今度はのんびりやりましょう?
私がディフェンディングチャンピョンとなり辞めるわけにいかないので、
冠名を代えてやりますか〜! でも心はいつでもMカップですよ〜
おかげさまで冠大会は10年続きました。次は
「伊達カップ最終章!」
んてどうかな?その次は
「戻ってきた伊達カップ」 その次は・・・
そう、3人寄ればいつでも伊達カップですね!

参加費で花代、お酒代、それから賞品代とさせて頂きました。因みに
今回はタモのフレームが取り込みで折れたのでその費用とさせて頂き
ます。

詳しい様子についてはMカップのページへ
また 
参加者のタックスさんのHPにも詳細が載っています。
同行者 タックス、KEN、Kenichi、SIBU、Eguti、Miura、Kato
日時 7月12日(土) am4:00〜 pm0:20  (長潮)  雷後晴れ


K師は
フグの腹に
針が掛かってくる

早くも
戦意喪失

場所 沖堤防5番
オキアミ3kg、チヌパワーむぎ1/2
タックル シマノイソスペ2号、 ミチイト2.5号、ハリス1.7号、     
0.5円錐浮き 3号チヌオキアミ針 ウキ下3ヒロ  5B、3B、B
釣果 無し タナゴ フグ ラッシュ
メモ 第一投!なんか雰囲気が良いぞ〜
?(^^)?   ショック! タモが無い
1号竿では抜き上げがきついので、2号竿に切り替えた。
その途中 突然の稲妻!雨、風雲
を告げテトラの影で超ショックタム
?(^^?朝食タイムとなった。
ピカドンが30分ぐらいは続いた。
Kenichiさんに
45以上を釣ったらタモ入れ加勢をお願いして再開したが
今度は5番船着き場にテトラ工事の船がやってきて大工事が始まった。
Kenichiさんは先端側に追い出されて来た。今日の5番に人があまり上
がって無い理由が飲み込めた。
5番のどこを攻めてもフグ、タナゴが湧いてきて釣りにならなかった。
帰りに4番で釣りをしていたタックスさんと久々に会えた。すれちがい釣
行だったが今年初遭遇である。4番の潮の雰囲気が良かったが、その
後釣ったかな〜

さてこうなると
ツキに苔が生える!なんて言ってられなくなった。
沖防0/4となると事は深刻である。どこへ立っても雑魚に歓迎される。
今度のMカップでは初心に返って、アソコでアーしようかな!

*早いものでM大王の三回忌が過ぎました。Mカップも来年からは
 7/18 あるいは海の日に各自が心のMカップを開催していただくよ
 うお願い致します。

で、参加者の人には後ほど集合場所などメールします。
同行者 Kenichi
日時 7月9日(水) am1:00〜 am4:30  (小潮)  曇



場所 七ヶ浜
イソメ 
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、     0.5B
リチューム電気円錐浮き 3号チヌオキアミ針 ウキ下2ヒロ  3B2個
釣果 メジナ:30cm×1 デカメバル:25〜20cm 15
メモ これは夢か現実か〜幻影か〜?
同行者 無し
日時 7月5日(土) am4:00〜 pm0:30  (大潮)  晴れ


でっかかった〜

自己新記録更新
オメデトウ!

v(^^;

場所 沖防5
オキアミ3kg、チヌパワーむぎ1/2 
タックル がま磯 チヌパワー競技スペシャル1号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号
3B円錐浮き、水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下3ヒロ
釣果 無し  
Kenichi:54、44、35cm
メモ Kenichi沖防での釣り方を開眼する!の巻き
始めに、私はボーズであることを言っておく。
餌取りの猛攻に会い他の場所を探しながらKenichiさんの様子を見に
行ったら、54、35cmを2枚釣ったとのこと、
54と言えば彼の自己新記
録を大幅に更新
したことになるので、祝福と羨望を顔に表して私も戦闘
モードへ切り替えた。が場所悪し・・
 9時頃に餌が無くなり、ちょうど休憩中に前打ちをしていたT嶋さんにイ
ガイの付け方講習をしていただき、良質の?イガイまで頂いていたので
私も前打ちを始めた(専用リールを忘れた)。暑い中だらだらあっちこっ
ちうろつき水分補給に自分のベースに戻ってきたら、またまたKenichi
さんの竿が弧を描いていた。携帯でビデオ撮影してやろうと思い駆けつ
けたが、ビデオのスイッチを押して撮影していたつもりが、録画ボタンを
押さずにただ画面を覗いていただけの自分に苦笑

