道具について

テトラでの釣りの場合



私の釣りスタイルです。七ヶ浜周辺はテトラ帯が多く、滑って 
危険な釣りに成りますので、まずはじめに、足下のしっかりした 
靴(ラジアルかスパイク)を履いた方がよいと思います。      

次にライフジャケットは欠かせません。海に落ちたときのためだけ
ではなく、万が一テトラの中に落ちたときなど、クッションとして  
体を守ってくれますし、けっこうライフジャケットが穴に引っかかって
底に落ちずにすんだ人もいるんですよ。(^_^;              

まず安全の確保の装備が整ったら、次は竿です。         
竿の長さは、だいたい5.3m位のものを用意します。短い竿は、 
ポイントへの浮きの誘導や、魚の取り込みなどからいって、テトラ  
上での竿裁きが難しくなります。それから、新しく購入する場合には
 リールをつけた状態で、バランスの良いものを探すと良いです。   
何たって、10時間ぐらい釣っていることがありますので(^_^;     



リールに関しては、基本的に何でもOK!です。ただドラック調整ができ
ればベストです。今、このようなレバーブレーキ付きのを使っていますが
以前使っていた普通のリールの方が、使い勝手が良いところもあります。

後は、コマセバッカンですが、これははっきり言って消耗品ですので、  
出来るだけ安物を買って、もう一個はそれの一回り大きめのやつを買い
1個目の予備兼、”臭いものにふた”の役目で、前のバッカンを車に積む
時に、その中へしまい込むと、車への臭い対策としては良いですよ。 

そうそう、タモは絶対必要です。出来れば竿の長さと同じ長さのものを
そろえれば良いと思います。カーボン製は絶対ですね。もしも、重い 
タモで大きめの黒鯛をあげたら、どうなるでしょう!腕にかかる負担は
かなりのものですよ。(^^;