天水桶の作り方



 雨水の有効利用を考えているとき、DIYの店に展示してある天水桶なるものを知った。 
ちょうどその店で「天水桶手作り講座」なるマニュアルを見つけ、実際作ってみたので  
ここに紹介したい。                                         
 
一番大事なことは樽が手にはいることである。今回はDIYには現物がなかったので、いろん
な店を探して、やっと手に入れたのが、6.000円の樽だった。しかも、樽を半分切った 
椀型樽5.000円と2点合計で税込み10.000円で手に入った。              

天水桶の効用

1.下水処理の負担軽減                                      
雨水が一時、一挙に下水へ流れ込まなくなるので、都市型洪水を防ぐ  
効果がある。                                    

2.災害時の飲料水などになる。                                 
災害等で水道がストップしても、濾過器を使って飲料水として利用できる。
またトイレの水としても使える。                         

 3.ガーデニングなどに利用                                     
庭の花木の水やりに利用できる。                       

4.上水道処理の負担軽減                                    
水道水の使用が少なくなれば、ダムや上水道などの負担が軽減される。
など・・

                   参考;リフレッシュ梅田川実行委員会
                             「いぐっすぺ梅田j川」実行委員会編
   


まずはじめに、上等なウイスキー樽を探す。

このウイスキー樽は、6.000円だったが
DIYの店では10.000円もしていた。

大事なことは、板のゆがみがなく、水漏れ
しないこと、鉄枠がしっかりしていること。
この樽には真ん中に酒抜き穴が開いていた。
部品
エルボ: 50mm 130円
塩ビパイプ: 50mm 1m 420円 X 4
蛇口:寒冷地用蛇口 1580円
蛇口用ソケット:50円
蛇口用シール:100円
水中ボンド:580円
塩ビ用接着剤:380円
コンクリートブロック:145円X4個
電気ドリル用自由錐:1800円
樽の材質は、約3cmのホワイトオークを使っている
らしいので、かなり硬い。

今回は、天板をそのままにして、約20cmの取り込み
口を開けた。自由錐を使うドリルは、トルクが強い
ものを薦める。

次にオーバーフロー用(排水口)穴60mmを開ける。
雨水の取り込み口は、常に水を利用しやすい玄関先の
雨樋を利用した。アンティークな感じで、思ったより邪魔
にならなかった。

雨水の取り込み口には、25cmぐらいの素焼きの鉢を
利用し、ゴミが入らないように、その鉢に熱帯魚の
濾過綿、金網など入れ、60mmぐらいの下穴を開た
濾過器を置いた。

雨水が満杯になるとオーバーフローパイプから元の
雨樋に流れるようにした。

雨樋、鉄枠、木部胴体にペンキを塗り完成した。
本来ならナチュラルな感じにしたかったが、鉄部には
錆止め、木部には防水、防腐材入りペンキを塗った。

先日雨が降ったが、一晩で一杯になっていた。
天板にある濾過器には、屋根のゴミが流されて来て
やや黒くなっていた。

今では外の水道はほとんど使わず、この雨水で充分
間に合っている。

はじめは板の継ぎ目から少し水漏れがあったが、
ほとんど一昼夜で治まった。(木部が膨張したため)

蛇口は、インターネットなどで、クラシカルな動物や
お魚の取っ手が付いたものが売っていたが、今回は
蛇口の取っ手を作ってみた。

一応のろまなロバさんと、その背中に乗っている
のろまなカメさんを作ってみたが、いまいち娘達には
受けなかった。