仕掛けを覗いたが?(^^)?アレれ〜今までとはまったく違う釣り方をし
ていた。コマセもいままでとはまったく違う!どうしよう?ココに書いて良
いのだろうか?Kenichi専売特許?どうしても知りたい方は下記の所ま
で〜?
釣れるのは場所が良かっただけと思いたい。
最近私が確信を持っている自信が持てなくなってきた
フワフワ釣法にのは事実であるが、ちょっとだけ迷いが出ている。ちょっとだけよ〜
 @一人反省会
自宅で夕まず目に?ビールを片手に開高健の「釣魚大全」を読み直し
てみた。鯉を素手で捕る「鯉とりまーしゃん」の話があるが、その中で
鯉を捕りに川に入るときは、前日は無論、少なくても3日間は女にふれ
てはいけません・・と言うことは私にはまったく心当たりが無いので、
他に原因があるのだろうか・・・Fuu・・・次は冷やした赤ワイン*そして
とどめはKenichiさんから頂いた黒鯛のお刺身 舌では美味しいと感じ
たが喉を通過するときに「ホントウハ貴方に釣られたかったのよ〜」と
言っていたような・・
 冷えたお酒で夢を釣る夏の清々しい夕まず目
同行者 Kenicih
日時 6月28日(土) am4:00〜 pm3:00  (長潮)  晴れ


あまりに
腹が立つ
から
写真は
無し!

v(^^;

場所 沖防3
オキアミ3kg、チヌパワーむぎ1/2 
タックル シマノイソスペ1号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3B円錐浮き 水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下3.5ヒロ
釣果 無し  
参考 加藤:51.5cm、50、48ぐらい3枚  
    場外情報 えぐち:40cm、KaS:石鯛32cm、メバル32cm
メモ 1.タコに取り憑くかれた男は時として黒鯛にそっぽを向かれる。
2.渡船を代えた男らは時として餌取りの猛攻に会う。
3.PEラインは時として竿先を折る。

<ツキに苔が生えるの巻き>
今日は初めて別の渡船業者の船に乗った。
H山さんから教わった通りに緊張しながら渡船場へ向かったが、まった
く予想外に簡単な手続きで、1便こそ逃したが2番船に乗ることが出来
た。Y崎の船より早い出発なので沖防は選び放題で、むしろどこに立っ
たら良いか迷うほどであった。
 さて上がったのは沖防3番だ!凪状態でサラシができていなかったが
それでも泡が外へ向かっている場所を選んで釣り開始、??薄暗い中
どうも浅瀬で根があるんでは??それがあっちこっちに??しっかり周
りが判断できるくらい日が昇り始めると、そうジャミジャミジャミジャミ・・。
ピラニアのごとく水面をジャブジャブ・・・それでもいつかは黒様が〜と
餌が無くなるのを考慮して予備用のコマセ餌を使ったりしてしのいでい
た。所がこの猛攻は一日中続いきゲームセット。

 冷たそうな色とジャミが湧くこの海況は沖防全てで起こってるものと思
い込んでいたが、そうではないことが周りの連絡網から判明してきた。
磐城から遠征してきた加藤さんは全て50オーバー前後を3枚あげてい
たし(4番)新北のえぐちさんは40オーバーをあげたらしい。関東から遠
征のKEN御大は夕方までやっていたから釣果は不明であるが・・

