2009年酒田真鯛遠征


2009年6月13日(土) am3:00〜pm2:00
             場所:山形酒田北港

                 
新離岸堤、離岸堤



酒田北港にS-apt蛍族が集まる。


一度は新離岸堤に上がれたが 波が高くなり 離岸堤へ避難した。対岸が新離岸堤

 
しばらくはアジと戯れた。


  
sibu氏 一度 得体の知れないお魚にハリス切れ。             一同気合いが入る。      
 
そしてその後まもなくsibu氏の竿が弧を描く。42cmの黒鯛を釣り上げる。一同さらに気合いが入る。


  
続いてKenichi氏の竿が弧を描く。無理にポーズをお願いした。ちょっと腰痛気味かな?

ここで活躍したのはHatayama氏の酒田沖堤用タモ7.5m。 お世話になりました。


粘りに粘って 納得の一枚をゲットしたのはKaS氏

フカセで黒鯛ゲットは久しぶりではないかな?(^^; おめでとう〜!


私らは先に帰ったが、他の強者5人は5時までやったらしい。
   (高さ7m位の離岸堤)
後の連絡でBettou氏が42cmゲットしたらしい。                    
 

日時 6月13日(土) am3:30〜 pm1:30  (長潮) 曇り  


酒田北港 離岸堤
SIBU氏は
突端の角に立った。



久々の黒鯛だね
KaS氏
粘り勝ちかな

詳しくは
酒田遠征のページへ

場所 酒田北港 新離岸堤から離岸堤へ磯替え
オキアミ サシ餌プロ 1kg 半分分け
オキアミ3kg チヌパワー日本海
タックル イソスペシャル2号、ミチイト3号、ハリス1.7号
1.0号円錐浮き、0,8号よりモドシ、0.3号ガン玉、極小ガン玉2
3号チヌオキアミ針 ウキ下竿2.5本分
釣果 アジ25匹、
Bettou:黒鯛42cm,カンダイ、他
SIBU:黒鯛42cm、サワラ 他五目釣り達成、
Kenichi:黒鯛30cm×2 メジナ30cm 
デカメバル多数
KaS:黒鯛42cm
Htayama:中型アジ 真鯛に見間違ったタナゴ30cm(^^;
他:小アジ多数
メモ 酒田沖堤防で真鯛があがってるから遠征しない?と、Gajinさんの誘い
で、
よっしゃーの気合い返事で参加した。今回の世話役のHtayama
さんには大変お世話になった。彼は酒田北港周辺を熟知しているので
安心して渡船場所も任せることができた。大人数の渡船だったので、
他の釣り客の迷惑にならないよう特別に3時に船を出していただいた。

波が高いから新離岸堤へは渡れないだろうと予想していたが、船長が
「もしかしたら大丈夫かも」と、なんとかその狙った堤防へあがることが
できた。新離岸堤の南側堤防へは初めての渡船となるが、波は堤防
すれすれに当たっていて、低い堤防は波に影響されることは30分後
には身をもって理解できた。

まずは波が越えやすいと教えられた3番目のケイソン?を避け、私は
みんなより南側に陣取った。暗い中コマセを用意している間にも波し
ぶきが堤防にあがってるのが背中に感じていた。それでも薄明るく成
るに従って戦闘モードへ気が入り出した。外側でも釣れるらしいが今
回は波が高いので安全を考えて内側に釣り座を構えた。(むしろ内側
のほうが実績があるらしい)ケイソンの継ぎ目の吹き出しが湾内へ感
じよく出払っていた。これはいけるかもとコマセをじゃんじゃん撒き始め
たら、波が越えやすいという堤防を波が洗い始めた。となりのKaSさん
と急いで撤収を始め皆が釣っている船着き場周辺へ向かった。
その時 船長から「撤収!」命令が出て全員船着き場へ集合した。
(後で聞いた話だが、避難前にくるぶしまで波が上がってきて、バック
やクーラーボックスなどは押さえたが、水くみバケツや自分の朝食や
飲み物を流された人が居たようだ。)あと10分撤収が遅れたら大惨事
になっていた事だろう。

