ケーナの吹き方講座


       by QUENA DE METODO        

音を鳴らす原理は、空き瓶を斜めよこにして音を鳴らす方法と、全く同じです。

1.口元をしっかり横に引いて、口唇の中央からストローぐらいの太さで息を出します。
2.指は、どこも塞がないで、下の方を持って、軽く歌口に息をあてます。
3.息の当て方は、はじめは真横から、次第に角度を変えて、ケーナを立てながら
   一番音の出しやすい角度を探し当てます。舌で歌口をしっかり舐めて濡らすと
   音が出やすいです。
4.音が安定してでるようになったら、ケーナの裏の一つ穴を押さえて音を出します。
   その時、指のお腹でしっかり塞ぎます。 
   上から下の方へ、穴を完全に塞ぎながら、一つ一つ音を出していきます。
5.ケーナは指の押さえがあまいと綺麗な音がでませんので、しっかり塞ぎ方をマスター
   してください。
6.音がでるようになったら、ケーナをしっかり押さえます。
   左の指は、親指と人差し指、右は、親指と小指でしっかり押さえます。


       by QUENA DE METODO  
これが運指表です。     ラ シ ド レ ミ ファ♯ソ ソ ♯

1.ファ、ソ、と、それらの♯は、ケーナによって(産地によって)吹き方を換えなければ
    成りません。また、わざと指使いを換えて、微妙な音を出すテクニックもあります。
2.高音の ラシドレミファの吹き方は、さらに口唇を横に引いて、強めに歌口へ
    息を吹きかけます。
3.一番下の小さな穴は、低音のソの音です。この音は滅多に使いませんが、
    この小指も、穴を塞ぎにくいので、右親指を下にずらしながら押さえます。

それでは自分の知っている曲を適当に吹いてみましょう!

 吹いていて、ちょっと単純な感じがすると思います。

4.そこで登場するのが、ケーナ独特のコブシです。
   つまり装飾音です。
  この奏法は絶対必要なテクニックですので、しっかりマスターしてください。
  はじめに出安い音を出して、指を何度も開閉します。それが早くできるよう成ったら、
  1回の開閉を素早くしながら下の音を吹きます。それを、どの指でも出来るようにな
  れば、完璧です。

フォルクローレはリズムが独特ですので、まず、本場の音楽を
たくさん聞いて、その音や、リズムに、慣れてください。頑張ってね v(^0^)v