さてフカセもコマセや餌が底を着いたので前打ちに変更した。(始めから
やってみたかった) 前打ちはよほど図々しくないとできない物だと分か
った。フカセ師の気持ちが分かってるだけにフカしている側に近づけな
いので
。 しかし、ただでは転ばない私、4,5番のフカセポイントはし
っかり見て回った。これが今日の収穫か!な
今まではどこへ行っても黒様に大歓迎されていたが、今年はそのツキに
見放されツキに苔が生え始めている。こうなると仕掛け操作も悩み始め
るものである。・・・・と書いているがホントウは、ただ私の周りにお魚が
居ないだけだと思っているのである。信じて待つのみで


<玩物喪志>
タコへ浮気した男は沖防波堤でもタコ釣り師を見つけ「ウムウム。。あー
やって、こーやってと右目で観察して、釣れない過去を思い起こしていた
もしかしたら、このタコ入道をゲットしなければこの黒鯛釣りには集中で
き無いのではと思ってきた。ところがだ、あるホームページには最近タコ
が釣れなくなったと書いていた。ショック! タコを玩物に置き換えれば・
大切な黒様への思いを失う事になる・・
同行者 Kenichi、    KEN、KENさんの同僚、加藤さんらと合流 
乱入者:えぐち、KaS 
日時 6月20日(金) pm7:30〜 pm9:30  (中潮)  曇


持っていったバック

小さく
しっぽがはみ出た

渓流釣りのバック
だから
数も入らない。

場所 七ヶ浜
イソメ
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 無し フッコ:10(最大45cm) メバル:5 25cm含む
Gajin、SIBU:フッコ、メバル、コチ、アナゴ
メモ 週末は用事があるため金夜釣行となった。
今回はフッコ、メバル狙いで仕掛けを組んだ。
いつもなら、フッコは刺身、ムニエルが定番だが、今回はフライにして食
べたく、最低10匹は釣りたいところだ。メバルも出来れば塩焼きサイズ
がいいな〜

 海況は、濃霧が立ちこめるなか大波がテトラポットに打ち付けていて
一面サラシができていたが、引き潮もきつく浮きは安定しなかった。
イソメ餌のアタリは竿で取り、コツンと来たらちょい緩めてスーと引けば
フッコは掛かるが、なかなか大物はヒットしなく、しばらくセッパと戯れ
ていた。ところが急にグゥイーンと竿を横に持っていくような奴がヒット!
しかし、近くまで寄せても高い位置での取り込みはきつく、手間取ってい
る内にテトラのイガイでプッツーンとお別れ〜それでもなんとか目標の
10匹ゲットできたので、次のターゲットは
塩焼きサイズのメバルだ!
これは必然的だったが、フッコが姿を消した途端メバルが顔を出し始め
たのだ(メバルが出るようでは黒鯛も近くには居ないだろうと)手頃なサ
イズを5匹釣ったところで餌が無くなり今夜の釣りは終了〜

 れにしてもうねりがきつかった。何度か波しぶきを被ってしまった。

*後記
 小魚用の簡易磯バックが小さいし、保冷効果が少ないので、ホーム
 センターで1400円のクーラーボックスを見つけたので即購入した。
 (発泡スチロールをプラスチックでカバーしたようなもの)
 ついでに ハイテク保冷剤も買った。

*先週はちょっとまずかった。あんな時は釣りをするものではない。
 あまりに恥ずかしい強い行為だったので釣り記録を残さないかと思っ
 たが、釣りした事は事実なので反省を込めて記録に残すことにした。
同行者 Gajin、SIBU
日時 6月14日(土) am11:00〜 pm5:00  (中潮)  晴れ


釣り人は
おばかな人ばかりだ

地震の日ぐらい
休みなさい!

場所 沖堤防
生イキ君2L、オキアミ1.5kg、 チヌパワーむぎ1/2 
タックル がま磯 チヌパワー競技スペシャル1号、ミチイト2.5号、ハリス1.7号
3B円錐浮き、水中浮き  3号チヌオキアミ針 ウキ下4ヒロ
釣果 無し 
メモ 沖堤防に上がったが、地震のため釣りに集中出来なかった。携帯は2時
ごろやっと通じた。帰ったら栗駒周辺が凄いことになっていた。
震度6強で山が崩れ多数の犠牲者が出た。
同行者 Kenichi えぐちさんと遭遇
日時 6月7日(土) am2:30〜 am7:30  (中潮)  晴れ


sibuさんの
こんなの
釣ったよ〜

いけなかった
のだ!

