2013真鯛遠征

2013年7月7,8(日月) pm2:00〜am9:00

酒田離岸堤

日時 7月7〜8(日、月) pm2:00〜 am9:00 大潮   曇り 雨


どうして
どうして
あなたはツレナイの

でも

やっぱ
海はいいよね〜!

場所 山形 酒田離岸堤
生イキ君、 チヌパワームギ、 オキアミブロック6kg
タックル シマノ イソスペシャル2号
真鯛針8号、1号電気円錐浮き、1号中通し錘
釣果 アジ:25匹 でかメバル  えぐち:ソイ、メバル、アジ
 メモ

 
昨年の夢をもう一度!!ということで禁断の平日釣行を決行した。

この一年間 あのバラシタ真鯛の幻影に悩まされていた。と言うより、それを次への期待として楽しんでいた。

昨年と同じ場所に立てたものの、すでに海面には餌取り群が待機していて、コマセを撒こうものなら、狂喜乱舞の海面掃除
機状態。その餌取りをかわして沈んでいくと、次にはアジの攻撃が待ち構えていた。

夜。

餌取りが居なくなり、思う存分真鯛の口元へ、コマセを、餌を、投入できるかと思うと、緊張の時間が夜のとばりとともに舞い
降りてくる。

がしかし、沈黙の夜は落胆の夜へと変貌していく。それも時々降る雨とともに・・・・

雨の中でも眠れるものである。横になれないから、クーラーと磯クーラーを重ねて、そこに顔を伏せて寝ることができた。

<脱走事件>

えぐちさんが、上州屋で、真鯛が釣れるという「スーパーコールデル」なる物を買ってきた。私は始めて見る虫餌で、はっきり
言って「キモイ」 イソメをそのまま1メーターぐらい長くしたような奴である。それを必要な長さに切って使うようである。
カブラなどの餌として最近は使われ出したようで、餌保ちもいいらしい。

遠くで話し声が聞こえたので行ってみたら、なんとそのスーパー君2匹脱走したというので二人で探していた。
時を置かずしてKenichiさんが階段下5メートルぐらいのところで一匹を発見した。その彼はつかもうとしないでえぐちさんを
呼んでいるだけだった。それを上から見ていた私も、蛇のような、ミミズのような、イソメのような その生き物を、決して
つかんでみようとは思わなかった。もう一匹はどこへいったのやら。

朝まずめ

電気浮きから、円錐浮きに変更する間に、必殺サビキ(どうしてもやりたくなる)を取り出し、ちょいと遊んだ。
一回目は子鯖の一荷釣りだったので、今度は急いで底まで落としていった。その瞬間、途中掛かった子鯖を食べたか
サビキを食べたかわからないが、一瞬にして引きちぎっていった輩がいた。かなりでかかったから、でかソイか、すずきか
でかアイナメ、ヒラメか、それとも真・・・・
一応アジのお土産を確保したところで、朝の本気モードへ突入した。
はっきり言って、昨日の夕まずめ、夜と釣りした時間のなかで、30分ぐらいしか緊迫した時間は無かった。
その時間がやってきた。塩の流れがちょうど私のところでフワフワしだした。いつもなら絶対釣れる潮である。
いつもなら・・・・

で釣れたという報告が無いと言うことは、釣れなかったと言うことかな・・・そういうことにしておこう!

帰りは集中豪雨の中帰仙した。

同行者 Kenichi、えぐち





2013年6月22(金土) pm10:30〜am8:00



 
日時 6日21〜22(金、土) pm22:30〜 am8:00 (大潮)   曇り 虫多かった 刺されすぎた超痒い〜虫除け効かず(TT)


なんとか
釣れて良かったね


やっぱ
海はいいよね〜!

場所 山形 米子漁港
生イキ君、 チヌパワームギ、 オキアミブロック3kg
タックル シマノ イソスペシャル2号
真鯛針8号、1号電気円錐浮き、1号中通し錘
釣果 黒鯛47cm、 ソイ2
 メモ

 
今年の釣り始めの磯釣りは、山形 真鯛?黒鯛?鰺?遠征となった。  (19;30発 〜22:00着  )

Kenichiさんから金曜の夜山形へ行かない?とのメール。
一週間前に二人で山形遠征の話をしたばかりで、断る理由が何もな無い、二つ返事で了解サインをだした。
その前に、台風が西日本に接近していたので、山形の天気予報チェックは必然だったが・・・

今回は夜釣りを米子漁港の堤防でやってみた。
駐車場には車が少なかったので「ラッキー〜」と、車中「釣るところ有るかな〜」と話していたのが杞憂と化した。

今年の初磯釣りなので、仕掛け、コマセの準備に、ポイントを前にしながら、汗焦で準備を始めた。
ドキドキの第一投〜♪ お風呂で浮き錘のチェックしただけ有るので、浮きは海面を静かに流れ出した。

その後・・・・数時間たって

ところがだ、二人ともにアタリが一回も無い、魚信が全くないのだ!メバルさえも顔を出さなかった。
ただ、二度ほど根掛かりのように浮きが止まっていたので、上げてみたらソイがくっついていた。まあ塩焼き用にキープした。

東の空が薄紅色に染まりだした頃、隣でカゴ釣りしていたおじさんが帰ったので、釣れない二人は瞬間移動を行った。

浮きが気持ちよく漂い始めたその第2投目!  右手でコマセを撒こうと柄杓を持った途端、左の目に浮きがシュッと消える
映像が飛び込んできた!すかさず右手に竿を持ち替え臨戦態勢を取った。

「?強い引き?真鯛?」これは大変と、栄え根から遠ざけようと、ベールをオープンにし、た、?? 意外にその後の強い引き
込みが無い? では巻き上げよう〜と 巻き上げ開始〜  ?? どこに居るの?付いている??糸が緩んでいたので、奴
は自由に泳ぎ回っていたのだ、どこに居るかが判明したときには、根のそばに居た。そこからは余裕で取り込んだ。
ジャンジャン! と 手を打ちたいところだが、もしもこの場所で大型真鯛が掛かったら取り込みは厳しいだろうな〜と、
トラタヌ夢想を再認識させられた。

「テレビである人が言っていた、黒鯛は三匹近くにいるから、まだ居るよ〜」と相棒
この一枚で急にやる気を起こした相棒は立ち上がり、シュッシュツと遠投を繰り返した。

私は見た!(``)  相棒に戦慄が走ったその瞬間を見逃さなかった。
浮きがモゾモゾしていたと思ったら、スーとゆっくり沈み込んで行った。軽い合わせを入れたら、グイグイ引き込んでいた。
すかさず竿をズームにして腰を入れて臨戦態勢を取った。
奴はグイグイ引き込み右の根の方へ走り出した。え?浮かないの?浮かせないの?と見ていたら・・・・
しっかり根に入られてしまった相棒、今日初めてのアタリ、初めての魚信、なんとか獲りたい・・・・・糸を張ったり、緩めたり、
時間を掛けしばらく粘ったが、「しょうが無い、切るべー」と道糸に諦めの強いテンションを掛けた・・残念
その理由:LBDのD調整がユルユルだったらしい。教訓:真鯛真鯛とあまりDを緩めるな!

その後、あと一匹居る!と遠投を繰り返したが、時すでに遅く、明るくなった海面は小魚の遊技場と化していた。



まあ こんな感じの大きさだった。

8時に終わったが、周りの釣り人はほとんど居なくなっていた。土曜日なのにな〜  ・・・
みんな知っているんだね、お魚寄っていない事を。

同行者 Kenichi、