なんとか離岸堤南側に渡してもらい再度釣りを始めた。
(その頃には大波が新離岸堤を何度も飲み込んでいた。)
さて釣りの本題へ入ろう
私は今回も端っこの方へ釣り座を構えた。どうも我先には決められな
い性格なのかもしれない。アジでも釣れればいいや〜と糸を垂らした
のがいけないのか、私の周りに生物反応が感じられなかった。釣った
のが小アジ一匹だった。潮の流れの上側だったので、
これはみんなに
貢献できるぞ〜
とジャンジャン撒き、次第に眠気が襲ってきたので、仮眠
した後にジャンジャン撒き、トイレに行ってからもジャンジャン撒き・・・・
そんな時「SIBUさん2号のハリス切られた、大物バラシたってよ〜」と
口伝えに私まで届いた。そうかそろそろ時合か〜とさらに気合いをい
れてジャンジャン撒いた。

 それから間もなく歓声が遠くから聞こえた。振り向くとSIBUさんの竿
が円弧を描き、なんども竿先が堤防から消えていた。駆けつけたとき
にはタモ入れで手こずっていた所で、6mのタモでは右腕を伸ばしても
短いようだった。そこへ駆けつけたのがHatayamaさんだった。7,5m
のタモをこの時のために用意していたのだ。そして取り込んだのは
42cmの黒鯛だった。やったねSIBUさん!

続いてヒットしたのはKenichiさんだった。30cmと小さかったが、竿
2.5本と深い場所での取り込みはさぞ楽しめたことだろう。
それからまもなくメジナで竿を撓らせていた。OH!Urayamasiikoto〜

しばらく沈黙の時間帯が続いたが、アジが堤防突端に回って来たよう
だと騒いでいたので、流石我慢強い私でも アジ様には負けちゃいま
す。なんたってアジ用サビキ仕掛けを忍ばせてたから、すぐ飛んでい
って仲間の狭い所へ入り込み、スペシャルサビキセットを取り出し、
すーと落として、コマセをパッパっと振りかけたら、すぐ竿先に反応あり
得意満面で釣れた小アジをみんなに見せびらかし、手返しを繰り返し
それで夕食分の25匹ゲットしたところで
サビキでのアジ釣りをやめた。

みんな釣り座を変え始めたので、私はその空いたところに入って、フ
カセ釣りに戻った。しばらくはアジの引きでアタリを楽しんでいた。
そこでまた歓声が突端から聞こえてきた。KaS氏の竿が正に鯛の引
き込みだろうというアクションを繰り返していた。突端よりかなり遠投し
て釣れた黒鯛の取り込むまでのファイトはしっかり記憶に焼け付けら
れる事間違いないだろう!42cmの綺麗な
魚鯛だった。

私も潮上手へ遠投して自分の前を通る頃浮きがシモる感じを繰り返
していた。アジのアタリも先の場所ではそうそう無かった事だから、何
でも引けばいいや〜とアタリを楽しんでいたら、浮きがスーと入り込ん
だので合わせを入れたら、ゴンゴン ぐいぐい頭を振る鯛特有の感触が
竿に伝わって来た。そのファイトを楽しもうと立ち上がって腰をいれとこ
ろでハリスがプッツーンと切られてしまった。根切られたか、ガン玉で切れ
たかちょっと解らないが、今日一日これまでハリスチェックを一回もし
ていなかった自分の
初歩的なミスであった。逃した魚はデカイ
このワンチャンスを待っていたのにな〜残念!無念!

ずーといつまでもやっていたいが、今日中に帰る、松陵APT、SIBU、
小野塚氏の5人が2時で離岸堤を後にした。
情報によるとBettouさんが42cmをゲットしたらしい。
流石でR
Abe、Gajin、Hatayama、
KASUGAさんらはどうだったんだろうか?
それにしても皆様の釣り体力には脱帽〜します。14時間ですよ〜
Bettouさんが小野塚氏に釣り指導をしていた。私も聞きたかったな。

仙台沖堤防で黒鯛が釣れ始めているのになぜ酒田なの?と言われる
が、酒田北港の離岸堤では真鯛が釣れるから出かけるのである。
アジアジと騒いでいても本当は赤いのを釣り鯛ので

と言っても尺アジも釣りたかったぞ〜次だ 

明日からしばらくは中学生のような修学旅行後症候群を発症するかな(^^;
同行者 Bettou、Abe、Gajin、Kenichi、SBU、Hatayama、KASUGA
小野塚、KaS