場所 七ヶ浜
オキアミ3kg、チヌパワーむぎ1/2 
タックル シマノイソスペ1.0号、 ミチイトPE1.5号、ハリス1.7号、
3号チヌオキアミ針、5Bリチューム電気円錐浮き、3b水中浮き、
3Bガン玉、ウキした3ヒロ
釣果 無し
メモ 金曜の夜にいつものメンバーから「40釣ったどー」メールが届いた。
ほんとうなら土曜の午後から行こうと思っていたが、そのメールを読んで
ゆっくり眠れるわけが無く、それだったら朝の満潮(4:41)に合わせて行
こうと深夜釣りを決行した。

 今はもう初夏〜♪ 誰もいない海〜♪ とルンルン気分で釣り場へ到着
しかし昨日からの荒天で海は荒れており、夜光虫がテトラに砕け散ってい
た。安全な場所に釣り座を構えて第一投〜漂う電気浮きをじっくり追う。
・・そう今年の初フカセなのだ。フカセの浮きが沈み込む瞬間がたまらな
く、この時期をいろんな釣りをしながら待ちこがれていた。だが誰もいな
い海は、お魚も居ない海。チビメバル群だけは元気に攻撃を仕掛けてく
る。そんなわけで夜の部は戦意喪失気味・・朝まづめに勝負しようとじっと
その攻撃に耐えていた。ところがだ、しだいに明るくなりメバルの攻撃は
なくなったが、どうも海の色が赤い!そう赤潮で海面が濁っていた。

そんな時だ!浮きがシュッと消し込んだ!すかさずスパッと手を返した!
竿がギューンと弧を描く!待望の黒 @@?ちょい長いかな?@@?
ちょい細長いかな?@@?ちょい白いかな@@?ちょい顔が長く歯が
無いかな(^^: タモを使わないで、手で持たないで、ハリスを持ってバッ
シと糸を切った。リリースルンルン♪
 今回はこの動作を2回ね!

@Mカップは7月20日頃やりますかね! 
連休のようですからいつでもMカップですね。
参加希望者はメールをください。詳しくはMカップのページをご覧下さい。
同行者 無し
日時 5月30日(金) pm7:30〜 pm9:30  (若潮)  曇


写真は以前
釣った奴


2号針だったが
なんとか一枚を
ゲットできた。

場所 七ヶ浜
イソメ 
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 35cm一枚、フッコ1、セイゴ2、 KaS:一枚、フッコ2? 
大ちゃん:メバル多数、Gajin、SIBUの両氏の釣果は不明
メモ 週末は雨模様らしく、、今日もどんより曇って今にも降りだしそうな天気
だったが金夜釣行を決行した。それぞれが思い思いの場所に陣取っ
て久々の夜会を楽しんだ。

 先日のフッコは、刺身、ムニエル、焼き物、煮付けにしたら全て美味し
かったので、今度釣ったらフライにして食べたいと思い、黒鯛が釣れ始
まっているが、まずはフッコ狙いで仕掛けを調整した。

 今日のフッコは
コツンとアタリはある物の先日のようにしっかり飲み込
むまで食い気がたっていなく、餌が波でもまれた後になんとか食ってき
た。しかし、針が2号針と小さいためか、何度も針はずれのバラシを演
じて、それでもやっとゲットしたのは納得の一匹だった。その後セイゴが
2匹釣れて、明日の晩のおかずはゲットできたので、ちょっとだけタナを
深めに取って、黒鯛、ソイ、アイナメ狙いに変更した。

 今日は波が高く、餌があばれて落ち着きが悪く、仕掛けの流し方が難
しかった。沈み根が波で見え隠れしているポイントに仕掛けが流れてい
くと、根に絡んだ時のように浮きがスーっと沈み込んだ。軽くアワセを入
れたら手前のテトラに入り込もうとしたので、これはデカソイだな!?
根に入られてはまずいとグイグイ引き上げた。?ソイにしては白い?、
フッコ?とりあえずタモを入れたが思うように届かない(;^^;)
なんどかテトラ下に入りその度に外へ強引に引き上げ、最後は魚を弱
らせて空中キャッチでゲットできた。たたむタモ網が近づくにしたがって
黒鯛だということを確信できた。始めから黒鯛と分かっていればこんな
強引な取り込みはしなかったのかも知れない。我々は、夜釣りでは電気
を付けないで取り込みを行っている。これも夜釣りを行う時のマナーだ
と思っている。
 
 31日記
 娘が食事をしていて突然こんな事を言った
「おかあさん、この@@にBB弾入ってるよ!」
続きは


今日5年ぐらい前にメール交換していた方から”山形の地磯で45釣っ
たよ〜” メールが届いた。しばらく音信が途絶えていたから、
やってる!やってる〜! しっかり釣りしてたね〜!と嬉しくなった。
私の友人も相対的に歳を重ねているから、釣りばっかりしているわけに
はいかず、それぞれ自分のペースに戻りつつあるのかもしれない。
 まあせかせかしないでのんびり釣りましょう。
アームチェアーフィッシャーマンでも良いんじゃないですか!
同行者 Gajin、SIBU、KaS、大ちゃん
日時 5月23日(金) pm7:00〜 pm9:30  (中潮)  晴れ


これはちっちゃい
セイゴの写真
だが
1.5号竿での
フッコとのファイトは
面白いよ〜

場所 七ヶ浜
イソメ 
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 フッコ:10 久々〜超満足〜
メモ 今日はメバルやセイゴなどなんでも釣ってやろうと出かけた。
家で待つ家族のために有る程度の漁獲量を狙っていたので、仕掛けを
軽くし、タナも短くして、本気で上物釣りに徹した。
(水温14度ではまだ黒鯛の顔は拝めないだろうと、釣れないストレスを
取り払おうと)
 釣れたお魚サンは幸いにもセイゴと言うよりフッコクラスだったので、
刺身やムニエルを久々に美味しく食することができた。次はメバルかな
でも、まだ小さいなあ。

山形の米子漁港で、金曜の深夜から竿を出していたGajinさんは、得た
いの知れない大物をバラシたようである。友人曰く「あれは真鯛だね!」
だって。6月の半ばに遠征を誘われているが、こっちも黒鯛のノッコミだ
からな〜?  ・・そしたら「黒も赤も釣れるよ〜」だって。
同行者 無し
日時 5月16日(金) pm7:00〜 pm10:30  (中潮)  晴れ


ノッコミスタート!
今年は
好調なスタートと
なった。
sibuさん

場所 七ヶ浜
イソメ 
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大
釣果 セイゴ、メバル各1     Gajin:黒鯛40cm1枚、フッコ3、 
メモ タコに浮気しているうちに巷では黒鯛が釣れ始まっていた。それで蛸に
見切りをつけて、黒鯛とは言わないが、メバルでも釣ってやろうと出かけ
てみた。海は夜光虫によりネオンのように輝きとても幻想的な夜を演出
して出迎えてくれたが、「やっぱ蛸仕掛けを持ってこれば・・」なんてちょっ
と蛸への未練を残したままの釣りとなった。

 ところが、隣のsibuさん、フッコフィーバーで忙しそうにしていたが、あ
る瞬間、竿の撓りと同時に”
白い閃光が”のたうつ!タモ入れがひどそう
なので加勢に走ったら、ちょうどタモ入れ完了の場面だった。大高のしっ
かりしたとても綺麗な黒鯛だった。
 
それで私の竿持つ手にも力が入ったが、どうも竿先の調子がおかしく、
今回はおとなしくせざるを得なかった。メバル君は小さすぎてリリース。
セイゴ君は針を飲まれたのでキープした。

 駐車場でT氏なる人と情報交換した。親切丁寧にいろいろ教えて頂き
ありがとうございました。またどこかで合ったら宜しく!Mさんによろしく
同行者 SIBU
日時 5月9日(金) pm7:00〜 pm10:00  (中潮)  晴れ 風強


萱島で釣れるように
なった。
私のHGでももうすぐ
釣れるだろう。

場所 七ヶ浜
サンマ  
タックル タコロット270 リール:攻蛸 
釣果 無し     Gajin:セイゴ、アナゴ、どんこ
       SIBU:セイゴ、  
黒30 一枚
メモ 今日もタコ坊主だった。
夜になって強風が吹き荒れ、さらには気温も下がりお魚の活性が下が
っていた。
さらにPEのバックラッシュで糸がグジャグジャまま帰ってきた。もうタコは
黒鯛が終わった秋?にやることにする。それまで勉強しなくちゃ・・

今朝(5/10)の朝のテレビで、ホタルイカのルアーで黒鯛を釣る釣法を
紹介していたが、面白いように大物がヒットしていた。これに刺激され、
来襲からは黒鯛仕掛けで釣りをしよう!(メバル、ソイ、アイナメ、・・何で
もOK!)

最近萱島で
黒鯛が釣れる有る法則を発見した。そのころは近くの港でも
釣れるんだろう。きっと。
同行者 Gajin、SIBU
日時 4月25日(金) pm8:30〜 pm10:30  (中潮)  晴れ 風強


そろそろ
何処かで
黒いアレ
釣ったとの
情報が
流れるかな

場所 七ヶ浜
サンマ  
タックル タコロット270 リール:攻蛸 
釣果 無し     SIBU:セイゴ40cm含む5、他 黒30 一枚
メモ いよいよ連休突入〜♪
と浮かれた気分で夜釣りへ出かけてみた。それも
ラストタコバトルへと・・
少し出遅れたが、海は私を歓迎するかのように?強風で迎えていただい
た。しかも北西の冷や冷やとする風だ!今日はシバレルぞ〜ってな感じで
カッパの風防をしっかり結びタコバトルのスタートと相成った。

 風でアタリが取りづらいがサンマを小突くアタリがある。何度も聞き合
わを入れてみたがどうも乗ってこない。引き上げたサンマ餌見ると、サン
マの白身が無惨にも食いちぎられており、おそらく
デカハモの来襲なの
かも知れない? ハモもだんだん恐怖心が無くなるのか、移動するタコ
ジグに執拗に攻撃を仕掛けてくる。
(あんまり悪さをすると、今度はオマ
エラを狙い、ハモ丼、白焼きで食ってやるぞ〜と、気で威嚇する(^^;


 そうこうアタリを楽しんでいる中今度は引き上げの時重さを感じた。
遂に待望のアレが来たとリールを素早く巻き上げる。想い重い。久々の
ヒットだ!「さて、今度は容赦しないで抜き上げるぞ!」とさらに竿を持つ
右手に緊張の電流を流す。その瞬間、フワーッと仕掛けが軽くなった。
海面に上げる前に勝負が着いてしまった。残念!
 ツキに苔が生えてきた

 sibuさんが別の場所でやったが、セイゴが乱舞していたという。メバル
君はもう少し先か? さて次の釣りはどうするか迷ってしまう。ま、連休
しっかり有るので楽しく悩むことにしよう♪♪ 

私らが釣り終わった頃 Gajinさんは山形酒田へ向け出発している
はずだ。
同行者 SIBU
日時 4月11日(金) pm7:30〜 pm9:30  (長潮)  曇 風強


そろそろ
何処かで
黒いアレ
釣ったとの
情報が
流れるかな

場所 七ヶ浜
サンマ  
タックル タコロット270 リール:攻蛸 
釣果 無し
メモ Gajin、SIBU漁師が?両氏が釣りへ行くというので私も出かけてみた。
タコを釣りたいと思っているが、ヒットは始めの2回ほどだけで、最近は
まったく乗ってこない。それでも出かける理由は、美味しいから自分で釣
って食いたい!ただそれだけなのだ!
今日は日中が雨、そして夕方は雨は止んだものの強風が吹き荒れてい
た。そんな中竿をだしても、竿や糸が強風であおられまったく釣りになら
なかった。
 別の場所で釣っていた Gajin、SIBUの良師?も嘆いていた。
          
「まったくだめだ〜」

次はメバル釣りに変更しようかな? 春メバル〜♪ 
                              
でも もう一回だけ
同行者 Gajin、SIBU
日時 3月19日(水) pm4:30〜 pm6:30  (中潮)  曇


鯨を目撃!
銛があれば
突き刺すことが
できるな!
反捕鯨か〜
難しい問題だ!

場所 七ヶ浜
鰯  
タックル タコロット270 リール:攻蛸 
釣果 無し
メモ 娘の卒業式のため今日は休みを取った。なんたって今日が子供の学生
姿の見納めとなることから行かないわけにいかない。それにしても女子
大はいいね〜? 何が?(^^;?

 それで夕方から時間ができたのでタコ釣りへ出かけた。
近くのスーパーにサンマ置いていなかったので、鰯を餌として買った。
どの釣りもそうであるが、やはり第一投はいつも心地よい緊張感がある
さらに海を眺めて歩くだけで、それで充分楽しめる。至福のゆったりした
時間が流れる。最近の情報ではあまり釣れている様子は無かったので
今日は新しいロッドの調子を試しただけで良しとしよう。使用感としては
ちょっとごっつい感じで手が疲れるが、3kg位は楽に抜き上げることが
出来そうである。ま、釣れたらの話であるが・・

実は今日も鯨を目撃した。一度シューッと潮吹きのような音がしたが、
気のせいかとそのまま釣りをしていた。それから5分ぐらいしたら近くを
2〜3回背を丸めて浮き沈む鯨が泳いでいた。で、携帯で証拠ビデオを
撮ろうと用意したが、それにもたついている間に浮かんでこなかった。
同行者 無し
日時 1月19日(土) pm4:00〜 pm6:00  (小潮) 寒い! 


さて
今年も
良い夢
見させて!

場所 七ヶ浜
イソメ、  
タックル ダイワ1号磯竿 ダイワエンブレム2500LBZ
ミチイト3号、ハリス1.7号、リチューム電気浮き特大 
釣果 無し
メモ 寒い一日だったが、今年の釣りの安全祈願 豊漁祈願に近場の海へ行
ってきた。
 昼に来客があり出遅れたので行くのをあきらめ、仕掛けだけでもセット
しておこうと釣り道具に触っていたら、
海への想いに火がついてしまった
その1時間後にはテトラに立っていた。
今年は海の神だけでなく、八百万の神に、万物の安泰を願ってきた。
ただ今年は御神酒じゃなくて緑茶になってしまった。これも
株価急落ガソ
リン小麦急騰
の影響か? ・なことはない ただ持ち忘れただけ(^^;

    
フユウミトテモキレイネ デモ オサカナイルノカナ?
北風ビュービュー、体先端ジンジン、ほっぺマッカッカ・・でも楽しいね〜
  ところがだ
なんやかんや書いたが、一番大事なところの釣り道具の持ち忘れに気
が付いた。なんとハリスセットを忘れてきてしまったのだ。根切れして新
しい仕掛けを出そうとしたら(??)無い! 仕方ないから針をミチイト直
結で遊んできたわけであるが、ま、以前はライフジャケットを忘れて、仕
掛けの全てをその辺の堤防で拾って釣ったことがあったのでね、なんの
問題もなく遊んできたのだがネ。 こんな感じのスタートとなった。
    フユウミトテモキレイネ デモ オサカナイルノカナ?
同行者 無し

1999年釣行記録
2000年釣行記録
2001年釣行記録
2002年釣行記録
2003年釣行記録
●2004年釣行記録
●2005年釣行記録
●2006年釣行記録
●2007年釣行記録